謹賀新年と恭賀新年の違いとは?年賀状ではどう使い分ける?

| 年末・年始・正月 | , , ,

親しい友人へは、メールで済ますことも多くなったとはいえ、目上の方や会社関係、親戚の方へは、やはり年賀状は出すべきですよね。

我が家でも、お世話になっている方へ出す年賀状を作ろうかと、年賀状ソフトを購入したのですが、デザインを見ていると、「謹賀新年」「恭賀新年」と書かれているものを見つけました。

この2つ、似たような四字熟語ですが、言葉の意味にどんな違いがあるのでしょうか?

年賀状ではどう使い分けるのでしょう?

そんな気になる「謹賀新年」と「恭賀新年」の違いや、年賀状でどう使い分けるのか?についてまとめてみました。

スポンサーリンク

年賀状に使われる言葉の意味を知ろう!

「謹賀新年」「恭賀新年」を始め、それ以外にも年賀状で使われる熟語をピックアップしてみました。

これらお祝いの場で使う、四字熟語や二字熟語は、
「賀詞(がし)」
と言われてるんですね。

kingakyouga2

四字熟語の賀詞

四字熟語の賀詞(がし)は、目立ったものでは4種類あり、
それぞれ次のような意味があります。

・謹賀新年(きんがしんねん)

「謹賀には謹んで」という意味があり、「謹んで新年の喜びを申し上げます」となります。

・恭賀新年(きょうがしんねん)

「恭賀にはうやうやしく」という意味があり、「うやうやしく新年のお祝いを申し上ます」となります。

・恭賀初春(きょうがしょしゅん)

「初春は新年のこと」を指すため、「うやうやしく初春(新年)のお祝いを申し上げます」となります。

・笑門来福(しょうもんらいふく)

「笑う門には福来る」の四字熟語表現。「来福笑門」とも書きます。

謹賀新年も、恭賀新年も、相手に対して、丁寧に新年の挨拶をしています、という事でしょうか。

どちらを使っても、相手には失礼にはならないようですね。

二字熟語の賀詞

一方、二字熟語の賀詞(がし)では、四字熟語の重複分を除いたものから、特に使われていた5種類を取り上げました。

・新春(しんしゅん) …新しい年、転じてお正月。
・迎春(げいしゅん) …新春を迎える。
・慶春(けいしゅん) …新春を喜ぶ。
・賀正(がしょう)  …正月・新年を祝う。
・頌春(しょうしゅん)…新春を迎えて喜ばしい。

どの賀詞も、お正月を祝い、喜ぶ、といった、意味がありますね。

これが英語表記だと、「Happy New Year」一択なのに、日本語だと、これだけの言葉が、お正月に使われるのかと驚きました。

スポンサーリンク

年賀状の言葉の使いわけは?

どの賀詞を使っても、年賀状に使うのには問題が無いと言えます。

でも、これだけ言葉が多くなると、使うべき対象が決まっているのではないでしょうか。

kingakyouga1

二字なら、正月と言っているだけ

目上の方への年賀状に、「新春」や「迎春」といった、二字の賀詞を使うのは実は失礼に当たります

というのも、先に挙げた意味のとおり、「新春」や「迎春」と書いただけでは、「お正月です」「新年です」と言っているだけなんですね。相手を敬う事や、丁寧さが足りない事になります。

ですので、これらの二文字からなる賀詞を使う相手は、年下や同僚など、目下や同格に当たる人への年賀状に使うようにしましょう。

目上の方には四字の賀詞を

目上の方に対しては、「謹賀新年」「恭賀新年」といった、四字からなる賀詞を添えるのがマナーとして適切です。

ただし、その後に「あけましておめでとうございます」と付け足すと、賀詞を重ねて使う事になり、いわゆる「頭痛が痛い」という表現になってしまいます。

ですので、謹賀新年など賀詞を添えた後は、「昨年はお世話になりました」といった挨拶文を添えるのが、目上の方にも失礼にならない年賀状となるでしょう。

相手を問わず使える言葉は?

「Happy New Year」や、
「あけましておめでとうございます」
「新年おめでとうございます」

は、相手を問わずに使用できます。

ですが、「新年あけましておめでとうございます」は、賀詞を重ねているので、避けたほうが良いとも言われてます。

でもこの表現はつい使ってしまいますよね?

実際のところ、一般的に使われている文面なので、目上の方へ出す年賀状でないのなら、そこまで気にする事も無いかも知れません。

知っている人には判ってしまう、年賀状の品格

kingakyouga3

日本語の語彙(ごい)は本当に豊富です。敬語の使い方も難しいものですし、言葉に奥深さがありますね。

今まで知らずに、目上の方へも「賀正」という賀詞を添えた年賀状を良く出していました。

賀詞をよく知ってらっしゃる方が見たら、
「何てマナーのなっていない年賀状だ!」
と思われていたのかもしれませんね。

知らないという事は恐ろしいことだと、今更ながらゾッとしています。

それにしても、私も今年の年賀状を印刷する前に気がついて、本当に助かりました。

細かい違いですが、改めて年賀状の文面を見なおして、失礼のないように適切な言葉を使いたいものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

2017年の年賀状を元旦に届けるにはいつまでに出せばいいの?

年賀状は、普段なかなか会えない親戚や友人に近況を伝えることのできる、いい機会ですよね。

記事を読む

2017年の縁結びに!氷川神社の初詣、狙い目の参拝時間と混雑予想!

お正月の恒例行事の一つに、初詣があります。 普段それほど信仰心が無くても、初詣だけは欠

記事を読む

大人数で盛り上がろう!忘年会のおすすめゲーム6選!

会社の忘年会は、お酒を飲んで周囲の人と語らうだけでは少しつまらないですよね。 そんな時にちょっ

記事を読む

小正月を祝う意味とは?行事や食べ物についてもご紹介!

忙しい現代人にとっては、正月は三が日まで、長くても7日までというのが一般的です。 一方、古い習

記事を読む

喪中時に届いた年賀状 返信はどうする?寒中見舞いの文例は?

喪中時には、喪中はがきを出すものですが、 それでも年始になって年賀状が届く場合もありますよね。

記事を読む

旧正月っていつ?日本ではお祝いしないの?

お正月っていつのことだと思いますか? 日本では、1月1日の元日から始まるのがお正月だと

記事を読む

鏡開き2017年はいつ?由来は?関西と関東で違うのは何故?

お正月には鏡餅を飾りますが、お正月が終わったら「鏡開き」をしますよね。 鏡開きの頃には

記事を読む

お年玉の意味・由来!お年玉を渡すときのマナーは?

子供の頃は、お年玉が楽しみでしたよね。 私自身は、最近ではもっぱら「あげる」方になってしま

記事を読む

縁起の良い初夢!一富士二鷹三茄子の意味・由来

新しい年を迎えるお正月には、おみくじを引いて、 1年の運勢を占ったりしますよね。 1年の

記事を読む

除夜の鐘の意味・由来!108つ鐘をつくのは何故?

大晦日と言えば「除夜の鐘」ですね。 除夜の鐘が鳴り始めると、いよいよ今年も終わりだと言う実

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑