syujitsuzenjitsu2

事故などで電車が運休となってしまうと、出勤やお出かけに影響が出てしまいますね。少し待てば運転が再開されるのであれば、そのまま待つかも知れません。

しかし「終日運休」となってしまった場合、慌てて他の交通手段を確保する必要がありますよね。

通勤時にはあまり見たくない「終日運休」ですが、この「終日」とはどういう意味なのでしょう?

終日の意味や使い方、また終日と似た言葉である「全日」との違いについて紹介します!

スポンサーリンク

終日の意味とは

読み方は「しゅうじつ」だが

終日は、一般的には「しゅうじつ」と読みます。

しかし他にも読み方があり、
「ひねもす」
「ひめもす」
「ひすがら」
「ひもすがら」

とも。

試しに手元のスマホやパソコンで、「ひねもす」と入力してみましょう。大抵のスマホやPCでしたら、「終日」と変換されるはずです。

ただし他の読み方に関しては、変換されない可能性がありますね。

syujitsuzenjitsu1

なぜこんなに読み方が?

「終日」という漢字に対して、これほど違う読み方があるのでしょうか。

それは「終日(しゅうじつ)」という漢字と読み方が、平安時代に中国から伝わった言葉だからです

元々日本では一日中を表す同じ言葉として「ひねもす」などの言葉が状況によって使われてきました。そのため中国より「終日(しゅうじつ)」が伝わった時点で、既に日本には「ひねもす」などの同意味の言葉が存在。

なので漢字の終日に、「ひねもす」「ひすがら」・・といった別の読み方も加わったというわけですね。

終日とは

終日には、一日の始まりから終わりまでの一日中という意味があります。

その他の読み方は古語という扱いとなり、言葉の意味は次のとおりとなります。

□ひねもす(ひめもす)
一日中を指す言葉ですが、主に朝から夕方までの明るい時間に対して使います。

□ひすがら
一日中を指す言葉で、一晩中の意味をもつ「よすがら(夜すがら)」の反対語として使います。

□ひもすがら
一日中を指す言葉で、一晩中の意味を持つ「よもすがら」の反対語として使われます。

いずれも似た意味を持ちますが、和歌などで音の響きなどを考慮して使い分けていたようです

スポンサーリンク

終日の使い方は

基本は「朝から晩まで」

終日には朝から晩まで一日中という意味があるため、その日全体に対して使いたい時に用いられます

例えば、朝からずっと読書をしていた場合は、「終日、読書で過ごした」となります。

その他には、「ある時間よりその日が終わるまでの間」という意味も

例えば、事故や悪天候などで電車が止まってしまい、復旧の見込みが立たない場合などですね。

「現時点より、終日運休いたします」と発表された場合、今日はもう電車は動きません。

また24時間活動していない物事に対して使う場合、活動を終了する時間までという意味合いに

電車でしたら終電まで、お店などは営業終了時間までという区切りとなります。

終日の範囲がどこまでになるのかは、文章や使っている状況から判断しましょう。

全日の違いとは

syujitsuzenjitsu4

全日とは

終日と似たような言葉に、「全日(ぜんじつ)」があります。

この言葉にも「一日中」という意味がありますが、更にもうひとつの意味が。

それは1年中・毎日という意味。「全て」がどの範囲に対して使われるのかで判断が必要です。

使い分け方は?

終日と全日という言葉ですが、次の点に気をつけると使い分けがしやすくなります。

・一日中という意味に対しては、終日を使う。

・一年中という意味として、全日を使う。

例えば時刻表に、「終日運行」「全日運行」と掲載されていたとします。

この場合、終日運転は、「一日中(始発から終電まで)運行している」という意味に。

一方の全日運転は、「土日・祝日・年末年始関係なく、毎日運行している」という意味となります。

「一日中」という意味で、全日を使用しても間違いではありません。しかし「一年中」とも取られかねない状況なら、終日を使用する方がより確実でしょう。

終日考えてみよう

日本語は同じ音で違う意味を持つ言葉や、違う言葉で同じような意味を持つ言葉がいくつもあります。終日もそういった言葉の一つで、「終日」と書いて「しゅうじつ」「ひねもす」と全く違う読み方が。

更に「全日」という同じ意味の言葉もあるため、ややこしく感じるかも知れません。だからこそ日本語は面白いとも言えますし、難しいとも言えますね。

そんな違いについて、終日考えてみるのも面白いとは思いませんか?