コーヒー

妊娠中は、一般にコーヒーを飲まない方がいいと言われています。

それはお腹の胎児にとって、コーヒーに含まれるカフェインの影響が心配だからですが、コーヒーが大好きな女性にとっては、とても辛いですよね。

でも実は少しなら飲んでもいいという説もあり、気になるところです。

そこで、妊娠中にコーヒーを飲んでも大丈夫なの?胎児へのカフェインの影響は?といった内容についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

一杯に含まれるカフェインの量はどれぐらい?

まず、コーヒー1杯に含まれるカフェインの量は、どれぐらいなのか確認してみましょう。

コーヒー豆

コーヒーのカフェインは平均すると100mg前後

コーヒーカップ1杯を150mlとした場合、次の通りの結果になります。

  • 炒り豆・ドリップコーヒー …80mg~100mg
  • インスタントコーヒー   …50mg~70mg
  • 缶コーヒー        …60mg~120mg
  • エスプレッソ       …150mg~180mg

コーヒーの種類や淹れ方によっても違ってきますが、平均すると100mg前後といったところでしょうか。

エスプレッソのカフェイン量はとても多いですが、通常エスプレッソは50mlほどの小さいカップで飲むもの。その場合は3分の1の50mg~70mgほどになります。

缶コーヒーのカフェイン値の幅が広いのは、ブラックコーヒーやカフェオレなど、種類も多いためだからです。

妊婦はコーヒーを飲んでも良いのでしょうか?

妊婦さん

妊娠中はカフェインを含むコーヒーを飲んでもよいものなのでしょうか?これには良い・悪い、両方の説があるんです。

妊婦にとってカフェインの摂取は良くないという説

妊娠中は体が水分を多く必要としますよね。

でもカフェインは利尿作用があるため、コーヒーなどでカフェインを多く摂ると、水分不足になってしまうことがあります。

それにカフェインは摂りすぎると鉄分不足も引き起こすとも言われていて、貧血や便秘を起こしやすくなることがあるんですね。

またカフェインの成分は胎盤を通じて胎児に入りやすく、内臓が未熟な胎児の場合、肝臓にカフェインが蓄積され負担を掛ける恐れがあります。

他に、カフェインにはアドレナリンを刺激して興奮する作用があります。そのため血流が減る作用があるため、胎児への栄養も届きにくくなり、胎児の育成にも影響を及ぼしてしまう…と言う意見です。

少しだけなら妊婦が飲んでも大丈夫という説

コーヒーは絶対ダメ!という意見がある一方で、少しなら飲んでもいいという意見もあります。

コーヒーが妊娠中の母子に与える影響については、前提として「大量にカフェインを摂取すると」という言葉がつきます。健康な大人の場合、1日に最大500mgまでなら、カフェインを分解出来る能力を持つと言われています。

ただ妊婦の場合は、赤ちゃんへの影響も考えるとそこまで摂取するわけにはいきませんね。

1日に妊婦が摂取して良いと言われているカフェイン量ですが、

  • WHO(世界保健機関)は、コーヒー1日3〜4杯
  • 英国食品基準庁では、1日200mgまで
  • カナダ保健省では、1日300mgまで

等、まちまち。

他に、アメリカでは1日2,3杯程度の摂取なら、胎児に悪影響が見られなかったという研究結果もあります。また日本人は西洋人に比べるとカフェイン耐性が高いとも言われています。

カフェインの影響を考えてコーヒーを控えるのが良いのはわかりますが、コーヒー好きな方にとっては、我慢することでストレスが溜まってしまうこともありますよね。そのストレスがかえって胎児には悪影響があるという話もあります。

いずれにしても、カフェイン一杯が100mg前後とすると、1日にコーヒー1杯程度なら、飲んでも大丈夫と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

私もコーヒーを飲む妊婦でした。

コーヒー

実は私は妊娠中にコーヒーを毎日飲んでいました。

カフェインがあまり体に良くないことは知っていましたが、寝起きが悪いこともあって、朝起きてまず1杯コーヒーを飲む習慣があり、それは妊娠中もそのまま習慣として飲み続けていました。でも生まれた子供はとても元気ですよ。

…とは言え、私が大丈夫だったから、他の人も大丈夫とは言い切れません。

  • 気になるなら飲まない
  • 気にしないなら控えめに飲む

でいいのではないでしょうか。

カフェインがどうしても気になる、でもコーヒーが飲みたい!という妊婦の方は、今はノンカフェインのコーヒーもあります。

またとても香ばしい香りのすることから「ハーブコーヒー」とも呼ばれている「たんぽぽぽコーヒー」。こちらも、カフェインを控えたいコーヒー好きなママさんたちに人気の高い飲み物です。普通のコーヒーとは違う独特の味わいですが、意外と飲みやすいですよ。



飲むにしてもほどほどに、我慢するのもほどほどに。

妊娠中にコーヒーを飲んでも大丈夫なのか?といった内容について、お伝えしてきました。

コーヒーはカフェインが気になるものの、リラックス効果やその他の健康効果もあります。厳しく飲むのを制限してストレスを溜めるのも良くないですね、

でもコーヒーはカフェインを含んでいる以上、妊婦にとっては飲み過ぎるのも良くありません。

いずれにしても、コーヒー好きの妊婦の方は、ほどほどに、気楽に飲んだり、飲まなかったりで、いいのではないでしょうか。