妊婦はコーヒーを飲んでも大丈夫?胎児へのカフェインの影響は?

ninpucoffe2
妊娠中は、一般にコーヒーを飲まない方がいいと言われています。

それはお腹の胎児にとって、
コーヒーに含まれるカフェインの影響が心配だから。

でも、これはコーヒーが大好きな女性にとっては、
とても辛いですよね。

でも実は少しなら飲んでもいいという説もあります。
実際のところはどうなのでしょう?

今回は、妊娠中にコーヒーを飲んでも大丈夫なの?
胎児へのカフェインの影響は?などについて調べてみました

スポンサーリンク

一杯に含まれるカフェインの量はどれぐらい?

まず、コーヒー1杯に含まれるカフェインの量は、
どれぐらいなのか確認してみましょう。

ninpucoffe3

コーヒーのカフェインは平均すると100mg前後

コーヒーカップ1杯を150mlとした場合、次の通りの結果になります。

 ・炒り豆・ドリップコーヒー …80mg~100mg
 ・インスタントコーヒー   …50mg~70mg
 ・缶コーヒー        …60mg~120mg
 ・エスプレッソ       …150mg~180mg

エスプレッソのカフェイン量がとても多いですよね。

でも、エスプレッソは、50mlほどの小さいカップで飲むものですので、
その場合は、3分の1の50mg~70mgほどになります。

缶コーヒーの値の幅が広いのは、
ブラックコーヒーやカフェオレなど、種類も多いためだからです。

妊婦はコーヒーを飲んでも良いのでしょうか?

ninpucoffe1

妊娠中はカフェインを含むコーヒーを飲んでもよいものなのでしょうか?
これには良い・悪い、両方の説があるようです。

カフェインの摂取は良くないという説

妊娠中は体が水分を多く必要としますよね。

でもカフェインは利尿作用があるため、
コーヒーなどでカフェインを多く摂ると、
水分不足になってしまうことがあります。

またカフェインは鉄分不足も引き起こすとも言われていて、
結果、貧血や便秘を起こしやすくなることがあるんですね。

また、カフェインの成分は胎盤を通じて胎児に入りやすく、
内臓が未熟な胎児の場合、肝臓にカフェインが蓄積され、
負担を掛ける恐れがあります。

また、カフェインには、アドレナリンを刺激して興奮する作用があります。

これにより血流が減る作用があるため、胎児への栄養も届きにくくなり、
胎児の育成にも影響を及ぼしてしまうと言う意見です。

少しだけなら飲んでも大丈夫という説

コーヒーは絶対ダメ!という意見がある一方で、
少しなら飲んでもいいという意見もあります。

コーヒーが妊娠中の母子に与える影響については、
前提として「大量にカフェインを摂取すると」という言葉がつきます。

健康な大人の場合、1日に500mgまでなら、
カフェインを分解出来る能力を持つと言われています。

妊婦が1日に摂取して良いと言われているカフェインの量は、
イギリスでは200mgまで、カナダやアメリカでは300mgまで。

アメリカでは1日2,3杯程度の摂取なら、
胎児に悪影響が見られなかったという研究結果もあります。

また、コーヒーを我慢することでストレスが溜まってしまうのも、
かえって胎児には悪影響があると言われています。

前述のカフェイン含有量を考えると、
1日にコーヒー1杯程度なら、
飲んでも大丈夫と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

私もコーヒーを飲む妊婦でした。

実は私は妊娠中にコーヒーを毎日飲んでいました。

カフェインがあまり体に良くないことは知っていましたが、
寝起きが悪いこともあって、朝起きてまず1杯コーヒーを飲む習慣があり、
それは妊娠中もそのまま習慣として飲み続けていました。

ninpucoffe4

でも生まれた子供はとても元気ですよ。

とは言え、私が大丈夫だったから、他の人も大丈夫とは言い切れません。

気になるなら飲まない、気にしないなら控えめに飲む、
でいいのではないでしょうか。

カフェインがどうしても気になる、でもコーヒーが飲みたい!という妊婦の方は、
今はノンカフェインのコーヒーもあります。

通販でも買えますので、
コーヒー好きな妊婦の方は、試してみてもいいですね。

でも、ノンカフェインだからと言って飲み過ぎは厳禁ですよ。

飲むにしてもほどほどに、我慢するのもほどほどに。

妊婦がコーヒーを飲むことについて、
ここまで調べたことをご紹介しました。

コーヒーはリラックス効果やその他の健康効果もありますし、
厳しく飲むのを制限してストレスを溜めるのも良くないでしょう。

でも、カフェインを含んでいるコーヒーは、
妊婦にとっては飲み過ぎるのも良くありません。

どちらにしても、コーヒー好きの妊婦の方は、ほどほどに、
気楽に飲んだり、飲まなかったりで、いいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

簡単手作り♪可愛いイースターエッグの作り方をご紹介!

最近では、日本でも少しづつですが、 ポピュラーになってきたイースター。 かわいい小物を扱

記事を読む

松花堂弁当の由来。幕の内弁当との違いは何?

旅行や行楽のときのお弁当と言うのは、 楽しみのひとつですよね。 いろんなおかずが美しく詰

記事を読む

スーツケースのパッキングのコツとは!便利グッズもご紹介!

旅行は準備の時も楽しくて、あれこれ持って行きたくなりませんか? しかしカバンの容量には限界が。

記事を読む

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。 普段から日焼け対策を行

記事を読む

ゆで卵のきれいなむき方とは?簡単にできるコツを6つ紹介!

ゆで卵は常備しておくと、おかずに添えたり朝食の一品になったりととても便利な食材ですね。

記事を読む

スタッドレスタイヤの正しい選び方を覚えよう!

車を持っている方、特に雪が振る地域にお住まいの方にとって、雪が降る寒い時期がやってくると、冬

記事を読む

長寿祝いの一覧をご紹介!お祝いするのは数え年?満年齢?

小さい頃は待ち遠しかった誕生日ですが、大人になると「年齢のことは‥」となりがち。 しかし還暦の

記事を読む

サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の違いは何?

長距離を走るために作られた高速道路ですが、最近では「道路を走る」とは違う目的で利用する方も増えていま

記事を読む

春一番の意味とは?気象庁の定義や名前の由来について

https://youtu.be/Urp6lWZ82io 天気のニュースで、「春一番が吹きまし

記事を読む

財布は何色がいい?風水から見た運気に良い財布の色とは?

長年愛用してきたお財布がくたびれてきましたので、 新しいものに買い換えようかと検討中なんですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

黒糖に含まれる栄養とカロリーは?効果的な摂取方法もご紹介!

料理やお菓子に欠かせない砂糖は、健康のことを考えるとあまり摂り

体や心に良いジャスミン茶の効果とは?おすすめの飲み方も紹介!

毎日口にすることの多いお茶は、香りで選ぶという人が多いのではな

健康にも美容にも!ルイボスティーの効果とおすすめの飲み方!

毎日の生活でホッとしたいときに、ふと飲みたくなるのがお茶。おな

高血圧気味の方におすすめの飲み物5選!飲料を選ぶポイントは?

高血圧を放置すると、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞を引き起こす可能性が

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑