明治・大正・昭和・平成

平成31年(2019年)5月1日より、平成に変わって新しい年号が使われることになります。新しい年号のことを考えると、平成31年度の書類を作る時に悩むこともありますよね。

過去には昭和・大正・明治・・などの名前がつけられていた年号ですが、「元号」という呼び方をすることもあります。

この年号と元号の違いはどこにあるのでしょうか?また何故今も日本で元号が使われているのでしょう?

そんな気になる、年号・元号について、

  • 元号と年号の違い
  • 元号(年号)を使っている国は他にもあるのか
  • 日本が西暦と元号(年号)を使い分けている理由
  • 日本の全年号(元号)一覧

…といった内容でまとめまてみました。

スポンサーリンク

年号と元号の違いは?

新元号

元号とは?

元号(げんごう)とは古代中国で誕生した、「紀年法」と呼ばれる年の数え方の一つです。

紀年法とはある一点をはじまりとして、そこから何年経過したかという年の数え方のこと。日本の元号に関しては、新しい天皇陛下が即位した年から数え始めるものとなっています。

そのため、日本の元号の特徴は1年の途中で変わることがあるということ。

近代にの過去3つの元号についても、

  • 平成元年は、1月8日から
  • 昭和元年は、12月25日から
  • 大正元年は、7月30日から

始まりました。

昭和元年は12月末からなので、1週間しか無かったんですね。

今回の平成から次の元号に変わる場合も、新天皇陛下の即位は5月1日からなので、

  • 4月30日までは「平成31年」
  • 5月1日からは「(新元号)の元年」

となります。

年号とは?

年号(ねんごう)とは古代中国で誕生した、「紀年法」と呼ばれる年の数え方の一つです。こう聞くと、「元号と同じでは?」と思いますよね。

実は元号と年号は同じものなんです。

ただし専門家の解釈や時代による違いなどで、使い分けることがあります。

年号と元号の違いや使い分けについて

元号

年号と元号は同じものですが、次のような使い分けをすることがあります

◎江戸時代までは「年号」・明治以降は「元号」とするもの

明治より前の時代は、天皇陛下の即位以外の理由で年号は変わることがよくありました。しかし明治以降は、天皇在位中は同じ年号(元号)が使われることに。

その違いを区別するために、

  • 江戸時代までは「年号」
  • 明治以降は「元号」

とする場合があります。

◎特定の年を指す場合は年号で、時代全体を指す場合は元号

  • 特定の年を指す場合は「年号」
  • 時代全体を指す場合は「元号」

という考え方です。

例えば、「平成30年」と特定の年を元号(年号)で表す場合は、年なので「年号」を。「平成に入ってから・・」というように特定の年号(元号)全体を表す場合は、「元号」を使うことがあるということです。

・・・とは言え、これら2つの使い分けも、厳密に使われているものではありません。

年号と元号は基本的に同じ意味であり、どちらを使っても間違いではありません。言いやすさや文章に合わせて使いたいですね。

スポンサーリンク

元号(年号)を使っている国は他にある?

中国では?

古代中国で誕生した元号(年号)は、国が別れて争う時代でもそれぞれ名乗り続けて来ました。

例えば、三国志の時代では、魏・蜀・呉それぞれの国で独自の元号が。その後も長く元号は使われ続けましたが、1911年の中華民国成立をもって元号は使われなくなりました

ただし中華民国が成立した1912年を元年とする、「中華民国(民国)」という元号が使用された時期もあります。台湾などの一部地域では今でも「民国」という元号を使うことがありますが、現在は元号は廃止されています。

韓国・北朝鮮・ベトナムでは?

朝鮮半島では、三国統一後の新羅の時代に650年まで独自の元号(年号)を、その後は中国(唐)の元号を使ってたという記録が残っています。その後独自の元号を使っていた時代もありましたが、現在は韓国・北朝鮮共に、厳密な意味で元号は使用していません。

その他の国では、ベトナムが独自の元号を使用していた歴史があります。ただし1945年を最後に、それ以後は使用されていません。

実は元号という制度を国として採用しているのは、現在では日本だけなんですね。

日本は西暦と年号(元号)を使い分けている理由

西暦とは

現在日本では、平成などの「元号・年号」の他に「西暦」も使用しています。

西暦(せいれき)は、キリストが誕生したとされる年を元年とした紀年法の一つ。正式には「キリスト紀元」というものです。

6世紀(西暦525年)にローマで考案されましたが、ヨーロッパで普及し始めたのは9世紀以降。現在では「西暦」は世界的に使われるようになりましたね。

なぜ西暦とは別に年号を使い分けているのか

日本で現在も元号(年号)を使用しているのは、元号法という法律があるからです。

元号法

明治以前はよく変わった元号ですが、明治時代以降は天皇在位中は同じ元号を使うことに。これは昭和時代も同じでしたが、1945年に終戦を迎え、国の体制が変わった際に元号の法律根拠が消えてしまいます。

この時に、元号そのものを廃止する話もあったのですが、結局はそのままに。そして「元号法」という法律が1979年(昭和54年)に制定され、以下の内容が取り決められました。

昭和五十四年法律第四十三号
元号法
1 元号は、政令で定める。
2 元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。
附 則
1 この法律は、公布の日から施行する。
2 昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。

この「元号法」が制定されたその際に、改めて天皇在位中は同じ元号を使うことになりました。

現在は皇位継承が行われた際にだけ、法律に基づいて内閣により新しい元号を決定しているんですね。

スポンサーリンク

日本の全元号(年号)一覧

最後に飛鳥時代から近代まで、日本の全元号(年号)の一覧を表にまとめましたので、参考にしてみてください。

時代 元号(年号) 読み 西暦の年代
飛鳥時代 大化 たいか 645 – 650
白雉 はくち 650 – 654
(年号無し) 654 – 686
朱鳥 しゅちょう/すちょう/あかみどり 686 – 686
(年号無し) 686 – 701
大宝 たいほう/だいほう 701 – 704
慶雲 けいうん/きょううん 704 – 708
和銅 わどう 708 – 715
奈良時代 霊亀 れいき 715 – 717
養老 ようろう 717 – 724
神亀 じんき 724 – 729
天平 てんぴょう 729 – 749
天平感宝 てんぴょうかんぽう 749 – 749
天平勝宝 てんぴょうしょうほう 749 – 757
天平宝字 てんぴょうほうじ 757 – 765
天平神護 てんぴょうじんご 765 – 767
神護景雲 じんごけいうん 767 – 770
宝亀 ほうき 770 – 781
天応 てんおう/てんのう 781 – 782
延暦 えんりゃく 782 – 806
平安時代 大同 だいどう 806 – 810
弘仁 こうにん 810 – 824
天長 てんちょう 824 – 834
承和 じょうわ/しょうわ 834 – 848
嘉祥 かしょう/かじょう 848 – 851
仁寿 にんじゅ 851 – 854
斉衡 さいこう 854 – 857
天安 てんあん/てんなん 857 – 859
貞観 じょうがん 859 – 877
元慶 がんぎょう 877 – 885
仁和 にんな/にんわ 885 – 889
寛平 かんぴょう/かんぺい/かんへい 889 – 898
昌泰 しょうたい 898 – 901
延喜 えんぎ 901 – 923
延長 えんちょう 923 – 931
承平 じょうへい/しょうへい 931 – 938
天慶 てんぎょう/てんきょう 938 – 947
天暦 てんりゃく 947 – 957
天徳 てんとく 957 – 961
応和 おうわ 961 – 964
康保 こうほう 964 – 968
安和 あんな/あんわ 968 – 970
天禄 てんろく 970 – 974
天延 てんえん 974 – 976
貞元 じょうげん 976 – 978
天元 てんげん 978 – 983
永観 えいかん 983 – 985
寛和 かんな/かんわ 985 – 987
永延 えいえん 987 – 989
永祚 えいそ 989 – 990
正暦 しょうりゃく 990 – 995
長徳 ちょうとく 995 – 999
長保 ちょうほう 999 – 1004
寛弘 かんこう 1004 – 1013
長和 ちょうわ 1013 – 1017
寛仁 かんにん 1017 – 1021
治安 じあん 1021 – 1024
万寿 まんじゅ 1024 – 1028
長元 ちょうげん 1028 – 1037
長暦 ちょうりゃく 1037 – 1040
長久 ちょうきゅう 1040 – 1044
寛徳 かんとく 1044 – 1046
永承 えいしょう/えいじょう 1046 – 1053
天喜 てんき/てんぎ 1053 – 1058
康平 こうへい 1058 – 1065
治暦 じりゃく 1065 – 1069
延久 えんきゅう 1069 – 1074
承保 じょうほう/しょうほう 1074 – 1077
承暦 じょうりゃく/しょうりゃく 1077 – 1081
永保 えいほう 1081 – 1084
応徳 おうとく 1084 – 1087
寛治 かんじ 1087 – 1095
嘉保 かほう 1095 – 1097
永長 えいちょう 1097 – 1097
承徳 じょうとく/しょうとく 1097 – 1099
康和 こうわ 1099 – 1104
長治 ちょうじ 1104 – 1106
嘉承 かしょう/かじょう 1106 – 1108
天仁 てんにん 1108 – 1110
天永 てんえい 1110 – 1113
永久 えいきゅう 1113 – 1118
元永 げんえい 1118 – 1120
保安 ほうあん 1120 – 1124
天治 てんじ 1124 – 1126
大治 だいじ 1126 – 1131
天承 てんしょう/てんじょう 1131 – 1132
長承 ちょうしょう 1132 – 1135
保延 ほうえん 1135 – 1141
永治 えいじ 1141 – 1142
康治 こうじ 1142 – 1144
天養 てんよう 1144 – 1145
久安 きゅうあん 1145 – 1151
仁平 にんぺい/にんぴょう 1151 – 1154
久寿 きゅうじゅ 1154 – 1156
保元 ほうげん 1156 – 1159
平治 へいじ 1159 – 1160
永暦 えいりゃく 1160 – 1161
応保 おうほう/おうほ 1161 – 1163
長寛 ちょうかん 1163 – 1165
永万 えいまん 1165 – 1166
仁安 にんあん 1166 – 1169
嘉応 かおう 1169 – 1171
承安 しょうあん 1171 – 1175
安元 あんげん 1175 – 1177
治承 じしょう 1177 – 1181
養和 ようわ 1181 – 1182
寿永 じゅえい 1182 – 1184
元暦 げんりゃく 1184 – 1185
鎌倉時代 文治 ぶんじ 1185 – 1190
建久 けんきゅう 1190 – 1199
正治 しょうじ 1199 – 1201
建仁 けんにん 1201 – 1204
元久 げんきゅう 1204 – 1206
建永 けんえい 1206 – 1207
承元 じょうげん 1207 – 1211
建暦 けんりゃく 1211 – 1214
建保 けんぽう 1214 – 1219
承久 じょうきゅう 1219 – 1222
貞応 じょうおう 1222 – 1224
元仁 げんにん 1224 – 1225
嘉禄 かろく 1225 – 1228
安貞 あんてい 1228 – 1229
寛喜 かんき 1229 – 1232
貞永 じょうえい 1232 – 1233
天福 てんぷく 1233 – 1234
文暦 ぶんりゃく 1234 – 1235
嘉禎 かてい 1235 – 1238
暦仁 りゃくにん 1238 – 1239
延応 えんおう 1239 – 1240
仁治 にんじ 1240 – 1243
寛元 かんげん 1243 – 1247
宝治 ほうじ 1247 – 1249
建長 けんちょう 1249 – 1256
康元 こうげん 1256 – 1257
正嘉 しょうか 1257 – 1259
正元 しょうげん 1259 – 1260
文応 ぶんおう 1260 – 1261
弘長 こうちょう 1261 – 1264
文永 ぶんえい 1264 – 1275
建治 けんじ 1275 – 1278
弘安 こうあん 1278 – 1288
正応 しょうおう 1288 – 1293
永仁 えいにん 1293 – 1299
正安 しょうあん 1299 – 1302
乾元 けんげん 1302 – 1303
嘉元 かげん 1303 – 1307
徳治 とくじ 1307 – 1308
延慶 えんきょう 1308 – 1311
応長 おうちょう 1311 – 1312
正和 しょうわ 1312 – 1317
文保 ぶんぽう 1317 – 1319
元応 げんおう 1319 – 1321
元亨 げんこう 1321 – 1324
正中 しょうちゅう 1324 – 1326
嘉暦 かりゃく 1326 – 1329
鎌倉時代
(大覚寺統)
元徳 げんとく 1329 – 1331
元弘 げんこう 1331 – 1334
鎌倉時代
(持明院統)
元徳 げんとく 1329 – 1332
正慶 しょうきょう/しょうけい 1332 – 1333
室町時代
(南朝)

*室町幕府は
1336年〜
建武 けんむ 1334 – 1336
延元 えんげん 1336 – 1340
興国 こうこく 1340 – 1347
正平 しょうへい 1347 – 1370
建徳 けんとく 1370 – 1372
文中 ぶんちゅう 1372 – 1375
天授 てんじゅ 1375 – 1381
弘和 こうわ 1381 – 1384
元中 げんちゅう 1384 – 1392
室町時代
(北朝)

*室町幕府は
1336年〜
建武 けんむ 1334 – 1338
暦応 りゃくおう/れきおう 1338 – 1342
康永 こうえい 1342 – 1345
貞和 じょうわ/ていわ 1345 – 1350
観応 かんのう/かんおう 1350 – 1352
文和 ぶんな/ぶんわ 1352 – 1356
延文 えんぶん 1356 – 1361
康安 こうあん 1361 – 1362
貞治 じょうじ/ていじ 1362 – 1368
応安 おうあん 1368 – 1375
永和 えいわ 1375 – 1379
康暦 こうりゃく 1379 – 1381
永徳 えいとく 1381 – 1384
至徳 しとく 1384 – 1387
嘉慶 かきょう/かけい 1387 – 1389
康応 こうおう 1389 – 1390
明徳 めいとく 1390 – 1394
室町時代
(南北朝合一後)
応永 おうえい 1394 – 1428
正長 しょうちょう 1428 – 1429
永享 えいきょう 1429 – 1441
嘉吉 かきつ 1441 – 1444
文安 ぶんあん 1444 – 1449
宝徳 ほうとく 1449 – 1452
享徳 きょうとく 1452 – 1455
康正 こうしょう 1455 – 1457
長禄 ちょうろく 1457 – 1461
寛正 かんしょう 1461 – 1466
文正 ぶんしょう 1466 – 1467
室町時代
(戦国時代)
応仁 おうにん 1467 – 1469
文明 ぶんめい 1469 – 1487
長享 ちょうきょう 1487 – 1489
延徳 えんとく 1489 – 1492
明応 めいおう 1492 – 1501
文亀 ぶんき 1501 – 1504
永正 えいしょう 1504 – 1521
大永 だいえい 1521 – 1528
享禄 きょうろく 1528 – 1532
天文 てんぶん 1532 – 1555
弘治 こうじ 1555 – 1558
永禄 えいろく 1558 – 1570
元亀 げんき 1570 – 1573
安土桃山時代 天正 てんしょう 1573 – 1593
文禄 ぶんろく 1593 – 1596
慶長 けいちょう 1596 – 1615
江戸時代 元和 げんな 1615 – 1624
寛永 かんえい 1624 – 1645
正保 しょうほう 1645 – 1648
慶安 けいあん 1648 – 1652
承応 じょうおう 1652 – 1655
明暦 めいれき 1655 – 1658
万治 まんじ 1658 – 1661
寛文 かんぶん 1661 – 1673
延宝 えんぽう 1673 – 1681
天和 てんな 1681 – 1684
貞享 じょうきょう 1684 – 1688
元禄 げんろく 1688 – 1704
宝永 ほうえい 1704 – 1711
正徳 しょうとく 1711 – 1716
享保 きょうほう 1716 – 1736
元文 げんぶん 1736 – 1741
寛保 かんぽう 1741 – 1744
延享 えんきょう 1744 – 1748
寛延 かんえん 1748 – 1751
宝暦 ほうれき 1751 – 1764
明和 めいわ 1764 – 1772
安永 あんえい 1772 – 1781
天明 てんめい 1781 – 1789
寛政 かんせい 1789 – 1801
享和 きょうわ 1801 – 1804
文化 ぶんか 1804 – 1818
文政 ぶんせい 1818 – 1831
天保 てんぽう 1831 – 1845
弘化 こうか 1845 – 1848
嘉永 かえい 1848 – 1855
安政 あんせい 1855 – 1860
万延 まんえん 1860 – 1861
文久 ぶんきゅう 1861 – 1864
元治 げんじ 1864 – 1865
慶応 けいおう 1865 – 1868
近代・現代 明治 めいじ 1868 – 1912
大正 たいしょう 1912 – 1926
昭和 しょうわ 1926 – 1989
平成 へいせい 1989 – 2019
(未定) 2019 –

平成、そして…

【関連記事】
天皇誕生日2019年はどうなるの?新たな祝日の動きは?

2019年5月1日より新しい元号に変わるため、準備が大変だという声も聞かれます。また急に元号で何年と聞かれた時に、とっさに答えられないこともよくあります。

世界的に見れば元号・年号を使うのは日本だけで、使う際に少し面倒に感じることもあるかもしれません。しかしその歴史はとても長く、珍しいからこそ残しておくのも素敵かも知れませんね。

平成の次の年号がどうなるかはわかりませんが、今から予想を立てながら待ちませんか?