い期間活躍するトレンチコートは、実用性もありつつオシャレなアウター

秋冬コーデに1枚は欲しいですし、春にも使える息の長いアイテムですよね。

一方で暖かさを優先するばかりに、「寒さ対策」で着ている感じにもなりがち。おしゃれにトレンチコートを着こなすには、どこを気をつければ良いのでしょうか?

そこでレディースのトレンチコートで押さえたいポイントと、おすすめコーデを紹介します。

スポンサーリンク

レディースのトレンチコートコーデのポイント

試着してサイズを確認

trenchcoatladys1

最近ではネット通販で、お手頃価格のトレンチコートも販売しています。しかし可能であれば、必ず試着した上で購入しましょう

その理由としては、肩幅にあります。

他の服もそうですが、肩幅が合っていないとなんとなく「服に着られている」感が。特にトレンチコートの場合、見た目に影響が出てバランスが悪くなってしまいます。

実際に着用して肩周りを動かしてみて、動きづらいと感じるものは避けましょう。

インナーを考える

トレンチコートは体型にフィットした物を選ぶと、すっきり美しく見えます。しかし冬はインナーも厚手のものが多く、そのことを考慮しないと着ぶくれてしまうことが。

春物・秋物のトレンチコートは、インナーも薄めなので基本的にはフィットしたものを。

冬物のトレンチコートは、インナーの厚さも考えて、心持ち余裕のあるものを選ぶとよいでしょう。

丈はひざ上10センチ前後がオススメ

トレンチコートの丈で迷ったら、ひざ上ちょうどから10センチ上程度のものがおすすめ。

おしりが隠れる程度のショート丈は、幼い印象になるため社会人にはやや不似合い。ひざ下のロング丈は決まると素敵ですが、コートが歩いている印象になりがちです。

その点、膝上丈はスカートでもパンツでも合わせやすく、カジュアルにも着こなしやすい丈

まず1着購入するなら、この丈から購入しましょう。

迷ったらネイビー・ベージュ・カーキで

最近ではパステルカラーのトレンチコートもありますが、インナーと合わせにくい側面も。色で迷ったら、ネイビー・ベージュ・カーキから選びましょう

ベージュは、
 暗い色彩になりがちな冬コーデに明るい差し色に、

ネイビーは、
 ダークカラーでまとめたい時に、

カーキは、
 カジュアルにまとめたい時に、

それぞれ活躍します。

スポンサーリンク

トレンチコートのオススメコーデ

ひざ上スカート(ガウチョ)+ボーダーニット

スカートとトレンチコートを合わせる時は、コートからスカートが見えないことが大切

なので、トレンチコートとスカートを合わるなら、ひざ上丈がおすすめです

ガウチョパンツも膝丈ぐらいのものを選ぶと、すっきりした印象に。インナーはキトレンチコートと同系色と明るい色のボーダーニットが可愛いですよ。

トレンチコートの前を開けて、インナーのチラ見せコーデにしましょう。

デニム+スニーカーでざっくりカジュアル

かっちりとした印象のトレンチコートですが、ざっくりしたコーデも得意です

色が濃い目で細身のデニムパンツと、スニーカーと合わせるときれい目でかわいい取り合わせに

インナーを見せるなら、トレンチコートの色味と反対のシャツがおすすめ。ベージュ系なら暗色系、ネイビーなら白やクリームといった具合ですね。

trenchcoatladys2

ベルトの結び方にもひと工夫

トレンチコートのベルトは、結び方を工夫するだけでおしゃれな着こなしになります。

ベルトを後ろに回して結べば、ウエスト部分が強調されてすっきり細見え効果。で結ぶときは、ちょうちょ結びではなく他の結び方にするとオシャレにまとまります。

結び方はいくつかありますが、その中でもオススメは片結び

手順をよく覚えて、すぐにでも取り入れたいですね。

1.バックル側を下に交差し、剣先側を下から上へとくぐらせる

2.剣先をもう一度下から上へとくぐらせ、輪を作る

3.剣先側のベルトを半分に折り、輪にくぐらせてからぎゅっと引っ張って締める

しっかり結びつつ、ほどきやすいので脱ぎ着の時にも楽ですよ。

「2」と「3」が分かりにくいかもしれないので、こちらの動画も良く見てマスターしましょう!

可愛くかっこよく!

トレンチコートは定番アイテムの一つですが、どうしてもかっちりしたイメージになりがち。またサイズと合わない物を着てしまうと、だらしない印象にもなってしまいます。

購入する時は、必ず試着を行い、自分のサイズに合ったものを選ぶ。その上で丈を意識してスカート用とパンツ用と2着あれば、着回しも出来て長く愛用できます。

定番だからこそしっかり着こなしたい、トレンチコートで可愛くかっこ良く決めたいですね!