ochugen1

頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多いお中元は、失礼のないように贈りたいものです。

しかしお中元は地域によって、贈る時期が違うことをご存知でしょうか?また気をつけたいマナーもいくつかあり、知らずに贈ると失礼になる事もあります。

お中元を贈る時期はいつからいつまでなのか?また、気をつけたいマナーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

お中元の時期はいつからいつまで?

関東地方の場合

関東地方では、一般的にお中元を贈る時期は、7月上旬から15日ごろまでが良いとされています。

これは関東地方のお中元の時期が、7月上旬から15日までとされているからです。関東地方における7月15日前後は、お盆に当たる時期。お中元はお盆までに贈るのがマナーなので、関東地方では7月15日までに贈るんですよ。

関西地方の場合

関西地方では、一般的にお盆はひと月遅れ。そのためお中元も、7月15日頃から8月15日までに贈る風習があります。

ただし最近では関西地方でも、関東に習ってお中元が早まる傾向が。関東地方の方に合わせてたり、百貨店のお中元商戦が早まってるからなのだそうです。

その他の地域は?

ochugen2

関東・関西以外の地域では、お中元の時期は次のような違いがります。

期間 地方
7月上旬から7月15日まで 東北・北陸
7月上旬から8月15日まで 北海道
7月15日頃から8月15日まで 東海・四国・中国
8月1日から8月15日まで 九州
その年の旧盆の間 沖縄地方

簡単に分けると・・
・関東より北は、7月上旬から7月15日まで
・関東より西は、7月15日から8月15日まで
・九州は、8月になってから
・北海道は、7月から8月15日までと期間が長め
・沖縄だけが、特殊な日程
となっています。

なぜ地域によって贈る時期が違うの?

なぜ地域によって、お中元を贈る時期が違うのでしょうか?

それは「お中元」という言葉に理由があります

お中元の「中元」は、元は中国の道教における「三元」という節目のひとつ。旧暦7月15日にあたる日が中元で、火をたいてお祭りを行いました。これが日本に渡り、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という風習と一体化。現在私たちが知る、「お盆」となったんです。

もともとお盆には仏様にお供えをし、それをご近所に配る習慣がありました。ここからお世話になった方に贈り物を贈ることを、「お中元」と呼ぶようになったんですね。

まとめると、「お盆は地域によって時期が違うため、お中元も贈る時期が違う」のです。

スポンサーリンク

お中元で気をつけたいマナー

挨拶状を添えて

お中元は本来でしたら先方を訪ね、直接渡して気持ちを伝えるもの。しかし遠方の場合や多忙な現代では、業者を通じて宅配をお願いするのが一般的です。

そこで挨拶状を添えて、日ごろのお礼を伝えましょう

内容は季節の挨拶とお中元の中身、そしていつ贈ったのかを書き添えます。お中元に添えても良いのですが、出来れば数日前に郵送しましょう。先に知らせることで受け取りのすれ違いを防ぎ、特に生鮮品が傷むことを防ぎます。

ochugen3

いただいたらお返しは必要?

お中元を頂いたときは、基本的にお返しは必要ありません

というのもお中元は、日ごろお世話になった方へお礼として贈るもの。いただいた側は「お世話した側」となるため、改めて送る必要はないのです。

しかし最近では気軽に送る「贈り物」のひとつとして、お中元を活用することも。そういった場合は、お礼として贈り物を贈っても良いでしょう。この場合の相場は、頂いた品と同等程度のものを送ります。

お返しを必要としない場合でも、お礼として礼状を送ると良いでしょう。

贈るのが遅れた場合は

もし贈り忘れなどがあった場合は、
「暑中お見舞い」
「残暑お見舞い」

としてお中元を贈りましょう。

地域と贈る時期に合わせて、表書きは以下のように変更します。

期間 表書き
7月15日以降、8月7日まで 暑中お見舞い
8月8日以降、8月末まで 残暑お見舞い

*立秋の日を境に暑中お見舞いから残暑お見舞いになります。立秋の日は年によって1日程度変わります。

相手が喪中の場合は

年賀状の場合、相手が喪中ですと欠礼として年賀ハガキは出しません。しかしお中元は祝い事ではないため、喪中の場合でも贈ってもかまいません

ただし四十九日を終える前でしたら、時期をずらすなど配慮が必要。残暑お見舞いとなる時期に、「忌中お見舞い」として出すと気遣いとなりますよ。

きちんと贈りたい!

関連記事:お中元の人気ギフトランキング五選!喜ばれる贈り物は何?

お中元は日ごろお世話になった方へ、感謝の気持ちを伝えるためのもの。目上の方・お世話になった方・親しい方へ、気持ちとともに贈りたいですね。

近しい方への場合でしたら、あまり堅苦しくなくお中元を。
そして目上の方への場合は、失礼のないようマナーを守って期日内に贈りましょう。

きちんとしたお中元は、きっと相手に爽やかな印象を伝えてくれますよ