低カロリーでお腹が満足する海藻は、サラダやお味噌汁に入れるとおいしいですよね。また海藻の中にはネバネバしたものもあり、こちらも元気が出るとして注目を集めています。

健康や美容のために食べたい海藻の中で、最近注目を集めているのが「アカモク」という海藻です。テレビなどで取り上げられているのを見て、食べてみたいと思った人も多いかも知れませんね。

しかし近くのスーパーで買えるのかわからないし、食べ方もよくわからないという人も多いのでは?実はアカモクは簡単に食べられて、しっかり保存すれば長くたべられるんですよ!

そんな気になるアカモクについて、以下の内容をまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね!

  • 海藻のアカモクとは?
  • アカモクの旬はいつ?
  • アカモクの効果や効能は?
  • アカモクはどこで買えるのか?
  • アカモクのおすすめの食べ方
  • アカモクの保存方法

スポンサーリンク

海藻のアカモクとは?

強いネバネバが

アカモクのネバネバ

アカモクは褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科の海藻で、近い仲間に「ヒジキ」があります。

ヒジキと違ってお店に並ぶものは緑色をしたものが多く、また刻むと強い粘り気が。ただしこの緑色は収穫後にゆでたもので、海で生えている状態では赤みがかっています

アカモクは北海道東部のオホーツク海沿岸を除く、日本の近海で取れる海藻です。一年で3~4mほどまで成長し、胞子を飛ばした後は枯れる「一年生植物」でもあるんですね。

地域によっては呼び名が違う

アカモクという名前は、赤みがかった見た目から名付けられたもの。ただし地域によって呼び名が違い、そちらの名前なら知っている方も多いかも知れませんね。

例えばアカモクの主な産地である秋田や宮城では、「ギバサ」の名前が一般的。宮城では「渚の妖精ぎばさちゃん」という、擬人化されたかわいいキャラクターもいるほどです。

また、山形ではギンバソウ(銀葉藻)、新潟ではナガモ(長藻)として販売されています。

一方でアカモクを食べる風習のない三重県では、ジャマモクと呼ばれることも。これはアカモクが漁船のスクリューに絡まるからで、漁師に嫌われてしまったからなんですね。

□ナガラモ(アカモク)の季節だ!海の中のナガラモ見たことある?

*1分30秒からアカモクが登場し、2分30秒ごろから海で生える様子が登場します。

アカモクの旬はいつ?

春とともに

海藻がとれる海

アカモクは一年生植物で、飛ばした胞子が育つのは秋から冬にかけて。そして春とともに、胞子を飛ばすための生殖器官が育ち始めます。

この生殖器官が生える時期が、一番ネバネバが増えておいしいタイミング。この時期に収穫されるため、旬は4月から5月にかけてとなります。

春先に旬を迎えるアカモクは、東北の人にとって春のおとずれを感じる食べ物の一つ。現在は加工技術の発達で一年中食べられますが、春のアカモクは特においしいんですよ!

スポンサーリンク

アカモクの効果・効能は?

胃腸を保護

アカモクは海藻類のなかでも、特にネバネバする特徴があります。ネバネバの主成分は「フコイダン」というもので、食物繊維の一種。

このフコイダンには、様々な効果や効能があるんですね。

一つには胃腸の粘膜を優しく保護する効果が。そして荒れてしまった胃を、優しく修復する効果も期待できます。

アカモク

免疫力アップ

胃腸を保護する効果のあるフコイダンは、鼻や喉の粘膜を保護する効果もあります。そのためウイルスや雑菌が侵入しづらくなって、風邪などにかかりづらくなるんです。

また体内に侵入したウイルスなどを退治する、白血球の免疫細胞を元気にする効果も。特にがん細胞などを攻撃する免疫細胞が元気になり、がん予防の効果も期待できるんです!

ダイエット効果が

ゆでる前のアカモクは赤色をしてますが、これはフコキサンチンという成分が含まれているから。フコキサンチンには脂肪を燃やしやすくする効果があり、ダイエットの手助けとなってくれます。

またフコイダンは食物繊維の一種のため、腸内環境を整えてくれる効果も。しかも海藻ということでローカロリーですし、ダイエットの手助けにピッタリですね。

美肌効果

アカモクのネバネバ成分は、お肌を保護する効果も期待できます。また腸内環境が整うことで、肌荒れも自然に改善されやすくなります。

更にアカモクにはポリフェノールが含まれ、抗酸化作用も。抗酸化作用はお肌や体のサビを取り除いて、老化を防ぎやすく効果のあるもの。

そのためお肌の老化を遅らせながら、健康的なお肌作りができるんですね。

アカモクはどこで買えるの?

地元の漁港や直売店で

東北地方にある橋

確実にアカモクを買いたいなら、4月~5月に秋田や宮城など東北へ出かけませんか?東北の漁港近くにある漁師さんの直売店には、旬のアカモクが「ギバサ」などの名前で販売しています。

ただし直売店の場合、海でとったそのままの状態で売られていることが多いです。購入後は下処理をしないと食べられないので、その点は注意してくださいね。

また東北地方の地元のスーパーへ行けば魚と並んでアカモク(ギバサ)が売られていることも。こちらは下処理済みのことが多く、手間をかけずに食べられますよ。

大きめのスーパーで

アカモクがとれる春であれば、東北以外でも大きめのスーパーで購入可能なことがあります。特に全国展開しているイオンなどでは、見かける可能性が高いですね。

スーパーで購入できるものは、下処理済みの商品が多いので取扱いも楽ですよ。

またアカモクは乾燥した状態で販売されることもあり、一年を通じて購入できます。こちらも大きめのスーパーで取り扱っていることも多いですね。乾物コーナーをぜひのぞいてみましょう。

通販で購入

近所のスーパーなどで取扱いがない場合は、通販を利用する方法もあります。

最近ではアカモクがとれる地元で加工・販売を行っているお店が、ネット通販を行っていることも。この場合は下処理済みのものが、冷凍されたり真空パックとなっていることが多いです。

ネットでの購入に慣れている方は、手軽に入手できるインターネット通販を利用してみるのもいいですね。

スポンサーリンク

アカモクのおすすめの食べ方は?

食べる前に下処理を

アカモクを食べる前に確認してほしいのが、下処理済みかどうか生の状態で鮮やかな緑色をしていたら、下処理済みのアカモクです

赤くて太い茎に葉がついた状態のものは下処理されていないので、次の手順で下処理を行いましょう

  1. 水がきれいになるまで、流水でもみ洗いする。
  2. 左手で軸を持ち、右手でしごいて葉だけを取る。
  3. 取った葉をもう一度流水でもみ洗いする。
  4. 鍋にお湯を沸かし、3を30秒程度茹でる。
  5. (4)をザルにあげてお湯を切ってから、流水で冷やす。

□ぎばさ

*熱湯をかけると、赤みがかかったアカモクが、あっという間に美しい緑色に!

お味噌汁や酢の物に

アカモクの食べ方ですが、基本的には「わかめと同じように使える」と考えましょう。

一般的には、

  • お味噌汁の具に入れる
  • きゅうりと一緒に入れて酢の物にする

などがおすすめです。

また、鶏がらスープの素とアカモクと溶き卵を加えれば、中華風のとろみのあるスープに。うどんやそばの具として加えても、ツルンとした食感が食欲アップにつながりますよ。

*トコロテンに入れるのもおすすめですね!

刻んで納豆と混ぜる

アカモクの最大の特徴といえば、刻むと増えるネバネバです。

これは先にも記載したようにフコイタンという成分で、胃腸の粘膜を保護する嬉しい成分なんです。そんな刻んだネバネバアカモクですが、お醤油を加えて納豆と混ぜるとベストマッチ!

とろろと混ぜると更にネバネバ感がアップして、夏バテ気味のときの強い味方となってくれます。

*疲れているときなどはネバネバづくしのこんなメニューもいいですね!

ドレッシングや冷奴に

他に変わった使い方としては、刻んだアカモクに醤油ベースのドレッシングと混ぜて使う方法が。そのまま食べても美味しいですが、野菜サラダのドレッシングとして使えるんですよ。

また冷やっこに乗せればいつもと違った味わいになり、食欲がない時でもスルスル食べられますよ。

アカモクの冷奴

アカモクの保存方法は?

冷蔵保存する場合

下処理を自分でした場合

アカモクの下処理を自分で行った場合、冷めてから保存容器に入れて冷蔵庫で保存します

保存期間は2~3日程度がベスト。それ以上過ぎたらあきらめて処分しましょう。

下処理済みの商品の場合

下処理済みのアカモクは、開封後2~3日以内に食べきること。

購入時に冷凍状態のものはそのまま冷凍庫で保存し、食べる分だけ解凍していただくようにしましょう。

冷凍保存する場合

アカモクは冷凍保存も可能です。その場合は下処理後に刻んでから冷凍保存します。ジッパー付き密封容器に入れて保存すれば、2~3ヶ月程度は大丈夫。

食べるときは冷蔵庫に入れて自然解凍してから、生のときと同じように使いましょう!

体にうれしいアカモク!

東北の人にとってアカモクは、春を告げる食べ物の一つ。ギバサ・ギンバソウ・ナガモとも呼ばれているため、この名前なら知ってる人もいるかも知れませんね。

最近では全国的に出回るようになったアカモクは、体にうれしい効能がたっぷり。ダイエット効果も期待できるため、体型が気になる方にもうれしい海藻ですね。

そんなアカモクはお味噌汁の具や酢の物にしても美味しいですし、刻んでネバネバを楽しむのもアリ。冷凍保存もできるので、新鮮なアカモクを買って自分で下処理して保存したいですね。

美容や健康効果が期待できるおいしいアカモクを、毎日の食卓に活用してみませんか?