山車・神輿・屋台それぞれの違いとは?人が乗っても良いのはどれ?

最終更新日: | 役立つ雑学 | , , ,

供の頃に地元のお祭りで、お神輿を担いだ経験はありませんか?

地域によっては、山車を引いた経験がある方もいるかと思います。更には「大人にならないと駄目」なんて地域もあるかも知れませんね。

全国各地のお祭りに欠かせない山車神輿ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

山車・神輿の違い、また屋台はどう違うのか?といったことについてまとめましたので紹介します!

スポンサーリンク

山車と神輿の違い

mikoshidashi1

山車とは

山車「だし」と読み、お祭りの際に人力でひいて動かす出し物の事を指します。

山車が使われるお祭りでは、京都の祇園祭や大阪の岸和田だんじり祭がとても有名です。

山車の形状は空へと伸びる山型のものが多く、高さが10m近くになるものも。

というのも山車は、山におわす神様の依代として用意されたものだから。そのために山のように高く作り、頂上に鉾(ほこ)や刀を立てて目印としています。

本来は祭り期間中に神社に置いていたのが、やがて車がついて移動可能に。人力で押したり引いたりすることで、地域を回る現在の形になりました。

*祇園祭の山車(山鉾)も、大勢の人が引いて移動させます。

ちなみに山車という名称は、神様の依代として「外に出しておくもの」から名付けられたという説が。その他には地域を回る演舞などの、「出し物」から名付けられたという説もあります。

山車に乗るのは

山車は神様が宿るものと考える一方で、神様をもてなすために人が乗るものという考えもあります。

神様が一番高い場所に、その下に太鼓や笛の演奏者を乗せて神様をもてなすと言われています。

また昔からのお祭りですと、依代して人形や幼子を乗せる事が。祇園祭では男の子が神様の依代として、山車に乗せる事で知られていますね。

もっとも現在では神様の依代という部分が薄れ、頂上近くまで人が乗ることが。だんじり祭では山車の屋根に人が上り、勇ましく動く様子が見られます。

スポンサーリンク

神輿とは

神輿「みこし」と読み、御神輿・お神輿などと呼ぶ事もあります。

人が担ぐことを前提とした作りとなっており、お宮を模した屋根の付いた形状が一般的。500キロ近い重量になるものもあり、このクラスですと50人近い人数で担ぐ必要があります。

神輿は神社などで祀る神様を、一時的に神社の外などに移動させる際に使う神具。「輿」には「人を乗せるもの」という意味があり、神がつくことで「神様の乗り物」という意味となります。

そのためお祭りの時に担ぎ出されるお神輿の中には、神様が宿ると考えるのが一般的です。

*神輿の中心部に見える部分に、神様が宿るとされています。

神輿のマナー

神輿は氏子(神社周辺の地域に住む、神社の祭りに積極的に参加する人)が担ぐものとされています。

しかし地方の過疎化やまちおこしのために、氏子以外が担いでも良いとされる祭りも。飛び入り参加ができる場合もありますが、事前申し込みが必要な場合もあるので必ず確認しましょう。

また祭りのしきたりなどにより、当日参加が可能でも断られる場合もあるので注意が必要です。

更にお神輿は神様が中におわすものという考え方から、神輿の上に人が乗るのはタブー。近年の大きなお祭りでは、人が神輿の上に登ったことで大問題に発展した例もあります。

神輿そのものも文化財に指定されている場合もあるため、その場のノリで神輿に乗るのは止めましょう。

山車と神輿の違いのまとめ

山車と神輿の違いを、簡単にまとめると次の通りになりますね。

  山車 神輿
形状 山型 お宮型
移動方法 人が担いで移動 人が押し引きして移動
神様 頂上にいると考えられている 神輿の中にいる
乗っても良い場合もある 乗ってはいけない

屋台とは

mikoshidashi2

山車の一種

地域によっては神輿でも山車でもなく、屋台(やたい)を出すお祭りもあります。

祭屋台と呼ぶ場合もありますが、いずれも山車の一種です。また祭りや地域によっては「山鉾」「だんじり」と呼ぶこともあります。

山車(山鉾・だんじり)は山を模した形をしていますが、屋台は山車に屋根をかけた形状。屋根がある台座なので、「屋台」と呼ばれるようになりました。

ただし地域によっては山型をした山車でも、全て「屋台」と呼ぶこともあります。

*祇園の山鉾ととちがい、屋根がついた形をしていますね。

違いを知ると更に楽しくなる!

山車も神輿もお祭りには欠かせないものですが、似ているようで意外な違いがあります。

神様に来ていただいて、人が引っ張って賑やかに地域を回る山車

神社にいた神様に一時的に乗っていただき、人が担いで地域を回るお神輿

山車は人が乗っても良い場合がありますが、神輿は人が乗ってはいけない点が一番の違いですね。

それぞれの違いを知ってから参加すると、更に祭りが楽しくなりますよ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

靴紐がほどける原因は何?ほどけない結び方はコレ!

ランニング中やウォーキング中に靴紐がほどけてしまうということってありませんか?靴ひもがいつの間にかほ

記事を読む

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違い!アメリカンは薄い?

朝は1杯のコーヒーから! という方、多いんじゃないでしょうか? 私もその1人ですが、

記事を読む

「おざなり」と「なおざり」の意味と違いとは?どう使い分ける?

ネット上のニュースなどを読んでいると、「これは書き間違いかな?」と思える言葉に出会いませんか

記事を読む

2015年は未年(ひつじ)!干支・十二支の由来・意味は?

年末が近づくと、年賀状のこともあって、 次の年の干支が気になりますよね。 干支をモチーフ

記事を読む

仕事中に眠気がしたら?対処法と予防法まとめ

仕事中、眠気がして困ることってありませんか? 仕事中の眠気って、本当に困りますよね。 で

記事を読む

官製はがきと郵便はがきの違いとは?私製はがきはどう違うの?

趣味と実益を兼ねて、懸賞に応募するという話をよく聞きます。 メールでの応募も増えている

記事を読む

「すいません」と「すみません」の違い、どっちが正しいの?

謝罪、お詫び・感謝の場面で出てくる 「すいません」、「すみません」の二つの単語。 例えば、人

記事を読む

大統領・総理大臣・首相の違いって何?簡単にわかりやすく解説しました!

毎日の新聞やニュースには、必ずと行っていいほど総理大臣の話題が登場します。海外のニュースを見

記事を読む

「制作」と「製作」の違いとは何?それぞれの意味と使い分けは?

日本語には同じ音で違う漢字と意味を持つ言葉が多く、迷ってしまうことがよくあります。 漢

記事を読む

ハッシュドビーフとハヤシライスの違い。ハヤシの由来とは?

ご飯大好き日本人にとって、ご飯に何かをかける料理は人気のメニューですね。 そんなご飯に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑