人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

| 飲食 | , , ,

になると美味しくなる果物の一つに、があります。シャリシャリとした食感、甘くてジューシーな果肉は大好きな人も多いのでは。

そんな梨には多くの品種があり、それぞれに味や食感で違いがあるんですよ。

また美味しい梨の選び方も知っておくと、お店で得するかも。

そこで今回は、人気の高い梨の品種・特徴や旬の時期、そして美味しい梨の選び方を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

人気の高い梨の種類は?

梨の種類について

日本で主に食べられている梨は、和梨と洋梨に分かれます。

洋梨は・・・
 ヨーロッパで食べられてきた梨で、ひょうたん型の梨。
和梨は・・・
 日本で古くから食べられてきた、丸い形の梨。

更に和梨は、

  • 皮が赤みがかった「赤梨」
  • 青みがかった「青梨」

に分かれます。

幸水

旬:7月中旬~9月上旬

幸水は日本で最も生産されている梨で、その生産量は全体の40%近くを占めるほど。スーパーでもよく見かける品種で、楕円形でお尻のくぼみが深い特徴があります。

ただし赤梨系ではありますが、皮の見た目は緑の混じったまだら模様。表面のポツポツ(コルク層)もやや薄く、あまり見た目が良い梨ではありません。

味に関しては甘みが強く、果汁もたっぷり。果肉も柔らかいため、年齢を問わず食べやすい梨となっています。

豊水

旬:8月下旬~10月上旬

豊水は幸水と入れ違いで出まわる赤梨で、幸水に次いで生産されている品種。こちらもよくスーパーで見かける品種で、幸水よりやや大きく丸いの印象。

皮の色は黄金色で、コルク層もはっきりとした梨らしい外見なんですよ。

もちろん味も抜群で、果汁たっぷりで甘みも酸味も強め。豊かな風味が味わえるため、どんな方でも満足出来る梨です。

二十世紀梨

旬:9月~10月上旬

二十世紀梨は青梨の代表格で、鳥取県を代表する梨。

元々は千葉県で品種改良された梨で、土壌の相性から鳥取県で多く生産されるようになりました。

青梨ということで皮は黄緑色で、コルク層もおとなしめ。豊水と同程度の大きさで形も似ているので、色で見分けると区別しやすいですよ。

そんな二十世紀梨の味は、果汁が多く酸味のある爽やかな味わい。梨らしいシャリシャリ感もあるので、さっぱりとした味わいが好きな方にオススメです。

ラ・フランス

旬:10月中旬~10月下旬

ラ・フランスは他の梨と違い、洋梨に分類されるもの。

名前の通りフランス原産の梨で、日本には1903年ごろに持ち込まれました。生産に手間がかかり、日本の土壌との相性がよくないため生産量は少なめ。

そのため贈答用のフルーツとして、特に人気が高まっています。

ラ・フランスの特徴は、ひょうたん型の見た目と強く甘い香り。味も和梨と比べると甘く濃厚で、追塾した果肉がとろけるような食感となる特徴もあります。

スポンサーリンク

美味しい梨の選び方

ずっしり重いものを

美味しい梨を選ぶ際には、次の点に注目しましょう。

  • やや楕円形で大きく、重量感のあるもの
  • お尻のくぼみが大きいもの
  • 皮にハリがあり、ツルツルとしているもの

大きい野菜や果物は中がスカスカ、とよく言われますが梨は例外。大きくて重みのある方が、味がしっかりしているんですよ

特にお尻側に甘みが集まるので、お尻側のくぼみが大きいものを選びましょう

購入した梨は新聞紙にくるんでからビニール袋で包み、冷蔵庫で保存。保存期間は10日ほどですが、なるべく早く食べるほうがシャキシャキして美味しいですよ!

ラ・フランスの場合は

ラ・フランスを始めとした洋梨の場合、和梨と選び方や保存方法が違うので注意が必要です。

ラ・フランスを選ぶ場合、次の点を確認しましょう。

  • 皮に傷のないもの
  • ずっしりと重みのあるもの
  • 軸周辺が少しやわらかいもの(すぐ食べない場合)
  • 全体が柔くなっているもの(すぐ食べる場合)

洋梨は傷があるとすぐ傷むので、できる限り傷のないもの。全体が柔らくなっているものは食べごろで、それ以上置くと傷んでしまいます。

  • すぐ食べるなら、全体が柔らかいもの
  • 後日食べるなら、軸周辺が少し柔らかいもの

と覚えましょう。

洋梨は和梨とは違い、購入して数日置くことで実が柔らかく美味しくなります。

「追熟(ついじゅく)」というのですが、紙袋に入れて15~20度の室内で2日ほど待ちましょう。熟したら冷蔵庫で2時間程度冷やしてからいただくと、甘くとろける食感が。

お店で購入する際は、追熟が必要かどうかを確認するとより安心ですね。

美味しさを食べ比べ

関連記事:梨(なし)の花言葉と名前の由来!二十世紀梨の名前の由来は?

はシャリシャリした食感と、甘くジューシーな果肉が楽しめる果物。しかし品種によってはやらかな食感が味わえたり、さっぱりとした果肉が楽しめるのもあり多彩いろいろです。

柔らかく甘い食感の幸水に、酸味と甘味のバランスが良い豊水。
シャキシャキとさっぱりしている二十世紀梨に、濃厚でとろける食感のラ・フランス。

どれも美味しい梨ですので、食欲の秋には、ぜひ食べ比べて違いを楽しみたいですね

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ヨーグルト菌の種類には何がある?効果を知って食べ分けよう!

美容と健康のために、毎朝ヨーグルトを食べるという人も多いですよね。 そうで無くても、

記事を読む

うどんとそばの違いはどこにあるの?消化が良いのはどっち?

好きな麺類と言えば、ラーメンと合わせて必ず名前が上がるのが、「うどん」と「そば」ではないでし

記事を読む

烏龍茶(ウーロン茶)のダイエット効果は?黒烏龍茶との違いは何?

コンビニで購入できるペットボトルのお茶は、昔と比べて随分と種類が増えました。 その中でも定番の

記事を読む

最後まで美味しく!キムチ鍋の「しめ」に人気のおすすめメニューは?

寒い季節に食べたくなる鍋は、野菜がたっぷり取れるヘルシーメニュー。特にキムチ鍋は唐辛子のピリ

記事を読む

ナスに含まれる栄養と効能とは?「茄子は栄養が無い」は嘘?

夏から秋にかけて美味しくなるナスは、沢山収穫出来ることもあって家庭菜園でも人気の野菜。 お漬物

記事を読む

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェ、それぞれの違いは?

毎日の生活にコーヒーやお茶が欠かせない人にとって、カフェインは気になるところ。あまり取り過ぎ

記事を読む

味噌汁の具に人気の組み合わせは何?定番から変わり種まで!

日本人の食事の定番と言えば、味噌汁は外せません。 最近では作らない家庭も増えていますが

記事を読む

梨(なし)の花言葉と名前の由来!二十世紀梨の名前の由来は?

https://youtu.be/emhyui6nfMA 秋は食欲の秋とも言われ、野菜や果物な

記事を読む

いちじくの旬はいつ?その優れた栄養・効能とおすすめレシピを紹介します!

最近ではハウス栽培のおかげで、一年中美味しい果物が食べられるようになりました。しかし傷みやす

記事を読む

こうすれば大丈夫!銀杏の下処理の方法と美味しい食べ方!

秋の味覚の名脇役に、小粒で美味しい銀杏(ぎんなん)があります。 串焼きにしておつまみにしたり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑