ビジネスでの同意

会人となって戸惑うことの一つに、日常ではあまり使うことのないビジネス用語があります。

ビジネス用語の中には横文字も多く、また意味がわかりそうな言葉でも独自の意味を持つものも。しかし意味が理解できないままだと、仕事が成り立たないこともありえますよね。

そんなビジネス用語の一つに「ファクト」というものが。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、ビジネスでどんな使われ方をするのかぜひ知っておきたいところです。

そんなファクトの意味やビジネスシーンにおいての使い方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ファクトとは?意味は?

事実

ファクトとは英語で「fact」とつづり、その意味は次の通りです。

  • 事実
  • 実際に起きた出来事
  • 理論や推論に対する事実
  • 現実
  • 内情、真相

いずれも似たような意味ですが、語られる物事や出来事に対して本当の事であるとする時、また確証がとれたものであることを表現する時に、ファクトは用いられます。

ビジネスでの打ち合わせ

ビジネスシーンにおけるファクトは?

ビジネスシーンでファクトが使われる場合は、次の意味となります。

(業務・職務上の事柄に対する)事実

本来の意味と似ていますが、意味合いとしては仕事上における事柄に対して事実かどうかを表す言葉になります。

ビジネスシーンにおいては、時として相手方が嘘や誇張を混ぜた話を持ちかけてくることもあります。本人にはそういった意図がなかったとしても、知らず知らず話を膨らませてしまうことも。

また、誠実であることや、現状をありのままに伝えていても相手が信じてくれないこともあるでしょう。

そういった時に「ファクト」という言葉で、事実であると伝える時に用いられます。

スポンサーリンク

ビジネスシーンでのファクトの使い方

このことは「事実」である

ビジネスシーンでは、次のようにファクトを使うと便利です。

  • 余計な情報は挟まず、ファクトな情報だけ渡すようにしてください。
  • 都合が良いと思うかも知れませんが、当社の計画案はすべてファクトに基づいたものですよ。

上での使い方は、不必要な情報を含まない本当の情報だけが欲しいという表現として。下での使い方は、嘘偽りのない情報を元に計画を立てていると表現しているんですよ。

ファクトという言葉を使わずに、日本語で「事実」と表現したほうが、相手によっては伝わりやすいこともあるかも知れません。しかしビジネス用語をはさめることで、より相手に強くその部分を印象づけることもできます

嘘は挟まず本当のことであると強調したい時に使えば、より効果的ですね。

ビジネス会議で

ファクトベース

ファクトだけでは表現しにくい場合は、「ファクトベース」という言葉を使うとより便利です。

ファクトベースとは、「事実にもとづいて」という意味。ファクト単体で使うよりも便利な言葉なので、上手に活用したいですね。

  • ファクトベースの計画に変更した上で、再提出を求められた。
  • あまりに回りくどい言い方に、思わず「ファクトベースで話してくれ」と言ってしまった。
  • 大切なのは希望的観測をはさまず、ファクトベースで考えることだ。

プロジェクトなどで重要なのは、きちんとした計画を立ててすすめること。また取引でも事実確認は重要で、適当な事を言う人は信用できず相手にされません。

嘘や誇張による駆け引きも時には重要ですが、余計な時間と手間がかかってしまうことに。

そういった状況にならないためにも、大事なプロジェクトや会議などでは「ファクトベースであること」を強調・確認したいですね。

ロジカルシンキングとファクト

ビジネスシーンでは、一貫して筋の通った理論的な思考が必要とされる場面があります。

例えば、憶測や推測で話さず、しっかりとした事実に基づいて導き出される結果のみを提示するというもの。

そういったものの考え方を「ロジカルシンキング」といいますが、そこでは「ファクトベース」が重要となります。

相手方から「ファクトベースで」と言われた場合、こちらに求められるのは理論的な思考。例え相手にとって都合の悪い結論となったとしても、事実に基づいた思考であるので問題ありません。

また、こちらから相手にファクトベースを求める場合は、その相手がロジカルシンキングを行っているか確認することも重要です。

少しでも誇張や推論が混ざっているようなら、必ず「ファクトかどうか」の確認を行うようにしましょう。

ビジネスでは一貫した事実を

本語はあいまいな表現が多くあり、あいまいなまま話が進んでしまうことがあります。あるいは相手を持ち上げるために、誇張した表現や多少の嘘が混ざることも。

しかしそういった曖昧さや誇張した要素は後々に問題になるばかりか、ビジネスチャンスをつぶす結果になる事もありえます。

自分から相手に提案する時も相手から提案を受けた場合も、事実のみを受け取れるようにしたいですね。

「事実」を強調するために「ファクト」「ファクトベース」という言葉を使い、より誠実に仕事を行いませんか?