キャベツの優れた栄養と効果。最適な保存方法は?冷凍はできる?

最終更新日: | 飲食 | , , ,

んかつや生姜焼きを出す時に、添え物として千切りキャベツは欠かせません。

炒め物・漬物・お味噌汁の具など、キャベツは毎日の食卓で大活躍する野菜。常に冷蔵庫にストックしたい一方で、その大きさから持て余してしまうことも。

せっかく食べるなら新鮮な状態でいただきたいですし、栄養面も気になりませんか?健康に良いのであれば、ぜひ積極的に食べたいものです。

そこで、
・キャベツの栄養
・キャベツの効果・効能
・キャベツの保存方法

…を紹介するので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

キャベツの栄養は

主な栄養は

まずはキャベツの、100gあたりの主な栄養を紹介します。

栄養素 100g当たりの栄養価
カロリー 23kcal
ビタミンB6 0.11mg

ビタミンC 41mg

ビタミンK 78μg

葉酸 78μg

ビタミンU 350μg

カリウム 200mg

マグネシウム 43mg

鉄分 0.3mg

食物繊維 1.8g

100gというとわかりづらいですが、外側の葉1~2枚が100gの目安。大きさや目のつまり具合にもよりますが、一玉は700g~1kgと考えると分かりやすいですよ。

キャベツの効果・効能は

美肌効果が

キャベツを食べることで注目したい効果の一つに、美肌効果があります。キャベツと美肌は結びつきづらいのですが、実は野菜の中ではビタミンCが豊富なんですよ。

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、お肌などの老化を防ぐ効果が。更にメラニン生成やできたメラニンを取り除く効果があるため、美白効果も期待できます。

しかもぷりぷりお肌を作る元である、コラーゲンの生成にはビタミンCは欠かせません。そのため毎日しっかりキャベツを食べることで、自然と美肌に近づくんですね。

胃腸を保護

栄養素のなかに、見慣れない「ビタミンU」というものがありますよね。

これは別名「キャベジン」という成分で、胃腸の粘膜保護肝機能改善を促す効果のある成分。

そのためお酒を飲む前にキャベツを食べると、胃腸を保護して二日酔い防止にもつながります。

またビタミンKには傷を治りを早める効果があり、弱った胃腸の粘膜を回復するのに役立つ効果も。切り傷などの外傷の回復も早めてくれるので、胃が痛い時や転んだ時には積極的に食べたいですね。

むくみ改善と高血圧予防に

キャベツに含まれるカリウムには、血中の余分なナトリウムを体外に排出する効果があります。

ナトリウムは塩分の一種で、この濃度を適度に保つことは高血圧や動脈硬化などの予防にも。

またナトリウムは余計な水分を保持しやすい特徴があるため、排出することでむくみ改善にも繋がるんですね。

ダイエット効果も

キャベツの食べ方では、千切りにして生のまま食べる方法がおなじみですよね。

この食べ方ですと「かさ増し」になるため、食べ過ぎ防止が期待できます。

しかもキャベツには食物繊維が含まれるため、腸内に溜まった老廃物を排出しやすく効果が。老廃物のぶんだけ体重も減り、しかもローカロリーなのでダイエット効果も期待出来るんですよ。

ただしキャベツには、「イソチオシアネート」というおならが出やすくなる成分が。しかもちょっと臭くなるので、注意して食べたいですね。

スポンサーリンク

キャベツの保存方法は

芯を繰り抜いて

キャベツを一玉の状態で購入したら、まずは傷みやすい芯の部分を繰り抜きます。そこに湿らせたキッチンペーパーを詰め、キャベツ全体を新聞紙で包んで冷蔵庫で保存。

使うときは外葉から手で剥がして使うようにするのが、長持ちさせるコツ。キッチンペーパーは毎日交換するようにすれば、2週間程度の保存が可能となります。

カットしたキャベツは

半分などにカットされたキャベツの場合、カットした部分を空気に触れさせないのが長持ちのコツ。

カット面をラップで密封して冷蔵庫で保存すれば、約1週間の保存が可能です。

ちなみに千切りキャベツも販売されていますが、こちらは賞味期限は1~2日程度家庭で千切りキャベツにした場合も、切ったその日に食べきりましょう。

冷凍保存する場合は

キャベツは水分が多いため、冷凍保存にはあまり向いていません。しかし食べきれない量を頂いたときは、新鮮なうちに下処理をして冷凍保存しましょう。

冷凍する場合は大きめにざく切りしてから水に晒した後、しっかり水分を拭き取ります。

その上で冷凍保存用のジッパー付きビニール袋に入れ、しっかり空気を抜いてから冷凍庫へ。

この状態ですと、約2週間の保存が可能です

使うときは凍ったままの状態で炒め物や煮物に、あるいは一度熱湯にくぐらせてから使いましょう。

便利なキャベツを!

キャベツがひとつあるだけで、煮物・炒め物・サラダなど様々な料理に使えます。加熱しても美味しくそのままでも食べられるキャベツは、常にストックしておきたいですよね。

また美肌効果や胃腸保護効果も期待できるので、健康のためにも毎日食べたいキャベツ。

それだけに一玉の状態で購入して、新鮮な状態で保存したいものです。

美味しいキャベツを上手に保存して、毎日の料理に活用しましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

レモンに秘められた美容とダイエット効果とは?レシピもご紹介!

レモンと言えば酸っぱくて香りが良く、どこか青春の味というイメージがありますよね。 実はレモ

記事を読む

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは暑い季節がよく似合います。

記事を読む

ダイエットや美容に!雑穀米の栄養と効果は?玄米との違いは何?

健康やダイエットに気を使いたいと思う一方で、健康的な食事や運動を毎日続けるのは大変です。 運動

記事を読む

パプリカとピーマンの違い。色や栄養素はどう違うの?

ピーマンは色が緑ですが、苦味が強くて、子供から嫌い!と言われてしまう野菜の代表格ですね。子供

記事を読む

万能薬「生姜」の効能・効果。体をポカポカ温める摂り方とは?

「生姜」と言えば、身体を温める効果が高いことで有名ですね。 漢方でも万能薬と言われるほど、

記事を読む

だだちゃ豆と枝豆の違い。味や栄養面ではどう違うの?

夏の定番おつまみといえば枝豆。 お酒のお供に、おやつにと、美味しくてついつい手が止まらなくなります

記事を読む

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になります。普段ワインを飲まないけれど

記事を読む

苦味が美味しい!ゴーヤの栄養と効能とは?効果的な食べ方も紹介!

https://youtu.be/snF0gqoKj84 ここ数年ですっかり定着したゴーヤは、

記事を読む

「しめじ」と「ぶなしめじ」の特徴と違い。栄養面はどう違う?

冷蔵庫にきのこ類を常備しておくと、さっと1品作れたりととても便利。特にしめじは味わい深く、和食・洋食

記事を読む

煮しめと筑前煮の違いとは?うま煮やがめ煮とはどう違うの?

おせちに欠かせない「お煮しめ」は、お重(おじゅう)の三段目に入る重要な一品。味の染みた野菜が美味しく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑