肌の調子良くない時には、もつ(ホルモン)が効果的という話をよく聞きます。

ニラやキャベツと共に、醤油味やみそ味に仕立てたもつ鍋や、甘辛く煮付けたもつ煮は美味しいですよね。

あるいは塩やタレで味付けしたホルモン焼きは、ついお酒が進む一品です。

ところで美容に良いと言われる「もつ」ですが、栄養面でどのように効果があるのでしょか。

美味しい「もつ」の栄養効果と、美容に与える影響、そしてカロリーについてもまとめてご紹介します!

スポンサーリンク

もつの栄養効果は?

もつとは

もつ(ホルモン)とは、食肉用の動物の内臓部分の事を指します。

もつは「臓物(ぞうもつ)」が語源とも言われ、ホルモンは「放るもん(捨てるの関西弁)」が語源とのこと。広い意味では食べられる内臓を指しますが、もつといった場合は小腸・大腸を差すことが多いです。

with1

もつの栄養は

もつはロースやバラ肉などの精肉に比べ、ビタミン類を豊富に含みます

特に疲労回復に効果のあるビタミンB群や、皮膚や粘膜を丈夫にするビタミンAがたっぷり。ビタミンB群のなかではビタミンB12が豊富で、1日の必要量がまかなえるほど。

ビタミン以外にも鉄分・亜鉛といった、ミネラル分必須アミノ酸がもつには含まれています。

鉄分は貧血予防には欠かせない成分で、精肉ではなかなか取れない成分。亜鉛は子供ができやすくなる効果があり、免疫力アップにも欠かせない成分です。

そしてなによりモツに含まれる成分で有名なのが、コラーゲンではないでしょうか。

コラーゲンはお肌に含まれる成分で、お肌の水分保持と若々しさを保つ効果が。お肌を健康的に導く成分ですので、肌荒れに悩む方にもつは効果的なんですよ。

牛と豚では違いはあるの?

もつ鍋に使われるもつは、ほとんどが

牛肉文化が根強い関西では牛もつを、豚肉文化の関東では豚もつを使うことが多いです。

栄養面で牛もつと豚もつを比べた場合、次のような違いがあります。

□牛もつ
ビタミン類が豚もつよりもやや豊富で、カロリーが控えめ。

豚もつには含まれない、ビタミンCを含む部位がある。

□豚もつ
鉄分・亜鉛などのミネラル分が、牛もつよりもやや豊富。

どちらを食べてもさほど違いはありませんが、
・貧血気味なら豚もつ
・疲労回復なら牛もつ

を選びましょう。

ちなみに鶏のモツは焼き鳥で食べるが多く、煮込み料理ですと山梨のメ「甲州鳥もつ煮」が有名です。

プリン体には要注意

もつを食べる時に気をつけて欲しいのが、プリン体の存在。

プリン体とは痛風の原因となる尿酸を生み出す物質で、もつには精肉と比べると少し多め。もつだけを大量に食べ続けることはありえませんが、食べ過ぎには気をつけましょう。

スポンサーリンク

もつの美容効果とは

コラーゲンたっぷり…だけど

もつがもたらす美容効果で一番期待したいのが、コラーゲンによる美肌効果

コラーゲンはお肌のハリとうるおいに必要なものですが、実はもつだけ食べても効果は得られません。というのもコラーゲンをお肌に取り込むには、他の栄養素も必要となるからです。

コラーゲンが効率良く働くためには、アミノ酸・ビタミンCが必要です

このうちビタミンCは牛もつにも含まれていますが、野菜などで補うのがベスト。その点もつ鍋はビタミンCを含むニラ・キャベツも食べられるので、コラーゲン摂取に効果的なんですよ。

ミネラルとビタミンが

もつに含まれるビタミン類は、美容にも効果的なものがいっぱい!

例えばビタミンAは皮膚を強くする効果があることから、ダメージに負けないお肌作りに役立ちます。

ビタミンB群は疲労回復に効果がありますが、これも疲れ知らずの若々しい体づくりに効果があります。

更に女性の大敵である「貧血」対策に必要な、鉄分もたっぷり。特にレバーに多く含まれるので、苦手な方もレバーを頑張って食べましょう。

免疫力アップと子宝力アップに効果のある亜鉛ですが、美しい髪や爪を作るのに欠かせない成分。新しいお肌を生み出す際にも必要な成分なため、肌サイクルの正常化にも役立ちます。

with2

ローカロリー!

部位にもよりますが、もつは精肉と比べると比較的カロリーが少なめです。

そこでよく食べる精肉ともつのカロリーを、100g当たりで比較してみました。

肉・もつ カロリー(100gあたり)
牛ヒレ肉 223kcal
牛バラ肉 517kcal
牛もつ(大腸) 162kcal
牛もつ(小腸) 287kcal
豚ヒレ肉 115kcal
豚バラ肉 386kcal
豚もつ(大腸) 179kcal
豚もつ(小腸) 171kcal

普段食べることの多いバラ肉と比べると、もつはローカロリーなことがわかります。

ダイエットなどでカロリーを押さえたい時にも、もつは比較的安心して食べられますね。

野菜と一緒に!

もつはローカロリーでありながら、女性に嬉しい栄養素が含まれたお肉。多少クセのある部分が多いですが、下処理をしっかり行なって美味しく食べたいですね。

ただしもつだけ食べてもその効果を全て発揮出来ず、野菜などで補う事も必要。更にはプリン体の事もあるので、適量をバランスよく食べて運動することも大切です。

ヘルシーで嬉しい栄養素たっぷりのもつを、程よく美味しくいただきましょう!