で飲んでいるドリンクを、外出時や職場でも飲みたい時に便利なのが水筒

特にステンレス製の水筒は、長時間温度をキープしてくれるためいつでも飲み頃に。

しかし毎日使っていると気になるのが、水筒の汚れと臭いです。洗ったつもりでも臭いが残ったり、気がついたら茶渋で内部がすごいことに…。

そこで臭いも汚れもすっきり落とす、ステンレス製の水筒のきれいな洗い方を紹介します!

スポンサーリンク

水筒を洗う時のポイント

waterbottlewash1

柄の長いスポンジを

水筒を洗うときには、食器を洗う四角いスポンジよりも、柄の付いたスポンジを使うと効果的。

特に飲み口の幅が狭いタイプですと、奥までスポンジが届かないことがあるからです。

またスポンジの目が荒いものは、汚れが落としやすい反面、傷をつけてしまうことも。程よい硬さで底まで届く長さの柄の付いたスポンジで、中性洗剤を付けて洗いましょう。

クレンザーや重曹はNG

こびりついた汚れを落とすのに、クレンザーや重曹を使っていませんか?

たしかにクレンザーなどをつけて洗うと、茶渋などがよく落ちます。しかしこの方法は汚れも落ちる以上に、ステンレスに細かな傷をつけてしまうことが。傷がついてしまうと汚れや臭いがつきやすくなり、結果的に汚れがつきやすくなってしまうのです。

また内部のステンレスに傷がつくと、腐食してしまい、成分が飲み物に溶け出すことがあります。こうなった状態の飲み物を口にすると、ややもすると吐き気やめまいなどの症状もおきかねません。

体に悪影響を及ぼす危険があるため、ステンレスを傷つけるような洗い方はやめましょう

洗ったらきちんと乾燥

洗った後の水筒は、きちんと乾燥させていますか?

実は内部が湿ったままだと、せっかく洗っても雑菌が繁殖しやすい環境に。そんな状態で飲み物を入れると、飲み物が傷みやすくなってしまいます。

水筒を洗ったらきちんと乾燥させ、水気が残っていない状態で新しい飲み物を入れましょう。

スポンサーリンク

水筒の効果的な洗い方

茶渋と臭いには重曹

ステンレス内部を傷つけるため、重曹で茶渋をこするのはNGです。

しかし、次の方法ですと、ステンレスに傷をつけず重曹で臭いと茶渋が落とせます

1.水筒に60度ぐらいのお湯を八分目~九分目まで入れる。

2.小さじ1~大さじ1程度の重曹を、水筒に入れて蓋(ふた)をする。

3.軽く振って1時間ほど置き、中身を捨ててからスポンジで洗う。

4.汚れが落ちないようであれば、重曹と同量のクエン酸を加えて1~3を繰り返す。

重曹をお湯に溶かすと少量の炭酸ガスが発生するため、泡で茶渋が落ちやすくなります。

一方でお湯が泡立ちって吹き出し、やけどしてしまう危険も。

そのため、お湯は満杯にせず、余裕を残して入れましょう。同量のクエン酸を加えると、更に反応が強まるので気をつけてください。

ラップや卵の殻をシェイク

柄の長いスポンジが無いときや、重曹を切らしている時にしっかり洗いたい時。そんな時は丸めたラップと少量のぬるま湯・洗剤を入れてシェイクすると汚れが落ちやすくなります。

同様の方法として、砕いた卵の殻を使う方法も。

卵の殻もラっプも身近な素材ですので、汚れが気になる時にぜひ試してみましょう。

□水筒の中をきれいにする方法は卵の殻を使う

*3分20秒頃から、卵の殻で洗った結果が登場します!

パッキンと中栓の洗い方は

ボトルがきれいに洗えても、中栓やパッキンが汚れたままだと雑菌が繁殖してしまいます。

面倒でも分解して、パーツごとに洗いましょう

洗い方ですが、フタ付きの容器に、
・ぬるま湯
・分解したパーツ
・中性洗剤
を入れて蓋を閉めます。

この状態で容器ごと10回ほど振ると、普段の汚れがきれいに取れます。

1週間に一度、洗剤の代わりに重曹をしっかり溶かして30分ほど置くと頑固な茶渋もすっきり。

仕上げにスポンジでこすって洗い、しっかりすすいで乾燥させましょう。

もしパッキン部分にカビが生えていた場合は、取り除いても再びカビが生えることが。劣化も進んでいる可能性が高いので、新しいパッキンを取り寄せるなどして交換しましょう。

waterbottlewash2

漂白剤でスペシャル洗浄

重曹でも取れ切れない臭いや汚れがある時は、酸素系漂白剤につけて漂白

漬け置き時間は長くても1時間。後はスポンジで洗ってしっかり乾燥させましょう。

注意点として長く浸け置きすると、ステンレスボトルやパッキンのゴムが劣化する恐れがあること。また塩素系漂白剤を使用すると、やはり劣化する恐れがあるので使ってはいけません。

水筒専用の漂白剤も販売しているので、わからない時はこちらを使うと安心です。

きれいに洗って毎日おいしく

接口をつけることもある水筒は、油断すると雑菌や匂いがついてしまうことがあります。

飲み終えたらきちんと洗って乾燥させ、次に使うときにはきれいな状態にしたいもの。

細長い形状なので洗いづらい部分はありますが、柄の付いたスポンジを使えば隅々まで洗えます。茶渋や臭いもきちんと落とせますので、毎日違う飲み物を入れても匂い移りも気になりません。

水筒に美味しいドリンクを入れて飲んだら、きれいに洗って安心して使いたいですね!