そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

| 飲食 | , ,

に食べる機会の増えるそうめんは、冷っとして美味しいのですが、毎日食べ続けるとさすがに飽きてしまいます。

そんな時に簡単に作れて、飽きのこないそうめんレシピを覚えておくと便利だと思いませんか?

またよその家にお呼ばれした時に、夏はそうめんがメニューとして出される事があるでしょう。そんな時に相手に失礼にならないよう、そうめんをいただくマナーはあるのでしょうか?

そうめんの美味しい食べ方と、食べる際に気をつけたいマナーについて紹介します。

スポンサーリンク

そうめんの美味しい食べ方

基本のゆで方をマスターしよう

soumeneat1

「うちのそうめんはあまり美味しくない」と思っている方は、茹で方を見なおしてみましょう。

そうめんは茹で方をマスターすると、麺のコシが強くなってもっと美味しくなりますよ

□用意するもの

  • そうめん …人数分
  • 水    …そうめん1束(50g)につき500ml
  • そうめんの長さより大きくて深い鍋
  • ザルとボウル
  • 氷水

□茹で方

  1. 大きめの鍋に水を沸かす間に、そうめんの束をほどいておきます。

  2. 水が沸騰したら、そうめんを広げるようにして入れます。

  3. 再び沸騰するまで強火で茹でます。

  4. 沸騰したら、ふきこぼれない程度の火加減にして、袋などに書かれた茹で時間通りに茹でます。

  5. 茹で上がったら、お湯ごとザルにあげてお湯を切り、流水で粗熱を取ります。

  6. 粗熱が取れたら氷水を入れ、流水を足しながら1分ほどもみ洗いをして完成。

ポイントは、茹で上がったらすぐに冷やす事と、もみ洗いをすること

すぐに冷やす事でコシが生まれ、もみ洗いをすることで表面の滑りが取れて美味しくなります。充分に冷えたら新しい氷水を入れた器に、そうめんを泳がせて出すと暑い夏にぴったりですね。

□製麺所が教える家庭でのそうめんのおいしい茹で方

*タイマーを利用すると、茹ですぎが防げます。

つけダレを変えて

そうめんを美味しく茹で上げても、毎回同じつけダレだと飽きてしまうことも。そんな時はタレに工夫すると、いつまでも美味しくいただけます。

  • めんつゆではなく、冷しゃぶ用のごまだれを少量つけて食べる。

  • めんつゆに少量のごま油を加えて、中華風つけダレにする。

  • めんつゆに豆板醤やラー油を加えて、ピリ辛味にする。

  • ポン酢+叩いた梅干しを入れて、酸味を聞かせたさっぱりタレで。

  • めんつゆ+納豆+おくらで、ネバネバだれで。

  • カット野菜と一緒に盛りつけて、ドレッシングを掛けてサラダ感覚で。

調味料を加える時は、めんつゆの濃度をやや薄めにするとしょっぱくなりすぎません。

スポンサーリンク

「にゅうめん」」を知ってますか?

夏に熱いメニューは遠慮したいですが、そうめんが余ったら「にゅうめん」にしませんか?

にゅうめんはそうめんに温かいつゆをあわせたもので、うどんやそばのように頂くものです。

作り方も意外と簡単です。

□にゅうめんの作り方

  1. そうめんを茹でて、冷水で洗って引き締めます。
  2. 茹でている間に、別の鍋にかけうどん用の濃度にしためんつゆを加熱します。
  3. 温まったつゆに茹で上がったそうめんとお好みの具材を入れ、1分ほど煮て完成。
  4. 具材は饂飩と同じく、豚バラ・ネギ・油揚げ・揚げ玉・卵などがおすすめ。


夏でも体を暖めたい時や、胃腸の調子が悪い時に食べるとホッとする味ですよ。

そうめんを食べる時のマナー

一口で食べきれる量を

そうめんを食べる時に気をつけたいのが、麺を一度にたくさん取り過ぎないこと

食べるときも一口で食べられる量にして、途中で噛みきらないようにします。めんつゆにそうめんがいつまでも入ったままというのも、食べ方が汚く見えてしまいます。

少量づつ取ってその都度食べきり、また新しい麺を取るようにしましょう。

soumeneat2

音は立てて大丈夫?

諸外国では麺を食べる時に、音を立ててすするのはマナー違反と言われます。

しかし日本では麺類を食べる時に、すする音を立ててもマナー違反になりません。

わざと音を立ててすするのはどうかと思いますが、普通に音が出る分には大丈夫。そうめんも麺類ですので、軽く麺をすすって頂きましょう。

お客様に出す時は

氷水張った器に入れたそうめんは、お客様にお出しするには少々問題が。時間が経つと麺が水分を吸ってしまい、麺が伸びて味が落ちてしまいます。

なので一口分ずつ丸くまとめてお出しすると、お客様が食べやすくなります

□そうめんの茹で方 そうめんの作り方

*1分10秒から、そうめんを一口分にまとめる方法が紹介されています。

幅広くいただけるそうめん

関連記事:そうめんのカロリーは高いって本当?ダイエットにはどうなの?

そうめんは冷たくして、めんつゆで食べるイメージが強いメニュー。

しかし、麺の味があっさりしているため、どんな味にも意外と合うんですよ

今回紹介した食べ方以外にも、パスタソースと合わせたりカレーをかける「ズボラ飯」も。暖かくしたにゅうめんも美味しいので、冬でもそうめんは活躍できますね。

食べる時は欲張りすぎず、ほどほどにすすって美味しくそうめんを食べましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

人気のコーヒー豆とは?その種類と特徴を一覧で5つご紹介!

「コーヒーが大好き!」という方は多いと思いますが、カフェに限らず、今や自宅でも、コンビニでも、どこで

記事を読む

絹ごし豆腐と木綿豆腐の違い。栄養価はどう違う?

最近、スーパーのお豆腐コーナーに行くと、 絹ごし豆腐が多いですよね? 木綿豆腐はあまり置

記事を読む

栗はダイエット向き?調理法によるカロリーの違いとおすすめの食べ方!

秋になると旬の食べ物が出回りますが、その中でも栗はとくに美味しい食べ物。 天津甘栗やモンブラン

記事を読む

目の疲れに良い食べ物を6つ厳選!レシピも紹介します!

毎日の生活で知らず知らず酷使してしまう「目」は、見えづらくなって初めて大切さに気づく器官。

記事を読む

味噌汁の具に人気の組み合わせは何?定番から変わり種まで!

日本人の食事の定番と言えば、味噌汁は外せません。 最近では作らない家庭も増えていますが

記事を読む

薄力粉と強力粉の違いと使い分けは?代用はできるの?

小麦粉っていろんな種類がありますよね。 薄力粉、強力粉、中力粉、全粒粉・・など 種類が沢

記事を読む

アスパラガスの優れた栄養とカロリー!体に嬉しい食べ方とは?

アスパラガスは緑色が鮮やかで、お弁当に入れると華やかになりますよね。 クセが少なく甘みが強いた

記事を読む

コチュジャンと豆板醤の違いと使いわけ。代用は出来るの?

代表的な韓国料理の一つであるビビンバですが、今や家庭で作るという方も多いんじゃないでしょうか

記事を読む

お寿司のカロリーはどれくらい?ダイエットに適した食べ方は?

和食は洋食と比べてヘルシーなことが多く、ダイエットに最適の食事とも言われています。その和食の代表と言

記事を読む

いちじくの旬はいつ?その優れた栄養・効能とおすすめレシピを紹介します!

最近ではハウス栽培のおかげで、一年中美味しい果物が食べられるようになりました。しかし傷みやす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

春一番の意味とは?気象庁の定義や名前の由来について

https://youtu.be/Urp6lWZ82io 天気の

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑