合が悪いときや怪我をしたときにお世話になる病院では、様々な方が働いています。

その中でも特に患者との接することが多いのが、「白衣の天使」とも呼ばれるナースの皆さん。体調が悪くて心が弱っているときに、さり気なくサポートしてくれる姿は本当に頼もしいですよね。

ところで、以前は病院で従事されているナースのことを看護婦と呼んでいましたが、今は「看護師」なのか「看護士」なのかどっち?と疑問に思うことはありませんか?

男性で従事している方はどう呼ぶのかも気になりますね。

そこで今回は、看護士と看護師の違いや、准看護師との違いについてご紹介しますのでぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

看護士とは

かつての男性ナースの呼び方

看護士は「かんごし」と読み、男性のナースを指す言葉として定義されていました。

かつてナースは「保健婦助産婦看護婦法」という法律において、「看護婦」という名称を使用。しかし「婦」と女性を指す言葉を使用していることから、男性ナースには使いづらい言葉となっていました。

そこで男性ナースを指す言葉として、1968年(昭和43年)に「看護士」という名称が登場。

  • 女性を看護婦
  • 男性を看護士

として使い分けていたんですよ。

しかし「保健婦助産婦看護婦法」が、2002年(平成14年)に「保健師助産師看護師法」に改正。この時に看護婦と看護士という名称が廃止されたため、現在は使用されない言葉となりました。

看護師とは

医療に携わる国家資格

看護師とは「看護婦」「看護士」に変わる名称として、2002年(平成14年)に定義されたもの。「保健師助産師看護師法」で定められた、資格を持つ人を指す言葉として使われます。

ここでは性別を問わず、一律で「看護師(かんごし)」という名称を使用しています

「看護師」は看護学校などで一定期間学んだ後に、国家試験に合格する必要がある国家資格。そのため医師と同様に、免許を取得しないと業務に就くことができない職業です。

業務内容は医療や福祉の現場において、医師の診察の補助や患者・障害者などのお世話を行うというもの。また病気の予防や健康維持を行うために、患者に指導などを行う医療従事者としています。

医師のアシスタントのようなイメージが強いかもしれませんが、看護師は医師同様にプロフェッショナルな職業なんですよ。

スポンサーリンク

看護士と看護師はどちらが正しいのか?

正しくは「看護師」

「看護士」と「看護師」の名称ですが、現在使うのであれば「看護師」が正しい名称となります。

看護士はかつての名称で、しかも男性ナースに対して使う言葉。女性ナースに対して使う言葉ではありませんし、現在の法律では男性ナースに対しても使用していません。

また「看護婦」も女性限定のイメージが強いということで、現在は使用されていません。

看護師の名称が使われるようになったのは2002年からで、それまでは看護婦・看護士が一般的。現在も「看護婦さん」と言うことがありますが、女性・男性にかわからず「看護師さん」と呼ぶのが正しいということですね。

勝手に名乗ってはいけない

ちなみに「看護師」は国家資格のため、無資格者が名乗ることは法律で禁止されています

また「看護婦」「看護士」「看護者」のような、似たような名称を名乗って医療業務を行うことも禁止です。

まれに介護経験がある人や介護の資格を持っている人が、履歴書や職歴に「看護師」と書くことが。しかしこれは法律違反となるため、書かないように注意してくださいね!

ちなみに看護師と准看護師の違いは?

准看護師とは

看護師にはいくつか種類があり、

  • 正看護師
  • 専門看護師
  • 認定看護師
  • 准看護師

などが存在します。

この中の「准看護師」ですが、実は国家資格ではありません。

准看護師とは専門学校や高校などで一定期間教育を受け、都道府県の受験に合格した人のこと。

  • 看護師(正看護師)は国が認める国家資格
  • 准看護師は都道府県が認める資格

となります。

准看護師は戦後の看護婦不足を補うために、誕生した経緯があります。そのため業務内容は基本的には看護師と同じで、中には看護師以上の知識と経験を持つ人も。

しかし給与などの待遇においては、国家資格である看護師の方が高待遇なこともあります。そのため准看護師の資格を持つ方が、改めて看護師の資格を取得することも多いんですね。

看護師にも歴史あり

ナースと言われると現在でも、「ナース服をまとった女性」というイメージが強いかもしれませんね。

しかし現在は男性の看護師も活躍していますし、看護服も機能的なものが増えています。そして男性も女性も医療の現場に携わるということで、現在法律上では「看護婦」「看護士」という名称は廃止されています。

男性も女性も一律に「看護師」という名称が使われているということですね。

病院でよくお世話になる看護師さんにも歴史があることを覚えておきたいですね!