ptipra1

シャレの考え方が多様化した現在、「プチプラ」がとても人気を集めています。

・旬のファッションをしたいけれど、価格的に手が出しづらい…。
・流行のアイテムは旬が命だから、あまり高いものは買いたくない!

そんな方にとってプチプラは強い味方ですが、いかにもプチプラ!というコーデにはしたくないですよね。

人気のプチプラコーデで押さえたいポイントと、プチプラのメリットなどについて紹介します!

スポンサーリンク

プチプラとは?

可愛くてお手頃!

ところで何気なく使っている「プチプラ」ですが、どういう意味の言葉なのでしょう?

プチプラは略語で、正式には「プチプライス」というもの。

プチプラの「プチ」は、フランス語の「Petit(プティ)」から来ています。意味は「小さい」ですが、子供や小さい物に対して「かわいい」という意味としても使います。

プチプラの「プラ」は英語の「price(プライス)」で、こちらの意味は価格。

二つの意味を合わせると、「小さくて可愛い価格のもの」となります。

お値段が小さい(=安い)事、そしてお手頃価格で可愛いからというニュアンスですね。もちろん造語ですから、日本以外の国では通じない言葉です。

ptipra2

旬のコーデを手軽に

プチプラが人気を集めている理由としては、次の理由が挙げられます。

旬のアイテムが安い

旬のアイテムは流行が終わると、「今更感」の出てしまうアイテム。奮発して購入したものですと、旬を過ぎてもいつかまた流行するとタンスの肥やしになりがち。

しかしプチプラなら、旬をすぎれば思い切って処分が可能。あるいは品質的に旬を過ぎる頃にはくたびれていることもあるので、捨てやすい面もありますね。

シンプルな定番アイテムもお手頃価格

プチプラは旬のアイテムばかりでなく、定番アイテムも取り揃えています。季節を問わず1枚は欲しいカーデガンやYシャツ、ポロシャツにジーンズにワンピースなど。

流行の変化が激しくても、普遍の定番商品は常に手元に欲しいもの。そんな時にもプチプラでしたら、賢く買えるのでとても便利なんですよ。

スポンサーリンク

プチプラコーデのポイントは?

必ず試着を

プチプラで失敗しやすいポイントとして、価格だけで衝動的に買ってしまう点があります。確かに旬のアイテムにしても定番アイテムにしても、他のショップよりお買い得な事がほとんど。

しかしサイズ表示だけ見て購入すると、実際に履いてみるとサイズが合わないことも。あるいはサイズは合うものの、イメージしていたものとちょっと違ってた…なんてことも。

プチプラだからこそ、試着をして自分に合うものかを確認してから購入しましょう。

ptipra3

意識して二色・三色コーデを

プチプラで買い揃えていくと好きな色を買う傾向があり、どうしても単色コーデになりがち。そんなつもりでなくても、いざコーデしてみたら上下同じ色なんてこともよく起こります。

こういう時は上下は同系色にし、インナーを別な色で変化をつけると上品にまとまります。またアクセントとしてネックレスなどアクセサリーを使うと、やはり変化が生まれます

逆に全体の色がバラバラだと、「安い服をとりあえず着た」という印象にもなりかねません。プチプラコーデは三色程度にまとめ、どのアイテムにも共通の色があるようにコーデしましょう。

春~夏ならこんなコーデで

春から夏にかけての旬のコーデも、プチプラなら簡単に揃います。

ガウチョは丈と色で複数揃えて

昨年から流行のガウチョは、今年もまだまだ大活躍!ひざ丈ぐらいのガウチョなら、上にきれいめのシャツを合わせるときれいめコーデになります。

裾はガウチョにインが基本ですが、お腹まわりが気になるなら上にカーディガンを羽織りましょう。

ガウチョならスカート風なのに動きやすいので、子供連れの時でもありがたいですね。

一枚は欲しいチルゼンニット

スキニージーンズもプチプラでは定番アイテムですが、そこに合わせたいのがチルゼンニット

チルゼンニットとは、Vネックと袖の部分に太いラインがデザインされたニットのことです。プチプラでも定番商品で、新色が出るたびに品薄になるほどの人気なんですよ!

インナーにYシャツを合わせてチラ見えさせ、スキニーと合わせるとカバー力のあるすっきりとしたコーデに。Vネックなどの太いラインが細見え効果を生むので、上半身が気になる人におすすめです。

プチプラでコーデの幅を広げよう

チプラはシンプルコーデがしやすく、旬のコーデも取り入れやすいのが魅力的。ラインで揃えても1万円でお釣りが出ることもあるので、節約コーデとしても大活躍します。

特に服を汚す場面が多い子育て世代の方にとって、汚しても換えを買いやすい価格帯はうれしいもの。旬のコーデを楽しみつつ子育ても楽しめれば、毎日の生活にも変化とハリが生まれますよ。

シンプルながら多彩なコーデが楽しめるプチプラを、上手に利用してコーデの幅を広げましょう!