7月から8月にかけて、全国各地で七夕のイベントが開催されます。日本三大七夕祭として取り上げられるイベントがある一方、関東でも「三大七夕祭」があるのをご存知ですか?

関東三大七夕祭と言えば、
「ひらつか七夕まつり」「入間川七夕まつり」そして「茂原七夕まつり」の三つ。

この中では平塚の七夕が有名ですが、実は茂原七夕祭りは他とは違うとても楽しい七夕なんですよ!

美しくて楽しい茂原七夕祭り、2018年の日程や見どころ、アクセス・交通規制情報などについて紹介します。

スポンサーリンク

茂原七夕祭りとは?

千葉県最大級の七夕!

原七夕まつりとは、千葉県茂原市(もばらし)で毎年7月に開催されている七夕祭りです。

その歴史は昭和30年(1955年)までさかのぼり、2018年度で64回の開催となる伝統の七夕のお祭り。

始まったきっかけは、「市民の祭を作り、地域を盛り上げよう」という地域振興を目的としたものです。その賑わいは関東三大七夕祭りにも数えられ、茂原市民以外にも知られるお祭りになりました。

そして現在では毎年80万人以上が訪れる、人気の七夕祭りへと成長したんですね。

七夕のお祭り

茂原七夕祭り2018年の日程

例年7月下旬に

茂原七夕まつりの日程は、例年7月下旬の金・土・日の3日間開催2018年の開催も暦通り次の通りになります。

  • 開催日:2018年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)
  • 会場:JR茂原駅周辺の商店街(サンシティ町保商店街)、フェスタ21会場

夏休み開始直後の週末とも重なるため、家族揃って楽しめるのもうれしいですね。

会場となるのは、JR茂原駅周辺の商店街。フェスタ21という特設スペースも設けられ、様々なイベントで盛り上がります。

追記:
台風12号の関東接近による影響により、7月27日(金)のキャンドルナイト、7月28日(土)の全ての行事は中止が決定しました。
7月29日(日)は予定通り行われる予定ですが、詳細は茂原七夕祭りのホームページでご確認ください。

スポンサーリンク

茂原七夕祭りの内容・見どころ

七夕飾りで埋め尽くされる!

茂原七夕祭りの特徴は、会場周辺を埋め尽くす勢いで飾られる七夕飾り

3メートル以上もの笹を飾り、そこから七夕飾りをつるしたり短冊をつるします。

また七夕飾りは毎年審査会の対象となり、例年初日に結果発表が。最優秀に選ばれた作品を探したり、他の入選作品と見比べるのも面白いですよ。

*上から吊り下げられた七夕飾りは、迫力満点ながら懐かしさも感じられます。

もばら阿波踊り

茂原七夕祭りでは、土曜日の7月28日、18時から20時10分頃まで「もばら阿波おどり」が開催されます。

第23回(1976年)から行われていますが、毎年10連(チーム)以上、総勢1000人近い踊り子が参加。JR茂原駅東口からサンシティ町保商店街にかけての道路を埋め尽くします。

*チームが違えば踊りも違うので、次々に見ていても飽きませんね。

メイン会場は茂原市総合市民センターで、ここを中心としながら周回コースを踊りながら通過します。

例年、「大曽根マタニティークリニック → 町保コーポ → 信州屋 → 総合市民センター」というコースを巡回。沿道で踊りを見るのもいいですし、総合市民センターで帰りを待つのも良いですね。

YOSAKOI(よさこい)

もはら阿波踊りと並んで盛り上がるのが、日曜日の7月29日に行われる「よさこい(YOSAKOI)」です。

第46回(2000年)から始まったよさこいですが、例年10時半ごろから始まり、審査を経て17時ごろに結果発表という流れに。10チーム前後・総勢500人以上が参加し、市民会館・昌平町通り・商工会議所隣道路で楽しめます。

*迫力満点で、見ているとウキウキしてきます。

フェスタ21会場のショーや、キャンドルナイトも

七夕祭りで、踊り以外にもイベントが盛り沢山。フェスタ21会場では例年お笑い芸人を招待してショーが行われたり、地元小中学生の演奏が披露されます。

また市役所前を流れる豊田川では、「キャンドルナイト」が行われます。

  • 7月27日(金)は15時
  • 7月28日(土)、29日(日)は16時

より、キャンドル入りの竹に火が灯されます。

竹には短冊が付いていて、希望すれば誰でも願いを書き込むことができます。夕闇に揺れるャンドルの火は幻想的で、いつまでも見ていたくなる光景ですね。

七夕まつり

アクセス・交通規制情報

公共交通機関でのアクセス

東京から茂原へ向かうには、JR千葉駅で外房線に乗り換え茂原駅を目指します。茂原駅南口を出ると、メイン会場はすぐそば。人の流れもあるので迷うことはないでしょう。

なお茂原市役所は会場より少し離れた場所にあるため、バスを利用すると便利です。期間中には臨時の停留場が設置されますし、料金も100円となっています。

交通規制情報

例年七夕まつり期間中は、交通規制が敷かれます。

主な交通規制は例年通りとすると、次の予定です。

日にち 通り 規制時間
7/26(木) 駅前通り、榎町通り 10:00~19:00
7/27(金) 駅前通り、榎町通り 10:00~21:00
昌平町通り、駅周辺の一部
7/28(土) 駅前通り、榎町通り 10:00~22:00
昌平町通り、駅周辺の一部
サンシティ町保通り 15:00~21:00
7/29(日) 駅前通り、榎町通り 10:00~21:00
昌平町通り、駅周辺の一部

この他にも細かな通りで、車両通行止め・一方通行などの規制があります。

基本的に上記の通りにつながる通りは、交通規制の対象となると考えたほうが良いですね。そのため車で茂原市を通過する必要がある場合、通れないこともあるので注意が必要です。

【関連記事】

静と動で七夕を楽しむ

原七夕祭りは、七夕飾りの「静」と各種踊りの「動」が楽しめるイベント。

昼間は七夕飾りとよさこい・阿波踊りで楽しみ、
夜はキャンドルナイトでゆったり楽しみたいですね。

なお毎年80万人以上が訪れるイベントですので、見物の際は譲りあって気持よく見物したいもの。

短冊に書く願い事も、優しい気持ちの人から叶えてくれるかも知れませんよ。関東三大七夕の一つ、茂原七夕祭りで夏休みの始まりを楽しみましょう!