飲む点滴「甘酒」の効能とは?便秘の解消や美容効果にもピッタリ!

| 飲食 | , , ,

「冬に飲みたいドリンクナンバー1」と言えば、
甘酒 ではないでしょうか!

…これは言い過ぎですけど、
甘酒って、特に寒い冬に飲みたくなりませんか?

実は甘酒は、飲む点滴と言われているぐらい、栄養豊富なんです。

その上、美容の大敵、便秘にも効果があるってご存知でしたでしょうか?

様々な効能がある、甘酒をもっと知って、
あなたのナンバー1ドリンクにしませんか?

今回は、甘酒の種類や効果、美味しい飲み方などを紹介します!

スポンサーリンク

甘酒には種類が2つあります

甘酒には、2つの種類があります。

それは、米麹から作られてるものと、
酒粕から作られるものです。

amazake4

酒粕の甘酒

酒粕から作られる甘酒は、
日本酒を製造するときに出来る酒粕を、水で溶いて作られます

甘味が薄いため、一般的には、砂糖が加えられています

酒粕にはアルコール分が含まれるため、
出来た甘酒にも少々のアルコールが含まれます

車を運転される方や、未成年者、妊婦さんは、
飲む前に酒粕の甘酒かどうか確認した方が良いですね。

米麹の甘酒

米麹の甘酒は、
米麹・お米・お水を混ぜ、発酵させて作ります

独特の甘味は、お米のでんぷん質が発酵して出来る、
ブドウ糖の自然の甘みなんです。

米麹の甘酒は、アルコールを含まず
分類上もソフトドリンクとなります。

妊婦さんや、お子さんでも飲むことができるんですね。

酒粕の甘酒と、米麹の甘酒はどっちがいい?

この2つの種類の甘酒の中でも、
特に栄養価が高いと言われているのは、
米麹で作られた甘酒の方です。

ノンアルコールであることも考えると、
甘酒は、ぜひ米麹の方を選ぶようにするのがいいですね。

スポンサーリンク

甘酒の効能と効果について

米麹から作られる甘酒には、様々な成分が含まれており、
「飲む点滴」と言われるほど、完成された飲み物です。

甘酒に含まれる成分は?

amazake1

甘酒には、これだけの成分が含まれています。

 ・ビタミンB1
 ・ビタミンB2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・オリゴ糖
 ・食物繊維
 ・システイン・アルギニン・グルタミンなどのアミノ酸
 ・コウジ酸
 ・ブドウ糖

実は、これらの栄養成分は、栄養補給の「点滴」に含まれるものとほぼ同じなのです。
そのため、甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれているんですよ。

便秘に効果的

甘酒に含まれる、オリゴ糖と食物繊維は、便秘解消に効果があります。

オリゴ糖は、腸内にいる善玉菌の栄養となり、
摂取することで大腸が元気になります。

食物繊維は、腸内の老廃物を、掃除する効果があります。

これらの複合効果で、甘酒を飲むと腸が元気になり、便秘も解消されるのです。

美容やダイエットにも!

amazake2
また、甘酒に含まれるビタミンB群と、コウジ酸には、
お肌を白くする美肌効果があります。

更にビタミンB群には、美肌効果に加え、脂肪を燃やす効果もあります。

そのため、甘酒を飲むと、美肌になる上に、
便秘が解消されて、ダイエット効果も期待が持てるのです。

ただし、甘酒に含まれるブドウ糖は、
カロリーが高いので、飲み過ぎには注意しましょう。
1日に、約200ml程度までが適切ですね。

甘酒のお勧めな飲み方

これだけ優れている甘酒ですが、
出来れば美味しく飲みたいですよね。

amazake3

甘酒スムージーだと、とろとろが気にならない!

私は甘酒独特の、つぶつぶとろとろした感触が大好きです。

ですが、つぶつぶとろとろが苦手と言う方も多いでしょう。
そういう方におすすめしたい飲み方が、スムージーにして飲む方法です。

この動画では、冷やした材料で甘酒スムージーを作っていますが、
バナナを凍らせず、他の材料を温めてから混ぜれば、ホットスムージーに早変わりします。

スムージなら、甘酒特有のとろとろ感も、気になりません。

忙しい朝でも、お好みの果物と牛乳、そして甘酒を入れて混ぜるだけで、
朝食代わりになりますよ。

牛乳や豆乳で割ってもいける

つぶつぶは大丈夫だけど、味が濃くてちょっと・・というのなら、
他の飲み物で割ってから、飲むのはいかがでしょうか。

割って飲むのにお勧めしたいのが、牛乳と豆乳です。
比率としては、甘酒1:牛乳か豆乳1、を目安にするとよいでしょう。

甘酒の甘みと、牛乳や豆乳のコクが、意外とマッチしていて、
とても美味しく飲めるんですよ。

風味が気になる人は、すりおろした生姜をほんの少し入れると、
更に飲みやすくなります。

生姜には体を温める効果もありますので、
ホットミルクやホット豆乳にすると、
ポカポカ効果が更にアップします。

冬でも夏でも飲まれている甘酒

飲む点滴と呼ばれるほどの、効果ががある甘酒ですから、
一年中美味しく飲みたいですね。

毎日飲むことで、便秘も解消されますし、
美容効果にも期待が持てちゃいます。

甘酒は、実は冬だけでなく、地域によっては夏にも良く飲まれています。
ぜひ一年中飲みたい、ナンバー1ドリンクにしちゃいましょう。

ただ、美味しいからと、飲み過ぎるのは注意です。
何事にもほどほどが一番ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

そうめんのカロリーは高いって本当?ダイエットにはどうなの?

暑さで食欲が落ちる夏に、食べる機会が増えるそうめん。 そうめんを食べると体が気持よく冷えるので

記事を読む

冷え性に効果がある食べ物や飲み物は?陽性・陰性の観点ではどう?

特に寒いわけではないのに、手足など身体の一部が冷たく感じる冷え性。 冬になると、「靴下

記事を読む

もち麦ダイエットの効果やおすすめレシピ!もち麦のカロリーは?

理想的なダイエットとは、程よくカロリーを抑えつつきちんと食事を取ることと運動すること。

記事を読む

草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

お正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。 黒豆の入った「豆餅」も

記事を読む

すき焼きに入れたいおすすめの具材!定番から変わり種まで紹介!

誕生日などおめでたい時の定番のごちそうの一つに、すき焼きがあります。野菜やお肉を甘辛く味付け

記事を読む

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

簡単にできる「栗」の茹で方と保存方法。冷凍しても大丈夫?

秋の美味しい味覚と言えば、栗を思い出す方も多いのではないでしょうか。 焼き栗、栗ご飯、

記事を読む

そら豆の簡単な茹で方は?保存方法やおすすめの食べ方も紹介!

そら豆が出まわるようになると、そろそろ夏だなと感じる方も多いかも知れません。 関東では4月~6

記事を読む

花粉症対策にはヨーグルト!何の菌が効果あるの?食べる量は?

冬から春へと向かう季節はウキウキする一方で、花粉症の季節の到来でもあります。 スギ花粉

記事を読む

チーズの賞味期限と最適な保存方法は?チーズの種類による違いも紹介!

ワインによく合うのがチーズですね。そのチーズををまとめて購入しそのまま放置してしまったことは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑