autumnhayfever3

ふとしたきっかけで鼻水が止まらなくなると、風邪の初期症状をまず疑いますよね?春にこの症状が出た場合、花粉症を発症したかと考える方も多いかと思います。

しかしこれがならば、季節の変わり目で風邪をひいたと軽く考える人がほとんどでは。

実は春だけと思われがちな花粉症は、秋にも発症するんですよ!

そこで秋の花粉症の予防方法と、発症してしまった時の対策方法を紹介します。

スポンサーリンク

秋の花粉症の予防方法

秋の花粉症の原因を知る

秋の花粉症は、春の花粉症とはどういった違いがあるのでしょうか?

表れる症状に関しては春の花粉症より穏やかと言われる一方で、かゆみが強い特徴が。

また春の花粉症はスギなどの樹木が原因なのに対し、秋の場合はブタクサなどの雑草が原因となります。

発症時期も8月頃から11月頃までとなり、特に9月頃が最大のピークを迎えます

参考記事:秋に発症する花粉症の症状と原因とは?

雑草に近づかない

秋の花粉症で最大の原因となるブタクサは、道路脇や空き地・河川敷などに生えています。その他に花粉症の原因となるヨモギやカムナグラも、空き地などに生える雑草の一種。

そのため喉や鼻の粘膜が弱い人は、雑草の生える空き地などに近づかないようにしましょう。

また既にスギ花粉による花粉症がある方も、近づかないほうが無難です。スギ花粉などの樹木は高い地点から降り注ぐため、花粉が広範囲に。

一方のブタクサなどはあまり花粉が飛ばないため、近づかないようにするだけでかなり違います。

風の強い午前中の外出を控える

飛距離があまりない雑草の花粉ですが、それでも注意すべき天候と時間帯があります。

それは、
・午前中
・風の強い日

です。

秋の花粉症で一番発症しやすいブタクサは、午前中に花粉が飛ぶ特徴があります。また花粉があまり飛ばないと言っても、風が強ければ当然花粉も広く飛んでしまいます。

ですので可能であれば風の強い日と、午前中は外出を控えましょう。

スポンサーリンク

秋の花粉症の対策方法

秋の花粉症こそマスクが大切!

花粉症対策で大切なことは、鼻・喉・目に花粉が入らないことです。

そのためマスクは必需品。外出ごとに使い捨てて呼吸器官に入らないようにしましょう。

特にブタクサの花粉は粒子が小さく、鼻の奥や喉に入り込みやすい特徴が。喉がいがらっぽくなりやすいので、マスクでの防御が本当に大切です。

autumnhayfever4

しっかり覆って体をガード

マスク以外にもメガネ・帽子・上着などで体をガードするのも、花粉対策では大切です。

これらは体内に花粉が入ることを防ぐ以外にも、帰宅時に家に花粉を持ち込まない役目が。特に帽子と上着はつるつるした素材を選ぶと、花粉が付着しづらくガード力が高まります。

帰宅したら玄関ドアの前で、上着や帽子についた花粉をしっかり払いましょう。

その上で玄関で上着や帽子を脱ぎ、家の中に花粉を入れないようにします。

うがい・手洗い・洗顔

マスクなどでガードをしていても、秋の花粉は小さいため顔などに付着しがち。

外出後は必ずうがいと手洗いを徹底し、出来れば洗顔も行いましょう。

特に女性の場合、ファンデーションなどに花粉が付着していることが。帰宅後もメイクのまま過ごすと、花粉が侵入する可能性が高まります。

可能であればそのままお風呂に入り、髪などについた花粉も洗い流しましょう。

こまめな掃除を

花粉症になると、気軽に窓を開けて換気することが難しくなります。

せっかく帰宅時に花粉を持ち込まないようにしていても、窓を開けてしまうと台無し。

天気が良いと窓を開けて換気をしたくなりますが、窓を開けずに空気清浄機を活用しましょう。

また花粉が少しでもあると症状がでてしまうので、毎日のこまめな掃除も大切です

掃除機をかけると風で花粉が舞い飛ぶ恐れがあるので、固く絞った濡れ雑巾で拭き掃除を。ハウスダストはアレルギーの原因にもなるため、家をきれいに保つようにしましょう。

無理をしない

秋の花粉症となった場合、鼻水が止まらない・目や皮膚のかゆみなどの症状が現れます。

これは花粉が体内に侵入し、アレルギー反応が出てしまうから。

こんな時はあまり無理をせず、ご飯をしっかり食べて睡眠を確保しましょう

体調が整えば免疫力も上がるため、花粉に対する抵抗力も自然とアップ。無理をせずに体調を整えて、つらい花粉の季節を乗り切りましょう。

参考記事:花粉症対策にはコレ!外出時や室内や洗濯時それぞれでご紹介!

病院へ行こう!

秋の花粉症は自覚のないまま症状が悪化することが多く、また風邪だと思ったまま過ごしがち。

しかしブタクサのよる花粉症は、アメリカではとてもポピュラーなものです。日本でも春のスギ・ヒノキに次いで、秋のブタクサが花粉症の原因の上位にランクイン。

なので少しでもおかしいと感じたら、耳鼻科で検査してもらうことをオススメします

秋にも花粉症になることを自覚して、予防と対策をしっかり取りたいものですね。