suisosui1

頃話題となってるものに、「水素水」というものがあります。

ドラッグストアやフィットネスジムでも取り扱いが増えていて、身近な存在にもなっていますね。

見た目は普通の水と何ら変わりませんが、実は体に嬉しい効果が!

飲みやすくて続けやすいのであれば、毎日の生活に取り入れたくないですか?

そこで、話題となっている、水素水の効果・効能や、効果的な飲み方について紹介します

スポンサーリンク

水素水とは

水を構成する水素が

水素水を紹介する前に、そもそも「水」とはどういうものなのでしょうか。そこで中学校の理科で習った、「元素記号」と「化学式」を思い出してみましょう。

水を表す化学式は、水素原子(H)が2つ合わさったものに酸素(O)が一つ加わったもの。水の化学式(H2O)を見て判るように、、水素(H)が含まれていますね。

しかし普通の水に含まれる水素は、水を構成するために必要な最低限のみ。そこで水素を水の中にたっぷりと配合したものが、水素水となります

水素はどれぐらい含まれる?

suisosui2

水素水に含まれる水素は、具体的にはどれぐらいなのでしょうか。

水素の濃度を表す単位は「ppm(100万分の1)」で、これは濃度を表す単位。1リットルに対して1ppmと有った場合、水素が1mg程度溶けていると考えてください。

水に溶ける水素の量には限界があり、最大で1.6ppm程度。しかし水に熱量と圧力をかけることで、それ以上の水素を溶かすことは一応可能です。

ただし水素は空気中に逃げやすい性質を持ち、溶かしてもすぐに水から逃げてしまいます。結果水に残る量は最大1.6ppm程度。それ以上の量は残念ながらあまり期待できません。

そのため、水素水の濃度は多くても1.6ppm程度と考えましょう。

水素水がもたらす効果・効能

高い抗酸化作用

水素には、内で発生した活性酸素と結びつくことで、活性酸素を無害化する効果があります。

活性酸素にはいくつか種類があり、その中には体に悪影響をあたえるものがあります。体内の細胞などを傷つけて酸化させてしまい、これが老化を始めとした様々な不調の原因に。

そこで水素水を飲むことで、たくさんの水素をと活性炭素が結びついて無効化。この働きが、いわゆる「抗酸化作用」というものです。

「抗酸化作用が高いと体に嬉しい」というイメージがありますが、この様な理由があるからなんですよ。

suisosui3

生活習慣病予防に

体内が酸化すると、どの様な影響が出るのでしょうか。

まず細胞が酸化することで血管などがもろくなり、動脈硬化や心臓疾患などのリスクが高まります。更に内蔵の動きも鈍くなり、以前と同じ食生活をしていても生活習慣病になりやすい傾向が。

これらのリスクを水素水の抗酸化作用で減少させ、生活習慣病予防へとつながるのです。

美肌を守る

活性酸素は様々な細胞を酸化させますが、それはお肌の細胞も含まれます。

お肌の細胞が傷ついて酸化すると、紫外線への抵抗力が弱まってくすみの原因に。更にうるおい成分のコラーゲンも傷ついて減少し、かさかさした血色の悪い印象にもつながります。

水素水の抗酸化作用はお肌の細胞にも有効なので、お肌の美肌を守ってくれるんですよ

スポンサーリンク

水素水の効果的な飲み方

飲む量は?

水素水を大量に飲んでも害にはなりませんが、体内で取り込める量にも限度があります。使われなかった分はゲップ・おならなどで排出され、体で貯めこむことは不可能。

ですので一度に摂取する量は200ml程度にし、何度かに分けて飲むと効果的です

起きてすぐに

水素水を飲むタイミングですが、いくつか効果的なタイミングがあります。

その中でも実行しやすいのが、朝起きてすぐに飲むこと

人は睡眠中に500mlの汗をかくため、目覚めた時は軽く水分不足に。そんな時に水素水を飲むことで、水分補給と共に水素もしっかり取り込めるんですよ。

suisosui4

こんな時にも

また次のタイミングで300~500mlの水素水を飲むと、抗酸化作用に期待が持てます。

・運動後のタイミングで。
・お風呂上がりや、半身浴中の水分補給に。
・喫煙後や空気の悪い場所にいるとき。
・仕事が忙しく、疲労やストレスを感じているとき。

これらは活性酸素が増えやすく、体内酵素の働きが鈍って無効化しにくタイミング。そこで水素水を取ることで活性酸素を無効化し、体を健やかに保てるんですよ!

過信は禁物!

水素水のベースは水ですので、他の健康法と併用して飲むことも可能です。体の内側から抗酸化作用が高まり、毎日をより健康的に過ごしやすくするもの。

その効果は劇的ではないため、飲んでいても実感が得られにくいかも。また病気を直接治すような薬ではないので、無茶ができるようになるものでもありません。

水素水の効果を過信せず、無理のない生活も心がけましょう