糖は太る原因になるので、ダイエット時には控えたいとよく言われます。特にジュースには、砂糖がたっぷり入っているイメージがありますよね。

しかしジュースの原材料を見てみると、「砂糖」ではなく「ブドウ糖」「果糖」などが配合されていることがあります。

これらは「糖」とついていますが、砂糖とは違うのでしょうか?

そこで今回は、
・ブドウ糖とは
・果糖とは
・ブドウ糖と果糖の違い
・ショ糖はどう違う?

…といった内容についてまとめた。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ブドウ糖とは?

ブドウに似ている

ブドウ糖「グルコース」とも呼ばれる、糖の一種

この名前の由来ですが、次の説が有力となっています。

  • ブドウに多く含まれていたから
  • 化学式の図式が、ブドウの房に似ていたから

確かにブドウにはブドウ糖が含まれていますが、これは果物全体にも言えること。その他にはハチミツや穀物類など、自然界に多く存在しています。

脳が欲しがるエネルギー

ブドウ糖は体内に吸収されると、すぐにエネルギーに変わる特徴があります

そのため、

  • 運動時のエネルギー補給
  • 夏バテで疲れた時の活力源

などに最適です。

更に脳はブドウ糖のみをエネルギー源としているので、デスクワークなどで疲れた時にも最適ですね。

ブドウ糖のタブレットなども市販されてるので、デスクに常備すると便利ですよ。

とりすぎは太る原因に

ブドウ糖の欠点として、血糖値が急に上がりやすい点が挙げられます。

血糖値が急激に上がると、「インシュリン」が大量に分泌されて糖分を細胞に吸収。この時エネルギーとして消費出来れば良いのですが、多すぎるとそのまま「脂肪」として残ることに。

これが「甘いものを食べすぎると太る」と言われる、大きな原因となっています。

果糖とは?

少量で甘い

果糖「フルクトース」とも呼ばれる、糖の一種

果物やハチミツに多く含まれる糖分で、実はブドウはブドウ糖よりも果糖を多く含んでいるんです。

果糖の特徴は、水に溶けやすく少量でも強く甘みが感じられること。しかも冷やすと甘みが更に強くなるため、アイスの甘さを引き出すためにも使われるています。

一方で加熱すると、それほど甘さが感じられない欠点もありますね。

吸収はゆっくり

果糖のもう一つの特徴として、体にゆっくり吸収されることが挙げられます。

ゆっくり吸収される事で、エネルギーに変換されるのもゆっくり。そのため血糖値の上昇が穏やかで、急激な上昇を避けたい方にとって安心できる糖分と言えます。

特に心臓病や腎臓病の方向けの飲食物には、甘味料として果糖がよく利用されているんですね。

太る原因にも

果糖はゆっくりと体に吸収されるので、インスリンの分泌には繋がりません。

しかし果糖は中性脂肪に変わりやすい特徴があるため、取りすぎはやはり肥満の原因に。更に血糖値がゆっくり上がる関係で、満腹感が感じづらいという欠点もあります。

スポンサーリンク

ブドウ糖と果糖の違いは

ブドウ糖も果糖も、自然に存在する糖類。食品にも多く使われていますが、それぞれ違った特徴を持っています。

  ブドウ糖 果糖
甘さの量 甘さはあるが控えめ 少量で強く甘さが感じられる
甘さの感覚 温度に関係なく甘さが感じられる 冷やすとさらに甘さが強くなる
エネルギー変換 素早くエネルギーとなり、特に脳のエネルギーとして消費されやすい ゆっくりとエネルギーに変換され、血糖値の上昇につながりづらい

脳をフル回転させて疲れたときは
 ・・ブドウ糖を意識してとると脳が元気に

なるべく血糖値を上げずに甘いものを取りたいときは
 ・・果糖を意識してとると効果的

です。

ただしどちらも大量に取りすぎると、太る原因になってしまうので要注意ですよ。

ちなみにショ糖とは

いわゆるお砂糖

ブドウ糖・果糖とともに使われるものに、ショ糖があります。

ショ糖は別名「スクロース」とも呼ばれていますが、一般的には「砂糖」と呼ばれているもの。

実はブドウ糖と果糖が結合し、結晶化したものがショ糖なんです

「砂糖」は甘い糖分が主体である調味料の総称ですが、実は上白糖・グラニュー糖・三温糖なども、ブドウ糖と果糖が結合したショ糖からできています。

ブドウ糖・果糖の配合比率や、精製方法などで違いが出てくるんですね。

ショ糖の特徴

ショ糖のメリットは、ブドウ糖と果糖の良いとこ取りをしていること。

程々の甘さでクセがなく、料理やお菓子作りなど幅広い使い方が可能。熱々でも冷たくてもそれほど甘さに変化がないのも、使いやすさに繋がっています。

一方でブドウ糖と同様に血糖値は上がりやすく、果糖と同様に中性脂肪に変わりやすい特徴も。ブドウ糖・果糖と同様に、とりすぎには要注意です。

違いを理解して

市販のジュースやお菓子には、砂糖よりも果糖やブドウ糖が使われてることが多め。

どちらも甘みを出すための糖類ですが、それぞれ得意分野が異なります。

  • 素早く体に吸収されやすく、脳のエネルギー源になるブドウ糖
  • おだやかに吸収されるため、血糖値が上がりにくい果糖

これらが合体して出来るショ糖(砂糖)も含め、摂り過ぎに気をつけつつ違いを理解して使い分けましょう。