menzimage002

しゃれな男性を観察していると、必ずと言っていいほど『良い香り』がするものです。

しかし香水がプンプン香る男子は、女性にとって近づきたくないタイプ。そう考えると難しそうな香水ですが、基本をきっちり押さえればおしゃれ初心者でも大丈夫。

ほのかに香る男性は、女性から素敵!と思われ好印象になりますよ。

香水の上手な付け方と、メンズで人気のある香水を紹介しますので挑戦してみましょう!

スポンサーリンク

メンズ向け香水、付け方のポイント

デート前30分に香水を

香水は一度つけると、同じ香りが持続するものではありません。香水の種類にもよりますが、一番良い香りとなるのは付けてからおよそ30分が経過してから

香水をつけた直後はとんがった強い香りなので、誰かに会うと香りがきつい印象に。なのでデートなどで付ける場合は、30分前を目安に香水を付けましょう。

しっかりシャワーで汗を洗い流そう

香水の天敵の一つが、汗の匂い。特に男性は汗をかきやすいので、夏場に香水を使う前はシャワーを浴びるのが理想的です。冬場であれば寝る前にお風呂に入り、翌朝着替える前に香水を使うようにしましょう。

パシャパシャつけない、こすらない

香水を付ける方法と言われると、手に取って体にバシャバシャ刷り込むイメージがありませんか?

しかし香水は大量に体に刷り込むものではなく、ほんの少量を吹き付けるものなんです

確かに香水の一種であるオーデコロンは、手のひらにとって首筋に付ける方法が一般的。しかしたっぷりつけると匂いがきつくなり、周囲にとって迷惑になってしまいます。更にお肌にこすりつけてしまうと、せっかくの香りも飛んでしまいます。

人気のある香水は、ほとんどがオードトワレという種類のもの。スプレーのワンプッシュだけで充分香りますので、香水は少量を付けるものと覚えておきましょう。

香水を付けるポイント

香水を上手に付けたいのなら、次の場所のうち1箇所につけましょう。全てにつけると匂いが強くなりすぎるので、1箇所だけですよ。

○左右の腰骨付近
香りは下から上へと上がるため、ここにつけると香りが体全体を包み込みます。特に男性は女性より体温が高いので、服の下からでも充分に温まって香りが楽しめます。

○両膝の裏
こちらも体の下の方にあるため、少しつけすぎてもあまり強く香りが出ません。それでいて動くとほんのりと香るため、初心者にうってつけの場所です。

○肘の内側
手首も香水を付ける定番ポイントですが、強めに香りが出すぎてしまいます。その点肘の内側なら服で隠れるので、動くたびにほんのりと香ります。

ただし付ける量が多いと強く香るので、少量を心がけましょう。

□香害にならない香水のつけ方

*この様に、空中に香水をスプレーして腕や上半身をくぐらせる方法もあります。

付けてはいけないポイント

逆にこの場所に付けてしまうと、せっかくの香りが台無しになってしまいます。

・ワキの下
汗を一番かきやすい場所のため、汗と混ざって悪臭になってしまいます。

・足の裏
ワキの下以上に汗をかきますので、絶対付けてはいけません。

・胸
一見良さそうですが、香りが鼻に届きやすいため気持ち悪くなってしまいがちです。

スポンサーリンク

メンズに人気の香水は?

今回は男性に人気があり、女性からも評判のよい香水を紹介します。

BVLGARI(ブルガリ)・プールオム

メンズ香水の定番で、 女性からも好まれるシトラス系の香りが人気の秘密です。

シトラスだけでなくダージリンティの香りもするため、甘くなり過ぎないのも良いですね。ジャケットスタイルなどの、きれいめコーデによく合います。

Calvin Klein(カルバンクライン)・CK-one

こちらも定番の香水で、シトラス系の香りが女性からの支持を受けています。途中からムスク系の甘い香りが漂い、服装を選ばないのもオススメの理由。ボトルが大きめですが、スプレーが付属されていますのでセットして使いましょう。

Alain Delon(アランドロン) ・SAMOURAI

往年の名優アランドロンが手がけた、日本人をイメージした香水です。

最初にジャスミン系の香りが立ち、後からスパイシーな香りへと変化。オリエンタル系の男性らしい香りは、女性から見ても「男性らしい香水」として評価が高めです。

HUGO BOSS(ヒューゴ・ボス)・HUGO

メンズ香水で主流のシトラス系ではなく、バジルやセージといったグリーン系の香り。

イケメンというよりはダンディな香りで、おしゃれに敏感な女子から好印象となります。香りがかなり強くて個性的なので、ほんの少量を下半身につけると上手に香ります。

ほんのり香る男になろう

香水がきつくなりすぎると、勘違いしたおしゃれ男な印象になってしまいます。自分ではほとんど感じないぐらいの香り方が、周囲にとってほのかに良い香りに。

付ける量はワンプッシュで、香りが足りないと思うぐらいがちょうどよい量

この「足りないぐらい」が、素敵に香る男になる秘訣です。

動いた時のさりげない香りで、周囲の女性を思わず振り返らせましょう!