enmantaisyoku1

こんな職場絶対辞めてやる!と心に秘めている方はおられますか?

そこまでで無くても、何らかの理由で今勤務している会社を辞めようと思っていて、水面下で転職先を探している方もおられるかもしれませんね。

そんな転職しようと思っている方にとって悩むのが、退職する際の理由

やはり不満をぶちまけて辞めるよりも、自分も相手側もニコニコ出来る円満退職がいいですよね。

今回は、波風立てずに円満退職するためのポイントや、適切な退職理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

円満退職にするためのポイント

なぜ円満退職にこだわるの?

退職しようと思う理由は、職場環境や上司への不満ということなのかもしれません。

しかし間違っても、そのことを理由として辞めると言ってはいけません。本音はぐっと飲み込み、なるべく周囲に波風を起こさない理由で退職しましょう。

何故ならその理由の一つとして「転職後に務めた会社が、転職前の会社に確認を取る可能性がある」からです。

中途採用した場合、採用側が求めているのは即戦力となる人材です。しかし性格的に難があった場合、元いた社員とトラブルを起こすのは避けたいもの。そこで転職前の企業に接触して、当時の評判等を確認することがよくあります。

もし悪口などを言って退職したとなると、勤務態度が悪かったなどと言われかねません。そうなると決まりかけた就職先も、断られてしまうこともありえます。どのような要因があったとしても、後々に響かないためにも穏便に退職しましょう。

enmantaisyoku2

理想は2ヶ月前から

穏便に退職しようと決めたら、できるだけ早く行動を起こしましょう。この場合のできるだけ早くは、「早く退職する」ではなく「退職するための下準備を早く」です。

どんなに立派な理由があっても、「明日退職します」は通じません。仕事の引き継ぎもありますし、給料や年金などの手続きの都合もあります。

業務が忙しい時にすぐに退職しては印象が悪くなりますし、何よりマナーがなっていません。理想的な退職時期は、辞めたいと思う2ヶ月前に上司に願い出ること

一度口頭で退職希望と理由を告げてから、改めて退職願を提出するようにしましょう。

2ヶ月前が難しいなら、遅くても1ヶ月前には退職願を提出するようにして下さい。それと同時に周囲に退職することを伝え、仕事の引き継ぎを進めるのがベストですね。

引き止められても辞める

時として上司に退職を引き止められることも考えられます。

上司にとって魅力的な戦力と思われていたり、単純に便利なコマと考えていることも。本当に大切な部下だと思っているから、反対する事もありえます。本音は言えませんが、きちんと上司と向き合い、表向きの理由を説明して納得してもらいましょう。

もし雇用条件を見直すと言われたり、給料をアップと言われたらどうしましょう。その場合でも一度退職を口にした以上、ありがたいですがと断りましょう。一度この条件で退職を撤回してしまうと、すぐに辞められなくなってしまうからです。

スポンサーリンク

円満退職とする際の、おすすめの理由

夢を叶えるため

なるべく周囲に納得してもらえる、円満退職の理由はどうすれば良いのでしょうか?

周囲が納得し理解を得やすいのが、夢を叶えるためというものです。大げさかも知れませんが、やりたかった仕事への決心がついたというもので大丈夫。

資格の必要な仕事への夢があり、若いうちに資格取得への挑戦をしたいという理由もいいですね。

夢という言い方が曖昧なら、スキルアップ・キャリアアップという言い方も理解が得やすいです。新しい環境で今の自分の実力を試したい、もっと上を目指したいというととても前向きな印象に。

これらの理由であれば退職後も連絡を取りやすいので、前職のコネを残したい場合におすすめです。

enmantaisyoku3

故郷に錦を飾りたい

退職を機に新天地で働くことを考えている場合、Uターンをするという理由が使えます。

実際に故郷に戻るかどうかはさておき、今のスキルを地元企業で活かしたいというのは良い理由です。特に年配の方ですと「地元に戻る=親の面倒を見る」と結びつきやすく、応援されることも。

今の職場が故郷から遠く、職場関係を穏やかに絶ちたい場合におすすめです。

便利な「一身上の都合」にはご注意!

なんとなく察してもらえる便利な理由に、一身上の都合があります。

退職理由を突き詰めれば、自分自身の都合ですから、本当はこの理由でも十分。

しかしこの理由だけで通してしまうと、なにか後ろめたい事情でもあるのかと疑われるかもしれません。できれば職場の方からは余計な詮索はされたくないですよね。

一身上の都合とした場合でも、説明できる前向きな理由をひとつ考えておきましょう

全ては自分自身のため

今の会社への不満がたまり、それを理由にして退職するのは別に構いません。

しかし不満を口にして退職の理由とするのは、良い辞め方とは言えません。たとえその不満が正当な理由からくるものであっても、転職先に伝わると「面倒な人」と思わてしまうかも。また退職後も円滑な関係を持ち続けたい人がいるなら、なおのこと円満退職するべきです。

思うところはあるかもしれませんが、できるだけ円満に退職するのが、何よりも自分の為になりますね