外旅行で泊まるホテルでは、チップが必要という話をよく聞きます。

しかし日本の旅館では、チップは必要という話はあまり聞きませんよね。ところが最近聞いた話では、日本の旅館でも「心付け」という形で渡すとか。

もし渡すのであれば、相場や、どの様な形で渡せば良いのか、気になりませんか。

そこで旅館へ渡すチップの相場や、スマートな渡し方などについて紹介します。

スポンサーリンク

旅館への心付け(チップ)は必要なの?

チップと心付けの違いは?

ryokanchip1

旅館へチップを渡す前に、まず覚えておきたいことがあります。それは、チップと心付けの違いについてです。

チップ海外の習慣で、サービスに対する対価として支払わなければならないもの。

一方の心付け日本の風習で、サービスなどに対するお礼として出すものです。

海外のホテルなどでは、ベッドメイキングや荷物運びはホテルマン個人が受け持つ仕事。そのためサービスしてくれたホテルマンへ、チップという形で直接支払います。ホテルマンの収入源はチップがメインであるため、チップは基本的には支払いましょう。

一方日本の旅館の代金には、「サービス料」が含まれていることがほとんど。このサービス料がいわゆるチップの役目となり、宿泊した時点で支払った形に。なので日本の場合は、基本的にはチップは不要です。

しかし何らかの形で、サービスに対するお礼を言いたい時もありますよね。その時に「心付け」という形で、旅館の方にお金を渡して感謝を伝えます

感謝とお詫びに

原則として渡す必要のないチップ(心付け)ですが、渡したい時はどの様な時でしょうか。

例えば、

・小さい子供や介護が必要な方が泊まる際に、仲居さんの手助けが必要なとき

・酔っ払ってしまって室内の備品などを壊してしまい、それらの賠償や謝罪として

・誕生日や定年のお祝いで宿泊した時に、ちょっとしたサプライズを手伝って貰いたい時

・何気ないサービスかもしれないけれど、本当に素敵でうれしくてその気持ちを伝えたい時

こういった時にお礼やお詫びの言葉とともに、心づけを渡すと印象がよくなりますよ。

旅館の格によっては…

また宿泊する旅館によっては、心付けを渡したほうが良い場合もあります。

例えば次のようねケースですね。

・お部屋に専門の女将や仲居さんがついてくださるような、格式ある旅館

・接待などで利用する際、できるだけ質のよいサービスをお願いしたいと考えている時

・老舗の旅館で、今後長くお付き合いをしたい場合

スポンサーリンク

旅館へ渡すチップ(心付け)の相場は?

目安は宿泊代の一割

心付けを渡す際の金額ですが、高すぎても安すぎてもいけません。誠意をお金に換算するのはヤボとは言いますが、それでも小銭をわたすのははしたないもの。

一応の目安としては、宿泊代金の一割を上限にするとよいでしょう。

例えば、
一人一万円の宿に、二人で宿泊した場合は・・・
一万円の一割(千円)×二人分で二千円ですね。

ryokanchip2

相場は三千円前後

心付けの相場を見てみると、三千円前後という意見が多く見られます。

これはキリのよい数字でもあり、ちょっとしたお礼とするのにちょうど良い金額だから。多くても一万円までという意見も多く、多めに渡す際は五千円でという意見もありますね。

ですので、
・人数が多い場合・・・五千円
・子供などがいてお世話になった場合・・・五千円
・少人数の場合・・・二千円三千円
を目安に、心づけと渡すと良いでしょう。

チップ(心付け)の渡し方はどうする?

そのまま渡さない

心付けを渡す際に、お金をそのまま渡してはいけません。せっかくの心付けが下品になりますし、作法の点で見ても失礼に当たります。

なので心付けは白い封筒やポチ袋、懐紙などに包んで渡しましょう

事前に用意しておくとスマートですが、急な場合はティッシュでも構いません。

□折り紙 封筒 折り方

*折り紙や和紙で包む際に、封筒の作り方を覚えておくと便利です。

心付けを渡すタイミングは

心付けを渡すタイミングですが、仲居さんが挨拶に来られた時が一番適切でしょう。退出時にお礼の言葉とともに、そっと渡すとスマートですね。

心付けは受け取ってもらえることもありますが、旅館側の指導で受け取って貰えないことも。

そういった場合でも、もう一度念を押して渡しましょう。それでも受け取ってもらえないようなら、旅館側の方針だと察して戻してしまって構いません。

あるいは受け取ってもらえた場合でも、宿泊代金から心付け分だけ前金として引かれている事も。納得行かない部分もありますが、気持ちは伝わってるので納得しましょう。

さり気なく感謝を

日本の旅館においては、基本的にチップや心付けは不要。渡さないからと言って、サービスの質が変わるような事はないので安心して下さい。

特に一流の宿であれば、心付けの有無にるサービスのムラはまずありえません。

しかし人がおもてなしをするものですから、嬉しかった気持ちを伝えれば嬉しく感じます

旅館で最上のおもてなしを受けたのなら、心付けとともにさり気なく感謝を伝えましょう