マホを毎日使う人の中で最近増えているのが、親指から手首にかけて痛みが走る腱鞘炎

パソコン作業を毎日行う人や子育て中のお母さんの中にも、腱鞘炎に苦しんでいる方が多いと良く聞きます。

かつてはレジ打ち仕事の方がなりやすかった腱鞘炎ですが、現代では誰でもなりうる困った症状。病院にいけば治療は可能ですが、実は家でもある程度の治療は可能です。

そこで手首の腱鞘炎の症状と、簡単にできる治し方をご紹介します!

スポンサーリンク

腱鞘炎とは

正式名称は…

腱鞘炎の正式名称は、「狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)」というものです。

普段何気なく動かしている手は、手の骨や筋肉とつながっている腱(けん)の働きによるもの。脳から動けと信号が届くと筋肉が収縮しますが、その時に腱も連動して動きます。この動きによって指は、体の他の部分とは違う細やかな動作が可能となっています。

腱は腱鞘(けんしょう)という管のなかにあり、管の中には潤滑液で満たされています。これらのおかげでなめらかに指が動くのですが、手を使い過ぎると腱鞘が炎症を起こすことが。

これがいわゆる「腱鞘炎」となって、私達を苦しめるのです。

kenshoen1

指が、手首が痛い!

腱鞘炎になると、主に次のような症状が現れます。

  • 指が曲がりづらくなったり、曲がらなくなる。
  • 指を曲げると元に戻りづらくなる。
  • 指を曲げると痛くなる。
  • 親指の付け根から、手首・肘にかけて鋭い痛みが走る。
  • 物をつかもうとすると、手首に鋭い痛みが走る。
  • 手首全体が腫れぼったく熱を持ち、力が入らなくなる。
  • 指を動かす動作が上手くできなくなる。

これらの症状のうち、指だけに限定して起こる場合は「ばね指」と呼ばれます。ピアニストやスマホ・キーボードを使う人など、指をよく使う方が発症しやすい傾向が。同時に手首などの症状も出やすく、一度なってしまうと仕事に影響が出てしまうこともあります。

一方手首を中心として症状が出ている場合、「テニス肘」とも呼ばれます。これはテニス愛好家に多く現れた為、テニスが原因だと考えられた時期があったから。現在は親指の腱の名前から、「ドゥケルバン腱鞘炎」とも呼ばれています。

手首の腱鞘炎の治し方

kenshoen2

ばね指も辛いのですが、それ以上に手首の腱鞘炎は辛いもの。

これらの腱鞘炎の症状を自宅で解消するためにはどのような方法があるのか?について順にご紹介します。

まずは休憩

腱鞘炎で手首が痛くなったときは、まずは休憩を取りましょう

腱鞘炎の痛みは炎症が原因ですから、無理して作業などを行うと症状が悪化してしまいます。痛いだけならいいのですが、指が上手く曲がらない・力が入らなくなるとかなりの重症。

忙しいかも知れませんが、まずは手首を休ませることが大事です。

スポンサーリンク

湿布を貼るのは手首じゃない?

次に痛みが出ているところに湿布を貼って、炎症を抑えましょう

この時は手首や親指の付け根付近に貼ることが多いですが、実はここだけでは足りません。プラスして肘から手首の間の腕にも貼りましょう

具体的には、「手の甲を上にして腕を伸ばした時に、体の外側にくる肘から手首の間」です。ちょっとわかりづらいですが、この間の筋肉がある辺りに大きく貼ると大丈夫。

いわゆる「テニス肘」状態で痛い場合、実は手首よりもこの部分の腱鞘が炎症を起こしています。なので手首だけをケアしても、いつまでも痛い状態が続くことがあります。もし湿布を貼っても効果がないという人は、この部分に貼ると痛みが治まりますよ。

休憩中にストレッチ

休憩中に手を休ませることも大切ですが、軽くストレッチを行うと痛みが楽になります

固まった筋肉がほぐれ、腱鞘炎で変にかばってしまった体がほぐれる効果もありますよ。

ストレッチは次の順番で行います。

  1. 両腕を前に伸ばし、指を「グー・パー」とゆっくりと10回程度繰り返す。
  2. 手首を軽く上に曲げて10秒停止、下に曲げて10秒停止を5回繰り返す。
  3. 片手の手のひらを上にし、もう片方の手で手のひらを軽く下に押して110秒程度停止。
  4. 反対の手も同様に行い、これを交互に3回程度行う。

(3)と(4)のやり方がわかりにくい場合は、こちらの動画を参考にしてみてください。

*あくまでも無理のない範囲で行い、痛みを感じたらすぐに中止しましょう。

仕事はほどほどに

首や指が痛くなる腱鞘炎は辛いですが、湿布の貼り方や適切なストレッチである程度は治せます。もしそれでも痛みが続くなら、必ず病院で診察してもらいましょう

放置すると治すのも時間がかかりますし、日常生活にも影響が出てしまいます。そうなる前に無理をせず、ほどほどに休憩しながら手首をいたわる事も大切。

手首のためにも体のためにも、腱鞘炎にならない程度にきちんと休み休みしながら作業を進めていくようにしましょう!