秋に発症する花粉症の症状と原因とは?春の時とはどう違うの?

最終更新日: | 健康 | , , ,

autumnhayfever2

夏の暑さもひと段落して過ごしやすくなるは、行楽へと出かけたくなる季節でもあります。

しかし秋口に入ってからなんだか調子が悪い、鼻や喉に不調を訴える人が最近増えています。

季節の変わり目で風邪を引いたかに思えますが、実は「花粉症」が原因かもしれませんよ。

花粉症は春のイメージが強いですが、最近では秋に発症する方が増えています。

そこで秋に発症する花粉症の症状と、その原因についてまとめました

スポンサーリンク

秋に発症する花粉症の症状

かゆい

秋の花粉症は、春の花粉症と同様に、鼻水などの症状が現れます。その中で特に気になる症状として、「かゆみ」が挙げられます。

かゆみは春の花粉症でも表れますが、目のかゆみがメイン。しかし秋の花粉症では、目以外にも全身の皮膚がかゆくなることが

かゆい部分をかきむしると、皮膚を傷めて悪化する原因にもなるので注意しましょう。

風邪と勘違いしやすい症状が

autumnhayfever1

鼻と喉はつながっているため、花粉症になると喉にも症状が現れます。

特に秋の花粉症の場合、喉がイガイガする・咳が出るといった症状が。同時にサラサラした鼻水が止まらなくなりますし、くしゃみも出てしまいます。更に鼻の炎症から来る微熱や、頭痛・倦怠感といった症状も。

そのため秋の花粉症は、風邪の初期症状と勘違いされる事がよくあります。

風邪と花粉症の見分け方ですが、鼻水の症状で見分けましょう。

風邪の鼻水は粘り気が強く、花粉症の鼻水は粘り気がなくサラサラとしています

春の花粉症との違いは?

春の花粉症も秋の花粉症も、現れる症状はそれほど代わりがありません。

・サラサラとした鼻水
・鼻づまり
・目の充血やかゆみ
・くしゃみ
・微熱
・・・といった症状が一週間以上続くなら、花粉症を疑ってみましょう。

ただし秋の花粉症の場合、春よりも症状が比較的穏やかな場合が。この点が、春の花粉症との違いとなっています。

スポンサーリンク

秋に発症する花粉症の原因

雑草の中に原因が

春の花粉症は、スギ・ヒノキ・シラカバといった樹木が原因となる場合がほとんどです。

しかし秋の花粉症の場合、樹木ではなく野に生える草が主な原因

特に次の野草には、要注意です。

ブタクサ

ブタクサはキク科の植物で、全国各地の道端や河川敷などで多く繁殖しています。

元々日本にはない植物でしたが、明治維新のころにいつの間にか入り込んでしまいました。8月から10月にかけて花を咲かせ、この時期に症状が現れやすくなります。

*名前は知らなくても、見たことがあるかもしれませんね。

日本では花粉症といえばスギのイメージですが、アメリカではブタクサがメイン。一説にはアメリカ人の10%が、ブタクサによる花粉症を発症しているとか。

日本でもスギ・ヒノキに次いで、花粉症の原因となっています。

ヨモギ

草もちの原料となったり、お灸の材料として使われるヨモギも秋の花粉症の原因。

こちらもキク科の植物で、ブタクサと同じく8月から10月にピークを迎えます。

ブタクサとの違いは、主に関東以南で発症する方が多いこと。というのも東北や北海道では、気候の関係であまりヨモギが生えていないからです。

ヨモギが原因の花粉症の方は、東北・北海道に行くと楽になるかもしれませんね。

カナムグラ

カナムグラはアサ科のツタ植物で、電柱やガードレールなどによく絡まっています。

こちらもピークは8月から10月ごろで、全国で発症例が報告されています。

しかも繁殖力が強いことから、駆除が面倒な植物。家の周りに生えているのを見つけたら、腰をすえて駆除に取り組みましょう。

*こちらも、見たら「この草!」となるかもしれませんね。

ススキ

ススキは秋の七草の一つに数えられるイネ科の植物で、9月から10月にかけてがピークとなります。

十五夜のお飾りとする場合は、周囲に花粉症の方がいないか確認しましょう。

ススキで花粉症が出てしまう場合、他のイネ科の植物にも注意が必要。イネ科の植物は5月頃から花粉が出るため、長く症状が続いてしまう場合があるからです。

特に注意が必要なのが、牧草のカモガヤ(オーチャードグラス)です。

実はヨーロッパでの花粉症は、カモガヤが主な原因に。また主食であるイネ(米)も、花粉症の原因となることも。

マスクなどで鼻をガードし、帰宅時に花粉を持ち帰らないように十分気をつけましょう。

まずは病院へ

関連記事:秋にも発症する花粉症!今からできる予防と対策方法とは?

秋口から長く鼻や喉の不調が続いたら、花粉症を疑ってみましょう。季節の変わり目で風邪だと思い込むと、長引く原因となってしまいます。

また花粉症は春だけという思い込みも、花粉症と気づかない原因に。

おかしいと感じたら、まずは病院でアレルギーテストを受けてみましょう

何が原因か判れば花粉症対策も取れるので、つらい症状も治まりますよ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

急性扁桃腺炎の治療期間はどれくらい?うつることはあるの?

疲れている時や季節の変わり目には、どうしても体調を崩しがちです。特に秋から冬にかけては、小春

記事を読む

辛い車酔い、大人になっても酔う原因と対策方法は?

子供の頃に車やバスなどに乗ると、乗り物酔いをしてしまって辛かった・・という経験を持つ方は、多

記事を読む

高熱が出る子供の夏風邪の症状と対策。冬風邪との違いは何?

夏の暑い時期、子供が元気よく遊んでいたと思ったら、どこからか風邪をもらってきて体調を崩すこと

記事を読む

熱中症の症状と予防。水分補給の正しい方法とは?

気温が高い季節になると、ニュースでも良く耳にすることがある「熱中症」 室内で暑いのを我

記事を読む

口の中が痛い!口内炎の原因と治し方。どんな種類があるの?

美味しい物を食べたいのに、 口のなかに口内炎が出来てしまって、 ちょっと食べるだけでも痛みが

記事を読む

足首やくるぶしが腫れて痛い!外側と内側の痛みの違い、原因は?

足首やくるぶしが痛いー! そういうこと、ありませんか? 実は、足首やくるぶしが腫れて痛い

記事を読む

気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

生後間もない赤ちゃんの体って とても柔らかくフワフワしていますよね。 頭蓋骨もまだ完成してお

記事を読む

火を使わないお灸?ペットボトル温灸のやり方とその効果は?

昔から伝わる健康改善方法の中には、本当に効果があるものがいくつもあります。その中で特に効果があるもの

記事を読む

妊婦の便秘解消法とは?原因と対策方法をご紹介!

妊婦の方に多いと思われる症状の一つに、 便秘が挙げられます。 今まですっきりお通じがあっ

記事を読む

花粉症対策にはコレ!外出時や室内や洗濯時それぞれでご紹介!

毎年春先に発生する花粉は、花粉症の方にとっては本当に嫌なものですね。 しっかり対策をとったはず

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑