になると美味しくなる果物の一つに、があります。シャリシャリとした食感、甘くてジューシーな果肉は大好きな人も多いのでは。

そんな梨には多くの品種があり、それぞれに味や食感で違いがあるんですよ。

また美味しい梨の選び方も知っておくと、お店で得するかも。

そこで、人気の高い梨の品種・特徴や旬の時期、そして美味しい梨の選び方を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

人気の高い梨の種類は?

梨の種類について

日本で主に食べられている梨は、和梨と洋梨に分かれます。

洋梨は・・・
 ヨーロッパで食べられてきた梨で、ひょうたん型の梨。
和梨は・・・
 日本で古くから食べられてきた、丸い形の梨。

更に和梨は、

  • 皮が赤みがかった「赤梨」
  • 青みがかった「青梨」

に分かれます。

幸水

旬:7月中旬~9月上旬

幸水(こうすい)は日本で最も生産されている梨で、その生産量は全体の40%近くを占めるほど。スーパーでもよく見かける品種で、楕円形でお尻のくぼみが深い特徴があります。

ただし赤梨系ではありますが、皮の見た目は緑の混じったまだら模様。表面のポツポツ(コルク層)もやや薄く、あまり見た目が良い梨ではありません。

味に関しては甘みが強く、果汁もたっぷり。果肉も柔らかいため、年齢を問わず食べやすい梨となっています。

豊水

旬:8月下旬~10月上旬

豊水(ほうすい)は幸水と入れ違いで出まわる赤梨で、幸水に次いで生産されている品種。こちらもよくスーパーで見かける品種で、幸水よりやや大きく丸いの印象。

皮の色は黄金色で、コルク層もはっきりとした梨らしい外見なんですよ。

もちろん味も抜群で、果汁たっぷりで甘みも酸味も強め。豊かな風味が味わえるため、どんな方でも満足出来る梨です。

二十世紀梨

旬:9月~10月上旬

二十世紀梨(にじっせいきなし)は青梨の代表格で、鳥取県を代表する梨。

元々は千葉県で品種改良された梨で、土壌の相性から鳥取県で多く生産されるようになりました。

青梨ということで皮は黄緑色で、コルク層もおとなしめ。豊水と同程度の大きさで形も似ているので、色で見分けると区別しやすいですよ。

そんな二十世紀梨の味は、果汁が多く酸味のある爽やかな味わい。梨らしいシャリシャリ感もあるので、さっぱりとした味わいが好きな方にオススメです。

ラ・フランス

旬:10月中旬~10月下旬

ラ・フランスは他の梨と違い、洋梨に分類されるもの。

名前の通りフランス原産の梨で、日本には1903年ごろに持ち込まれました。生産に手間がかかり、日本の土壌との相性がよくないため生産量は少なめ。

そのため贈答用のフルーツとして、特に人気が高まっています。

ラ・フランスの特徴は、ひょうたん型の見た目と強く甘い香り。味も和梨と比べると甘く濃厚で、追塾した果肉がとろけるような食感となる特徴もあります。

スポンサーリンク

美味しい梨の選び方

ずっしり重いものを

美味しい梨を選ぶ際には、次の点に注目しましょう。

  • やや楕円形で大きく、重量感のあるもの
  • お尻のくぼみが大きいもの
  • 皮にハリがあり、ツルツルとしているもの

大きい野菜や果物は中がスカスカ、とよく言われますが梨は例外。大きくて重みのある方が、味がしっかりしているんですよ

特にお尻側に甘みが集まるので、お尻側のくぼみが大きいものを選びましょう

購入した梨は新聞紙にくるんでからビニール袋で包み、冷蔵庫で保存。保存期間は10日ほどですが、なるべく早く食べるほうがシャキシャキして美味しいですよ!

ラ・フランスの場合は

ラ・フランスを始めとした洋梨の場合、和梨と選び方や保存方法が違うので注意が必要です。

ラ・フランスを選ぶ場合、次の点を確認しましょう。

  • 皮に傷のないもの
  • ずっしりと重みのあるもの
  • 軸周辺が少しやわらかいもの(すぐ食べない場合)
  • 全体が柔くなっているもの(すぐ食べる場合)

洋梨は傷があるとすぐ傷むので、できる限り傷のないもの。全体が柔らくなっているものは食べごろで、それ以上置くと傷んでしまいます。

  • すぐ食べるなら、全体が柔らかいもの
  • 後日食べるなら、軸周辺が少し柔らかいもの

と覚えましょう。

洋梨は和梨とは違い、購入して数日置くことで実が柔らかく美味しくなります。

「追熟(ついじゅく)」というのですが、紙袋に入れて15~20度の室内で2日ほど待ちましょう。熟したら冷蔵庫で2時間程度冷やしてからいただくと、甘くとろける食感が。

お店で購入する際は、追熟が必要かどうかを確認するとより安心ですね。

美味しさを食べ比べ

関連記事:梨(なし)の花言葉と名前の由来!二十世紀梨の名前の由来は?

はシャリシャリした食感と、甘くジューシーな果肉が楽しめる果物。しかし品種によってはやらかな食感が味わえたり、さっぱりとした果肉が楽しめるのもあり多彩いろいろです。

柔らかく甘い食感の幸水に、酸味と甘味のバランスが良い豊水。
シャキシャキとさっぱりしている二十世紀梨に、濃厚でとろける食感のラ・フランス。

どれも美味しい梨ですので、食欲の秋には、ぜひ食べ比べて違いを楽しみたいですね