日のファッションで重宝するジーンズは、クローゼットに1本はあるのではないでしょうか。

手軽に購入できるジーンズは、一方でしっかりしたものを購入しようとすると意外と大変です。

サイズ表記がセンチではなかったり、同じ表記なのにメーカーで大きさが違ったり。デザインの違いでも履きごこちが違ってきますし、どう選べばピッタリの1本が手に入るのでしょうか。

そこで今回は、ジーンズの主な種類と、サイズ・選び方についてまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

ジーンズの種類には何があるの?

ストレート

ストレートジーンズは、シルエットが一直線になるように作られたジーンズのこと。

ジーンズの基本とも言えるデザインは、年齢・性別を問わず使いやすいので1本は欲しいですね。

ストレートジーンスには、太さやデザインでいくつか種類があります。

テーパードストレート

太腿から膝までは同じ太さですが、膝から裾へ細くなるデザイン。スッキリまとまるのに履きやすいため、特にコーデで使いやすいものとなります。

ルーズストレート

全体にゆったりしたシルエットで、腰履きしたい時に重宝するジーンズ。またスポーツマンなどの、太腿が張った体型の方にも履きやすいジーンとなります。

パイプドステム

他のデザインは一直線と言っても、少し太さを変えている部分。

しかしこのタイプは、太ももから裾まで一切太さが変わりません。履いてみると、裾が少し広がった印象となります。

スキニージーンズ

スキニージーンズは、一時期大流行した、肌にぴったりフィットしたデザインのジーンズです。

フィット感を出すのに柔らかい素材を使うため、ジーンズのゴワゴワ感が苦手な方にオススメ。またジーンズの中では最も細いデザインなので、足長に見せる効果が。

きれいめコーデに合わせると、全体的な印象が軽やかになりますよ。

ブーツカット

ブーツカットは、膝に向かって一度緩やかに絞られ、そこから裾に向かって緩やかに太くなるデザイン

脚長効果がありながらスキニーよりも履きやすいので、フィット感が苦手な方にオススメです。

履き方のポイントとしては、ブーツを合わせた場合は裾を入れないこと。ブーツの外で揺れる裾こそが、ブーツカットの魅力となります。

ボーイフレンドジーンズ

ボーイフレンドジーンズは、「彼氏から借りたジーンズ」というコンセプトの、大きめで緩やかなシルエットのジーンズ。

腰履きにしたり裾をロールアップすることで、ボーイッシュな印象を作りだせます。

かわいい印象にもなりますが、カジュアル感が強いので場面を選んで履きましょう。

ジーンズのサイズの選び方

単位は「インチ」

ジーンズ選びで一番悩むのが、サイズ表記ではないでしょうか。お店によっては「センチ」表記ではなく、「インチ」と言う表記を使っていることがあるからです。

インチはジーンズ発祥の地・アメリカで主に使われている、長さの単位。簡単な比較を出しますので、インチでの自分のサイズを覚えておきましょう。

センチ 56 58 61 63 66 69 71 73 76
インチ 26 27 28 29 30 31 32 33 34

※レディース向けジーンズのウエストのサイズ比較になります。

ただし、ヒップサイズとのバランスもありますし、メーカーによって微妙に大きさの違いはあります。実際に履いてみて、フィット感を確認しましょう。

スポンサーリンク

ジーンズは伸びて縮む

自分に合うサイズを見つけたら、実際に試着してみましょう!

ジーンズを選ぶ際に、フィット感が気になって少しゆるめのものを選んでいませんか?

実はジーンズは履いているうちに伸びる特性があり、緩めで選ぶとだらしないシルエットに。ウエストに関してはピッタリか、少しだけきついと感じるぐらいが調度良いサイズとなります。

また、太腿は立った状態でゆとりがあると、少しだらしない印象となるので張り感を大切にしましょう。

なお、履いていると緩んでくるジーンズですが、コットン100%のものは洗うと多少縮みます。履いて伸びて洗って縮むを繰り返すうちに、自分の体に馴染んでいくのもジーンズの楽しみと言えますね。

長い裾は切ってもらおう

ウエスト・太腿で合わせてサイズを決めると、裾が足より長くなる場合があります。

ロールアップするのもかわいいですし、裾をクシュっとするのも確かにオシャレ。

しかしロールアップ時の生地の量が多いと、足元が野暮ったい印象に。裾が長すぎると地面に引きずってしまうため、靴を履いて引きずらない長さに切ってもらいましょう

使いやすいジーンズを

ジーンズはコーディネイトのメインに据えやすく、何本あっても困らないアイテムです。ピッタリとしたスキニーや、脚長に見えるブーツカットなどデザインが豊富なのも人気の秘密。

ただしサイズがわかりづらいこともありますが、まずは試着してサイズを確認することが大事

その上で履き心地の良い一本を見つけて、長く愛用したいですね。

手持ちのアイテムを思い浮かべながら、履きやすくて使いやすい自分に合ったジーンズを見つけましょう!