menssandal2

温がだんだん高くなってくると、どうしても靴の中が蒸れてしまいがち。特に男性は汗っかきですから、一日外回りをした後の足元は言葉に出来ない状態に…。

仕事中は難しくても、オフの日はサンダルで足元を涼しく過ごしたいですよね。しかしサンダルの時は、どのようなコーデがぴったりなのでしょう?

メンズのサンダルコーデで押さえたいポイントと、おすすめのブランドを紹介します

スポンサーリンク

メンズのサンダルコーデのポイント

ラフすぎるとだらしなく見える?!

サンダルを履いた時の服装を、なんとなくで良いので想像してみてください。

「Tシャツにハーフパンツ、素足にサンダル」という、涼し気なコーデになっていませんか?

このコーデは基本を押さえてはいますが、一歩間違えるとラフすぎるコーデに。無地の白Tシャツに薄いベージュのハーフパンツとなると、寝る前みたいな服装ですよね。

もしTシャツにハーフパンツとしたいなら、上にYシャツを加えるだけでも違ってきます。アロハシャツや柄物シャツですと、賑やかさがラフではなくリゾート感に変化。シャツが暑いならTシャツをロゴTや柄物にするだけでも、印象の良いラフ感に。

ハーフパンツも生地のしっかりしたものや、七分丈ぐらいに変えるとラフ感が抑えられますよ

menssandal3

サンダルは「外すポイント」と考える

サンダルの中でもスポーツサンダルは、ソールの厚みがあって長く履いても疲れにくい特徴が。ビーチサンダルなどと比べてもデザインが良く、どのような服装にもフィットします

さすがにスーツなどは苦手ですが、きちんと感があるカジュアルならOK。

ポロシャツや半袖シャツにチノパンを合わせたスタイルに、サンダルを取り入れてみましょう。きちんと感のあるスタイルのなかで、サンダルが「外すポイント」となっておしゃれになります。

あえて靴下!

またスポーツサンダルの場合、足の甲や足首で固定するデザインがほとんど。

そのため靴下を履いていてもサンダルが履けるため、あえて靴下を合わせるコーデも可能です

足元の涼しさは少し減りますが、足指が隠れるためきちんと感がアップ。また靴下を合わせることで、Tシャツ+ハーフパンツの組み合わせも上品にまとまります。

靴下の丈は長すぎるとちぐはぐになるので、くるぶしが隠れる丈で合わせましょう。

スポンサーリンク

メンズサンダルのおすすめブランド

Teva(テバ)

Teva(テバ)はアメリカのサンダルブランドで、スポーツサンダル(ストラップタイプ)の元祖。

サンダルに靴下を合わせるコーデを提唱したブランドでもあり、一足は持っておきたいブランドです。

その特徴はマジックテープで固定出来る履きやすさと、ソールが厚くて長く履いても足にやさしいこと。靴下と合わせやすい白が人気を集めていますが、黒やストラップがオシャレなタイプも人気です。

Chaco(チャコ)

Tevaと共に挙げられる、スポーツサンダルの代表格がChaco(チャコ)です。

こちらはストラップの長さが調整可能で、サンダルのなかでも脱げにくさは抜群。

ソールがやや硬めなので、フィット感も合わせて履いて見てからの購入がおすすめです。色は黒がベースのものが人気が高く、レディース用とペアで買う人も多いんですよ。

Havaianas(ハワイアナス)

ビーチサンダルタイプで人気を集めているのが、Havaianas(ハワイアナス)です。

ビーチサンダルの形を決定づけたブランドともいえ、長く愛されているブランドでもあります。

ソールには天然ゴムを配合していて、履き心地と耐久性に優れているのが特徴。ブラウンのソールタイプ一足あれば、どんなコーデにも合わせやすいですよ。

Island Slipper(アイランドスリッパ)

ビーチサンダルでリゾート感を出したいのなら、Island Slipper(アイランドスリッパ)がおすすめ。

ハワイのブランドなだけあって、カラフルでビーチによく似合うデザインが特徴です。

創業者が日本から移住してきた方ということもあり、職人の手による仕上がりはとてもこまやか。よく見ると下駄の鼻緒のようなトングでもあり、日本の風景にもよく溶け込みます。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

ソールがコルクタイプのサンダルなら、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)はいかがですか。

ドイツのブランドらしい堅実な作りと、歩きやすさと丈夫さが人気の秘密です。

デザインがシンプルなので、街角・ビーチ・屋外と場所を選ばないのもコーデにはうれしいところ。秋まで使えるカラーリングは、ヘビーローテ確実なサンダルでもあります。

まずはいつものコーデに

【関連記事】

元を涼し気な印象にするサンダルは、見た目以上に様々なコーデを受け止めてくれるアイテム。コーデに迷ったときは、いつものコーデにサンダルを合わせてみると意外と合うかも。

気をつける点としては、油断するとラフ感が出すぎてだらしなくなる点だけ。そこに気をつけてコーデすれば、サンダルは素敵な夏の相棒となってくれます。

歩きやすくオシャレなサンダルを入手して、夏コーデに華と涼しさを添えましょう!