お肌の理想は「陶器のようなすべすべお肌」と言いますが、現実にはなかなか難しいもの。

特に鼻がブツブツと黒ずむ「いちご鼻」は、お化粧をしても目立ちとても気になります。

毎日きれいに洗っているはずなのに、どうしていちご鼻になってしまうのでしょう?気になるいちご鼻を、毎日のケアできれいにする方法はあるのでしょうか?

そこでいちご鼻の原因と治し方、洗顔などで出来る予防方法を紹介します!

スポンサーリンク

いちご鼻とは?

鼻の毛穴に…。

いちご鼻とは、鼻の毛穴に汚れが詰まった状態の事

汚れが詰まる事で毛穴が開いたままになり、更には毛穴周辺が黒ずんでしまいます。この時の見た目が果物のイチゴに似ていることから、「いちご鼻」呼ばれています。

毛穴の汚れの正体は、毛穴から分泌される皮脂とホコリが合わさったもの。皮脂は油なので時間が経過すると酸化して硬くなってしまい、黒ずんでしまうのです。

また固くなった汚れが居座るために、毛穴が開いた状態に。毛穴が開いた状態で汚れが取れても、汚れが入りやすい状態は続きます。そのため再び毛穴の汚れがたまり、いちご鼻が長く続いてしまうのです。

ichigobana1

いちご鼻の原因は?

過剰な皮脂

毛穴の汚れの主な原因は皮脂ですが、皮脂自体はお肌にとって必要なもの。というのも皮脂はお肌の表面を保護して、乾燥や嫌な雑菌を防ぐ役割を持ちます。

そのためある程度の皮脂は必要で、皮脂があることで潤いある良い肌となります。

しかし肌にダメージやトラブルが発生していると、皮脂は過剰に分泌。これが長く続く事で余分な皮脂が毛穴に残り、古くなって固まって汚れとなるのです。

過剰な洗顔・ケア

皮脂が余分に分泌される原因の一つに、お肌の「乾燥」が挙げられます。実はオイリー肌の方は、本来は乾燥肌の場合があります。

肌の乾燥を防ぐために、たっぷり皮脂が分泌されて表面をカバーしようとします。それがオイリー肌だと感じてしまい、こまめな洗顔やケアで皮脂を取り除くことに。

しかし肌自体は乾燥しているため、毛穴は再び皮脂をたっぷり分泌。この悪循環の結果、いちご鼻となってしまうのです。

ichigobana2

ファンデーション残り

いちご鼻が目立つときに、ファンデーションでカバーしてごまかしてませんか?実はいちご鼻を隠そうとしっかりメイクすると、毛穴にファンデーションが入り込んでしまいます

そうなると毛穴にとって、別の汚れが入り込む結果に。メイク落としで表面のメイクは落とせても、毛穴の奥に入り込んだメイクは取り除きにくいもの。

結果として皮脂と結びついて汚れとなり、いちご鼻を加速させてしまうのです。

スポンサーリンク

いちご鼻の治し方

基本はふわふわ泡洗顔

実はイチゴ鼻を治すには、毎日の正しい洗顔がとても効果的です

洗顔なら毎日しているという方も、まずは次の洗顔方法を実践しましょう。

1.お湯の温度は、35度前後にする。

2.ネットを使って、洗顔料をふんわりたっぷり泡立てる

3.その泡を毛穴に押し込めるイメージで、こすらず泡で顔を包み込む。

4.丁寧にお湯で洗い流す。

5.最後に冷水で顔を洗い、お肌を引き締める。

6.化粧水で水分を補い、乳液でお肌の水分を閉じ込める。

肌をゴシゴシ洗ってしまうと、肌の汚れ以上に潤いを奪ってしまいます。結果皮脂の過剰分泌につながるので、泡で包み込むようにして洗うのが効果的

洗いあがりがつっぱらず、いらない汚れだけが洗い流せます。最後の冷水で毛穴が引き締まるので、汚れが入り込むのも防げますよ。

□泡立てネットを使った正しい泡の作り方

*ネットを使えば、ふわふわの泡がたっぷり作れます。

頑固ないちご鼻は蒸しタオルで

黒ずみが目立つイチゴ鼻の場合は、洗顔前に蒸しタオルで1分ほど顔を温めましょう

水で濡らしてから絞ったタオルを30秒ほどレンジで加熱し、それを顔に乗せればOK。蒸しタオルで毛穴が開いて汚れが落ちやすくなり、また血行も良くなりますよ。

ただしタオルは熱いので、やけどにだけは注意しましょう。

ワセリンパックですっきり!

多少時間はかかりますが、ワセリンを塗って汚れを溶かす方法もあります。その方法は、寝る前に鼻の表面に薄くワセリンを塗ってそのまま寝るだけ

寝ている間にワセリンが、毛穴の固まった皮脂をじっくり溶かしてくれます。翌朝丁寧に洗顔をすれば、いちご鼻が解消されてすっきりしますよ。

ワセリンは天然由来の油で、敏感肌の保湿ケアにも使われる安全なもの。油なのでたっぷり使うと落としづらくなるので、薄く塗る事を心がけましょう。

また髪や寝具につくのが気になる場合は、マスクをして寝ると付着を防止できます。

ichigobana3

無理せず絞り出さず触りすぎず!

いちご鼻は一度気になりだすと、指で触れたり絞り出したくなります。しかしこれらの方法は、肌に余計な刺激を与えるために余計皮脂が出てしまいます。

また指で触りすぎることは雑菌が毛穴に入り込むため、ニキビの原因にも。

気にはなりますが絞り出したりせず、毎日の洗顔で毛穴から汚れを浮き出しましょう。

ふわふわ泡洗顔と毛穴の引き締め、そして保湿ケアでつるつる肌に生まれ変わりましょう!