一人焼肉

んなで囲む食事も美味しいですが、1人で気ままに食べたくなる時もありますよね。特にみんなで食べるイメージの強い焼肉ですが、最近では1人で食べる人も増えています。

1人焼肉と言われるとハードルが高そうですが、試してみると、たくさんのメリットがあるんですよ。また一人焼肉には楽しいこともたくさんあるので、思い切って挑戦しませんか?

そこで、1人焼肉のメリットとデメリット、そして楽しみ方について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

1人焼肉のメリットとデメリットは?

1人焼肉のメリット

お肉を焼く

1人焼肉には、次にあげるメリットがあります!

行きたい時にいつでも行ける

誰かと食事に行くときは、互いの都合が合うように調整する必要があります。しかし1人焼肉なら、急に焼肉が食べたくなった時にすぐ食べに行けるんです。

自分のペースで食べられる

みんなで焼肉を食べていると、注文したお肉が全員に行き渡るか気になりませんか?あるいはお肉の焼け具合が気になって、ついお肉のお世話をしたくなる人もいるかも知れませんね。

気を使うことは良いことですが、せっかくの焼肉を満足するまで食べられないこともよくあります。しかし1人焼肉なら、自分のペースでお肉を焼いて食べ続けることができるんですよ。

食べたい分だけ食べられる

みんなで焼肉を食べるときは、割り勘にすることが多いですよね。割り勘は平等感がある一方で、食事の量が少ない人が損をするシステムでもあります。

その点1人焼肉なら食べたい分だけ注文するので、割り勘よりもお得に食べられることがあります。また頼みすぎて最後に余ってしまうことも防げるので、地球にもやさしい食べ方なんですね。

1人焼肉のデメリット

メリットの多い1人焼肉ですが、デメリットがあることも覚えておきましょう。

周囲の目が気になる

1人焼肉最大のデメリットが、食べている時の周囲の目が気になる点です。特に焼肉は数人で食べるイメージが強いため、「友達がいない人」と思われるかも知れません。

ただし焼肉店にいる人は、周囲のことより目の前の焼肉に夢中のことがほとんどです。むしろ「周囲の目が気になる自分の気持ち」が、最大のデメリットとなっている可能性が高いんですよ。

匂いが気になる

焼肉はお肉の焼ける匂いが食欲をそそりますが、服や髪に付くと残りやすい欠点があります。みんなで食べたときはみんな同じ匂いなので気になりませんが、1人だとそうもいきません。

お店を出て帰宅するまでの間に、周囲が「焼肉の匂いがする」と敬遠することも考えられます。可能であれば匂い対策を行ってから、帰宅するようにしたいですね。

スポンサーリンク

1人焼肉の楽しみ方

1人焼肉専門店に行こう!

最近では1人焼肉専門店も登場し、1人用のスペースで焼肉が楽しめるようになっています。あるいは専門店でなくても、1人用のスペースを用意しているお店もあるので、事前にチェックしておきましょう。

この時必ずチェックしたいのが、「無煙ロースター」などの煙・匂い対策があるかどうかです。煙や匂い対策があれば、服や髪に匂いもつきにくくなりますよ。

食べたい部位を食べたいだけ食べる

高級なお肉

1人焼肉の醍醐味は、お肉を独り占めできるということです。タンだけ・カルビだけ・野菜をたっぷり…など、好きな部位を食べたいだけ味わえます。

焼き方も自分好みに焼けるのも、1人焼肉ならではの楽しみ方ですね。

希少部位にチャレンジ

みんなで焼肉を楽しむ時に、全員に行き渡らない分量のお肉は頼みにくいですよね。特に希少部位は量が少なめなので、美味しくても独り占めはマナー違反となります。

ですが1人焼肉なら、希少部位も独り占めが可能です。みんなの前では頼みにくいお肉も、一人焼肉ならチャレンジできるんですよ!

サイドメニューを楽しむ

焼肉店ではサラダ・スープ・スイーツなどの、サイドメニューも充実しています。そのためあえて焼肉ばかりを食べず、サイドメニューを中心に食べるのもアリなんですよ

キムチ・ナムル・石焼きビビンバ・スープなど、お肉に合うメニューもたくさんあります。お肉だけではもったいないので、サイドメニューもたっぷり味わいたいですね。

最初の一歩を踏み出せば

近では「おひとりさま」という言葉も定着し、映画や旅行などを1人で楽しむ人も増えています。その中でも特にハードルが高いと言われているのが、1人焼肉です。

たしかにみんなで食べるイメージが強い焼肉ですが、1人ならではのメリットがたくさんあるんですよ!お店に行きづらいなら「おひとりさま専門店」を選べば、周囲はほとんど「おひとりさま」です。

体験してみると意外とハードルは低いので、食べたくなったら「1人焼肉」にぜひチャレンジしませんか?