jimfemail1

イエットや健康維持のために、スポーツジムに通おうと考えたことはありませんか?

インストラクターの指導も受けられるジムは、何よりオシャレなイメージがありますよね。しかし通おうと考えた時に、何を持っていけば良いのか悩んでしまいませんか?

あれもこれも持って行くと荷物が多くなって面倒ですし、足りなくて困ったなんてことも避けたいもの。

特に、女性が持って行きたい、スポーツジムに必要な持ち物やあると便利なグッズを紹介します!

スポンサーリンク

スポーツジムで必要な持ち物

スポーツウェアと靴

jimfemail2

まずスポーツジムで絶対必要なのがスポーツウェア運動靴

家からスポーツウェアを着用して行っても良いですが、そこはお好みで。

スポーツウェアは速乾性で選ぶと、汗をかいてもジメッとしません。上はTシャツ・下はハーフパンツやジャージが定番ですし、動きやすさからもオススメです。

靴はランニングなどを中心とするなら、軽めでクッション性もあるランニングシューズを。

ウエイトマシーンが中心なら、滑りにくいフィットネスシューズを用意しましょう。

下着の替え

ジムではたっぷり汗をかくため、そのまま帰宅すると体が冷えてしまうことも。しかも夏は汗のニオイが気になるので、下着類の替えは欠かせません。

意外と忘れがちなのが、靴下の替え。運動した後の足はとても汗をかくため、エチケットのためにも履き替えて帰りましょう。

タオル

汗をかいたらそのまま…というのは、見た目にも悪いですし滑って怪我をする原因にも。スポーツタオルでこまめに汗を拭い、さっぱりしながら運動したいですね。

またジムのあとにはお風呂やシャワーが利用できますので、その時にもタオルは必需品。汗拭き用のスポーツタオルとは別に、バスタオルを用意しましょう。

シャンプーやスキンケア用品

ジムのお風呂やシャワールームには、シャンプーなどが備え付けられていることも。しかし肌に合わないこともあるので、自宅で使っているシャンプーやリンスなども用意しましょう。

シャワーを利用しない場合でも、顔を洗ってさっぱりしたいもの。洗顔フォーム基礎化粧品簡単なメイク道具も用意して、恥ずかしくない状態で帰りたいですね。

スポンサーリンク

スポーツジムであると便利なもの

ウェットティッシュ

運動中の汗はタオルで拭きますが、一休みした後は濡れタオルのほうがさっぱりします。しかし濡れタオルは持ち帰りが面倒なので、使い捨てられるウェットティッシュがあると便利です。

その中でも赤ちゃん用の「おしりふき」は、厚手で枚数も多く肌にも優しいのでオススメ。パッケージが気になる場合は、ティッシュカバーでくるむなど工夫しましょう。

携帯音楽プレイヤー

バイクをこぐときやランニングマシーンで走るときなど、好みの音楽とともに運動すると気分も上がります。

最近ではスマホで音楽が聞けますが、機種によっては重量がありますし衝撃に弱い弱点も。その点iPodなどの携帯音楽プレイヤーは、小型で頑丈なので運動中に落としても大丈夫。

音楽を聞くときはイヤホンが必要になりますが、ケーブルが邪魔になったり汗で使えなくなることも。なので防滴仕様のスポーツタイプのイヤホンを選ぶと、運動の邪魔になりませんよ。

jimfemail3

エコバッグ

荷物は基本的にロッカーに預けますが、タオルやドリンク類などを持ち歩くのにカバンがほしいですね。

そんな時に収納量たっぷりで、折り畳めてデザインも豊富なエコバックが便利。また濡れた衣服やタオルを持ち帰るときにも、エコバックは耐水性が高いものが多いので使えますよ。

小銭入れ

万が一の事があるため、ジムへはカード類が入っているサイフは持って行かないほうが安全です。

しかしちょっとした買い物があるときや、ドリンクを買いたい時など小銭は必要。そんな時のために、小銭入れを用意しましょう。

ポケットに入れておけば落とすこともあまりなく、少額であれば万が一の時も諦めがつきます。

手帳と筆記用具

jimfemail4

長く運動を続ける秘訣は、目標を立てて頑張ること。そのためにはジムで行った運動の内容やタイム、運動前後の体重を記録して励みにしませんか。

記録するものはスマホでもよいですが、手帳のほうがその場で書き込めて見返すのも簡単。ペンなどの筆記用具はジムにおいてないことが多いので、こちらもセットで用意しましょう。

長く続けて美しくなろう

ジムは数回通っただけでは、それほどの効果は期待できません。長く通うことで健康的な体となり、理想の体重や体型へと変化し続けます。

それを手助けする素敵なウェアや靴など、楽しめる持ち物を用意して通いたいですね

なお今回紹介したものは、全て持って行くとそれなりに荷物になってしまうことも。この中で自分に必要なものを選ぶなどして、ジム通いを楽しみましょう!