飲む点滴「甘酒」の効能とは?便秘の解消や美容効果にもピッタリ!

| 飲食 | , , ,

「冬に飲みたいドリンクナンバー1」と言えば、
甘酒 ではないでしょうか!

…これは言い過ぎですけど、
甘酒って、特に寒い冬に飲みたくなりませんか?

実は甘酒は、飲む点滴と言われているぐらい、栄養豊富なんです。

その上、美容の大敵、便秘にも効果があるってご存知でしたでしょうか?

様々な効能がある、甘酒をもっと知って、
あなたのナンバー1ドリンクにしませんか?

今回は、甘酒の種類や効果、美味しい飲み方などを紹介します!

スポンサーリンク

甘酒には種類が2つあります

甘酒には、2つの種類があります。

それは、米麹から作られてるものと、
酒粕から作られるものです。

amazake4

酒粕の甘酒

酒粕から作られる甘酒は、
日本酒を製造するときに出来る酒粕を、水で溶いて作られます

甘味が薄いため、一般的には、砂糖が加えられています

酒粕にはアルコール分が含まれるため、
出来た甘酒にも少々のアルコールが含まれます

車を運転される方や、未成年者、妊婦さんは、
飲む前に酒粕の甘酒かどうか確認した方が良いですね。

米麹の甘酒

米麹の甘酒は、
米麹・お米・お水を混ぜ、発酵させて作ります

独特の甘味は、お米のでんぷん質が発酵して出来る、
ブドウ糖の自然の甘みなんです。

米麹の甘酒は、アルコールを含まず
分類上もソフトドリンクとなります。

妊婦さんや、お子さんでも飲むことができるんですね。

酒粕の甘酒と、米麹の甘酒はどっちがいい?

この2つの種類の甘酒の中でも、
特に栄養価が高いと言われているのは、
米麹で作られた甘酒の方です。

ノンアルコールであることも考えると、
甘酒は、ぜひ米麹の方を選ぶようにするのがいいですね。

スポンサーリンク

甘酒の効能と効果について

米麹から作られる甘酒には、様々な成分が含まれており、
「飲む点滴」と言われるほど、完成された飲み物です。

甘酒に含まれる成分は?

amazake1

甘酒には、これだけの成分が含まれています。

 ・ビタミンB1
 ・ビタミンB2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・オリゴ糖
 ・食物繊維
 ・システイン・アルギニン・グルタミンなどのアミノ酸
 ・コウジ酸
 ・ブドウ糖

実は、これらの栄養成分は、栄養補給の「点滴」に含まれるものとほぼ同じなのです。
そのため、甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれているんですよ。

便秘に効果的

甘酒に含まれる、オリゴ糖と食物繊維は、便秘解消に効果があります。

オリゴ糖は、腸内にいる善玉菌の栄養となり、
摂取することで大腸が元気になります。

食物繊維は、腸内の老廃物を、掃除する効果があります。

これらの複合効果で、甘酒を飲むと腸が元気になり、便秘も解消されるのです。

美容やダイエットにも!

amazake2
また、甘酒に含まれるビタミンB群と、コウジ酸には、
お肌を白くする美肌効果があります。

更にビタミンB群には、美肌効果に加え、脂肪を燃やす効果もあります。

そのため、甘酒を飲むと、美肌になる上に、
便秘が解消されて、ダイエット効果も期待が持てるのです。

ただし、甘酒に含まれるブドウ糖は、
カロリーが高いので、飲み過ぎには注意しましょう。
1日に、約200ml程度までが適切ですね。

甘酒のお勧めな飲み方

これだけ優れている甘酒ですが、
出来れば美味しく飲みたいですよね。

amazake3

甘酒スムージーだと、とろとろが気にならない!

私は甘酒独特の、つぶつぶとろとろした感触が大好きです。

ですが、つぶつぶとろとろが苦手と言う方も多いでしょう。
そういう方におすすめしたい飲み方が、スムージーにして飲む方法です。

この動画では、冷やした材料で甘酒スムージーを作っていますが、
バナナを凍らせず、他の材料を温めてから混ぜれば、ホットスムージーに早変わりします。

スムージなら、甘酒特有のとろとろ感も、気になりません。

忙しい朝でも、お好みの果物と牛乳、そして甘酒を入れて混ぜるだけで、
朝食代わりになりますよ。

牛乳や豆乳で割ってもいける

つぶつぶは大丈夫だけど、味が濃くてちょっと・・というのなら、
他の飲み物で割ってから、飲むのはいかがでしょうか。

割って飲むのにお勧めしたいのが、牛乳と豆乳です。
比率としては、甘酒1:牛乳か豆乳1、を目安にするとよいでしょう。

甘酒の甘みと、牛乳や豆乳のコクが、意外とマッチしていて、
とても美味しく飲めるんですよ。

風味が気になる人は、すりおろした生姜をほんの少し入れると、
更に飲みやすくなります。

生姜には体を温める効果もありますので、
ホットミルクやホット豆乳にすると、
ポカポカ効果が更にアップします。

冬でも夏でも飲まれている甘酒

飲む点滴と呼ばれるほどの、効果ががある甘酒ですから、
一年中美味しく飲みたいですね。

毎日飲むことで、便秘も解消されますし、
美容効果にも期待が持てちゃいます。

甘酒は、実は冬だけでなく、地域によっては夏にも良く飲まれています。
ぜひ一年中飲みたい、ナンバー1ドリンクにしちゃいましょう。

ただ、美味しいからと、飲み過ぎるのは注意です。
何事にもほどほどが一番ですね。

スポンサーリンク

関連記事

そうめんのカロリーは高いって本当?ダイエットにはどうなの?

暑さで食欲が落ちる夏に、食べる機会が増えるそうめん。 そうめんを食べると体が気持よく冷えるので

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

お寿司のカロリーはどれくらい?ダイエットに適した食べ方は?

和食は洋食と比べてヘルシーなことが多く、ダイエットに最適の食事とも言われています。その和食の代表と言

記事を読む

バターの賞味期限はいつまで?長持ちする保存方法は?

パンに欠かせないバターは、使わない家庭では意外と持て余す食材です。 特にブロックタイプ

記事を読む

バナナの黒い部分は食べても大丈夫?長持ちする保存方法は?

甘くて美味しいバナナは、いつも常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。 子供

記事を読む

マドレーヌとフィナンシェはどう違うの?作り方や味の違いなど

先日友人からフランスの焼き菓子の詰め合わせを頂いたのですが、その中にあったのが、長方形の形を

記事を読む

オリーブオイルは料理だけじゃない!高い健康効果を発揮する摂り方とは?

今やキッチンに備えてる人が多いオリーブオイル。 お料理する人にとってはオリーブオイルは、

記事を読む

甘茶の効能には何がある?作り方と飲み方のポイントもご紹介!

お茶といえば、日本人には緑茶がなじみです。 でも、それ以外にもいろいろな種類のお茶があり、

記事を読む

鍋にピッタリのサイドメニューとは?レシピもご紹介!

寒い季節に食べる温かいお鍋は、美味しくて手間もかからなくて忙しい人にピッタリのメニュー。最近

記事を読む

アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

夏になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム。 しかしアイスはカロリーが高いイメージ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

→もっと見る

PAGE TOP ↑