んなが大好きなカレーは、服についた時にシミになるものの一つですね。

学校給食でこぼしてしまった、家で食べた時に飛び跳ねてしまった・・なんて事もよく有るのではないでしょうか。目立たない色の服を着るという対策もありますが、それでもついたシミは目立ってしまいます

そんな手強いカレーの染みですが、実は簡単に落とせる方法があるんです。

白い服についてももう泣かない、服にカレーがついてしまった時の染み抜き方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

カレーのシミの原因は?

油だから落ちにくい

curraydown1

普段家で作るカレーは、カレールーを使う方が多いでしょう。そのカレールーには油脂が含まれていて、カレーのコクと旨みの元となっています。

しかし染み抜きの点で考えると、油分を含む汚れはかなり厄介。水溶性の汚れは水で洗えば落ちますが、油を含むと水洗いでは落ちにくくなってしまいます。

香辛料が落ちにくい原因?

油分以上に厄介なのが、カレー独特の黄色です。

あの黄色の主成分は、ターメリックという香辛料。ウコンともよばれるショウガの仲間です。着色料としても利用されますが、実はたくあんの黄色はターメリックの色でもあるんですね。

ターメリックは着色料として使われるだけあって、衣服につくと繊維を染めてしまう働きがあります。しかも油分に溶けやすい性質を持つために、しっかり衣服を染めてしまいます。

ほとんどのカレーにはターメリックが使われているので、この黄色には注意が必要ですね。

服についたカレーの染み抜きの方法は?

次のものを用意しよう

カレーのシミを落とすには、次のものを使います。

台所用の中性洗剤

食器洗い用に使われるものです。洗濯用の洗剤でもよいのですが、食べ物関係の汚れはこちらのほうがよく落ちます。

酸素系漂白剤

色柄ものにも使える、洗濯用のものを使用します。塩素系漂白剤は布地を傷めたり、色落ちする危険があるので使用を避けます。

その他、ぬるま湯がすぐ使える場所、タライ・歯ブラシがあると便利です。

カレーのシミの落とし方

次に、カレーの染み抜きの方法を紹介します。

  1. ウエットティッシュなどで表面の汚れを取り除く。
  2. シミ部分を水で濡らし一度優しくもむ。
  3. 台所用洗剤を数滴たらし優しく指で揉み込む。
  4. ぬるま湯で、洗剤を洗い流す。
  5. 色が残るようなら、もう一度(4)と(5)を繰り返す。
  6. それでも残るようなら、塩素系漂白剤を少し垂らして5分ほど置く。
  7. ぬるま湯で、よくすすぐ。
  8. その後はほかの洗濯物と一緒に、いつもどおり洗濯して干す。

手順としては部分洗いの基本ですし、パスタのミートソースも同様の方法で落とせます。

脂っこい食べ物汚れは台所洗剤で

と覚えておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

落とす時に気をつけること

シミ落としの際に気をつけたい点として、次のことが挙げられます。

ついたらすぐに落とす

全ての汚れは、時間が経つほど落ちにくくなってしまいます。理想はついたらすぐ洗うですが、難しい場合は最低でもカレーを拭き取るまでは行いましょう。

その上でウェットティッシュなどでで軽く叩くと、汚れの落ちやすさが変わります。

デリケート素材には歯ブラシで

洗剤を付けた後に指で優しく揉んでも、生地によっては毛羽立ちなどが発生することも。優しく取り扱い生地の場合は、柔らかい歯ブラシで優しく丁寧に叩きましょう。

歯ブラシを使うとこすりたくなりますが、もみ洗い以上に生地を痛める原因に。力を入れず優しくポンポンと叩いて、何度か繰り返して洗いましょう。

無理ならクリーニングに

水洗いできない生地の場合は、下手に家庭で洗うと取り返しのつかないことに。必ず洗濯表示タグを確認して、水洗いが出来る生地かどうかを確認しましょう。

家で洗えるものでもシミが残るようなら、プロのクリーニングに任せましょう。

インドでは太陽の力で落とす?!

カレーと言えばインドですが、インドでは服にカレーがついたときはどうしているのでしょうか。

実はついた部分をティッシュなどで取り除き、石鹸で洗って天日に干すだけだとか。

ターメリックの黄色は、「クルクミン」という物質で出来ています。このクルクミンは紫外線に弱く、長く当たると分解されてしまう性質を持ちます。そのため天日干しをすることで、ターメリックの黄色が分解されて消えてしまうんです

素材によっては難しいかも知れませんが、可能なら外に干して漂白しましょう。

curraydown2

ちょっとの工夫でカレーも怖くない!

うっかりつけてしまったカレーのシミも、すぐに対処すれば後も残らずきれいに洗えます。ですが理想はカレーをつけないこと。子供は仕方がないですが、大人は事前に気をつけましょう。

例えばカレーを食べる時に、白い服を着ない。ハンカチなどでカバーして、つかないようにするなど。

それでも付いてしまってもなるべく早く落とせば大丈夫なので、美味しくカレーをいただきましょう!