tokyo station (4)

本の玄関口、東京駅。

遠方から行った方は、着いた時まずこの駅を見て「東京に来た!」と思いませんか?

12月は「東京駅の日」という日があるんですよ。

なぜその日ができたのか説明していきます。

スポンサーリンク
 

東京駅の日は12月18日

東京駅は、新橋駅と上野駅を結ぶ高架鉄道の建設が立案され、その中央に中央停車場が建設されました。

皇居の前に設定され、1914年(大正3年)12月18日に完成式が行われたので、この日が「東京駅の日」となりました。開業は2日後の20日。

意外と作られたのは遅かったんですね。

1日の列車の発着本数は約3000本で、プラットホームの数は日本で一番多く、日本を代表するターミナル駅です。

2003年には国の重要文化財に指定されていて、「関東の駅百選」にも認定されています。

丸の内駅舎の赤レンガ造りがとても雰囲気がありますもんね。

作られた当初の本来の姿に近い形に復元する工事が行われ、2012年10月に完成しました。500億という費用がかかったそうです!

まだ先のことですが、2024年(令和6年)に新しく作られる予定の一万円札の裏面には、丸の内駅舎が描かれるそうですよ!鉄道駅が紙幣にデザインされるのは初めてのことだそうで、ますます日本の玄関口としてのイメージがつきますね!。

スポンサーリンク

いろんなイベント

記念suica

2014年12月20日に開業100周年を迎え、JR西日本から記念suicaが発売され大人気でした。

限定1万5000枚のところに希望者が殺到し、結局は希望者全員に配られその枚数は427万枚になったそうです。

今後も記念の年には、何かしらの記念品が発売されるかもしれないので、要チェックです。

イルミネーション

tokyo station7

クリスマス付近の期間には、有楽町方面までイルミネーションが点灯される「東京ミチテラス」が行われ、冬ならではのロマンチックな雰囲気を味わえます。

東京ミチテラス近辺では、他のイルミネーションも行われていますので、仕事帰りに寄ってみたり、イルミネーション巡りをするのもいいですね。

東京駅の豆知識

霊安室がある

東京駅に「霊安室」があるのを知っていますか?

地上の第2自由通路付近に1室、地下2階に1室と2部屋もあるようです。

東京駅は利用者が多く、自殺や事故、病気などで利用者が亡くなることがあるからだそう。

通称「7号室」と呼ばれていて、職員たちは遺体を霊安室に運ぶ際、「7号室のお客さん」と呼ぶらしいですよ・・・

総理大臣が襲撃された場所がマーキングされている

過去に2回、総理大臣が襲撃される事件があり、第27代内閣総理大臣の濱口雄幸首相が銃撃された場所のタイルが一つだけ、模様の入ったタイルになっています。

もう1人、第19代内閣総理大臣の原敬首相が刺殺された場所も印がしてあるらしく、近くに詳細を書いたプレートが置いてあるので、気になった方は見てみてはどうでしょうか。

駅弁の種類がすごい

東京駅周辺で売られている駅弁は、全国各地から集められた1000種類もあるそうです!

何があるのか調べてから買わないと、電車に乗る前に買おうと思ったら、迷い過ぎて乗り過ごしてしまいそうです・・・

・駅弁屋 祭-200種類もの駅弁を販売しています。

・グランスタ-オシャレなお弁当が魅力。お土産も買える。

・大丸東京店-改札からは出てしまうが、お弁当だけではなくスイーツも豊富にあるので、時間に余裕がある時はこちらも要チェック!

□グランスタ東京(東京駅エキナカ商業施設)

東京駅に行ってみよう!

tokyo station6
外観だけでも見に行く価値のある東京駅。

歴史があるので、知らないことが意外とありました。

立ち寄った時に意識して歩いてみると、別の楽しみ方ができそうですね!

お土産はみんながよろこぶ 東京たまごがわたし個人的にイチオシです。

 

東京たまごファンにはたまらない「すいーとぽてたまご」版もあるんですよ!

 

観光、歴史探索、お土産探し、夜景など、東京駅そのものを目的に行ってみるのもいいかもしれませんね。