暖化の影響でここ数年のはとても暑く、クーラーが欠かせない状況にあります。

クーラーで快適な温度にすることは、熱中症予防に繋がる一方で別の問題も。冷房の効いた環境にいて快適なはずなのに、なんとなく体が辛いという人が最近増えています。

夏バテと勘違いされがちですが、実はそれって「クーラー病」かもしれませんよ。

そこでクーラー病とはどういうものなのか、その症状と対策や予防方法について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クーラー病とは?

めまいなどの症状が

クーラー病は冷房病とも言われてますが、主に冷房の効いた環境にいることで原因で発生する、体の不調のことを言います

その症状は人によって異なりますが、次のような症状が現れます。

  • めまい
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 肩こり
  • 手足の冷え
  • 食欲不振
  • 疲労感

特にめまいが強く出る傾向があり、冷房の効いた部屋に入った途端に具合が悪くなるという人も。また夏バテの症状と重なる部分があることから、クーラー病の自覚がない人も多いんですよ。

エアコン

なぜクーラー病の症状が出るのか

クーラー病となってしまうのは、冷気が原因で自律神経が乱れてしまうからです。

人間の体は繊細で、急な温度の変化には対応しきれません。対応しづらくなる温度差は±5度以上と言われ、温度差が大きいと自律神経が乱れてしまいます。

また同じ場所に長くいると、その部屋の気温に対応しようとします。そうして慣れた後に温度差の大きい場所へ移動すると、やはり自律神経に負担がかかります。

このような事を何度も繰り返すと、自律神経が乱れてめまいなどの症状が出てしまうのです。

スポンサーリンク

クーラー病の対策・予防方法

クーラーの設定温度を上げる

クーラー病を防ぐためには、外気温と室温の差を最小限にすることが大切。そのためにはクーラーの温度設定を外気温から5度以内に抑えるようにしましょう

また人体にクーラーの風が直接当たらないように、可能であれば調節することも大切です。猛暑日など極端に暑い日は、25度ぐらいに設定すると熱射病にならずクーラー病も防げます。

暖かい服装で

温度設定を変えたいと思っても、会社などでは難しい場合もあります。そんな時は、夏であっても防寒グッズを活用して、自分自身を冷房から守るようにしましょう

例えば、

  • 半袖の服であれば、薄手のカーディガンなど長袖の服を1枚羽織る。
  • 夏でも発熱素材のインナーを着用する。
  • 暖かい服装だと周囲の目が気になるようなら腹巻をする

…といったことをするだけでも違います。また冬に活躍したひざ掛けがあると、足元の冷えが防げますし肩掛けとしても便利です。

カーディガン

飲食物でひと工夫

夏は水分補給をしっかり行わないと、熱中症になってしまうことがあります。しかしクーラー病の時は、冷たい飲み物は厳禁

  • のどが渇いている時は、冷えた飲み物ではなく常温の飲み物
  • 冷房の効いた環境にいる時は、温かい飲み物

を飲むようにしましょう。

また食べ物もひと工夫することで、体力づくりと冷えない体づくりに繋がります。夏に美味しくなるトマトやキュウリは、食べ過ぎると体温低下を招きがち。適量を心がけ、サラダではなく加熱して食べるなど工夫が必要です。

あるいは唐辛子・しょうが・ネギなどの、体を温める食材と一緒に食べたいですね。

軽い運動とお風呂で体温を上げる

クーラー病の発症には、自律神経の乱れが大きく関わってきます。自律神経の乱れを正すには、軽い運動やぬるま湯に長く使ってリラックすることが大切

運動に関しては1日10分程度の早歩きや、ラジオ体操程度のもので充分。これなら休憩時間にでも出来ますし、通勤時に一駅前で降りて歩くといった対処も可能でね。

また軽く汗をかいたらぬるま湯に10分程度つかり、体を温めてあげましょう。体温を上げることは冷え性の改善にもなり、冷房に負けない体にも繋がります。

運動する時間が無いようなら、ふくらはぎをマッサージして血流を良くするのも効果的。骨に沿って下から上に押し上げるように、優しくふくらはぎをマッサージしましょう。湯船に浸かりながら行うと、むくみも取れてすっきりしますよ。

快適な気温でクーラー病を予防

ーラー病は、快適に過ごせるようになった現代だからこそ発生する症状です。

しかしクーラーを一切使わないのもまた、熱中症を招く原因にもなってしまいますよね。暑すぎるのも体にはよくありませんが、逆に冷えすぎて外気との温度差が出てしまうのもよくありません。

確かに外から冷えた室内に入ると気持ち良いですが、何事も程々が大切。自然な温度設定で体にやさしい環境を整えて、クーラー病(冷房病)にならないようにしましょう!