より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日が書かれていて、見ているだけでワクワクしますよね。

そんな中で一つ気になったのが、「社日」というもの。文字だけ見ると、会社や社会に関係する日なの?と思ってしまいますね。

そんな読み方も気になる「社日」の2019年の日付また社日の意味や由来などをまとめてみました。

スポンサーリンク

社日とは?

読みは「しゃにち」

社日ですが、読みは「しゃにち」と言います。

地域によっては、

  • 「春社」(しゅんしゃ・はるしゃ)
  • 「秋社」(しゅうしゃ・あきしゃ)

とも言うので、これなら知ってる人もいるのではないでしょうか。

しかしどちらにしても聞きなれない言葉で、初めて知ったという人も多いかも知れませんね。

鳥居

社日は雑節の一つ

社日は節分や八十八夜などと同じく、「雑節」の一つです。

日本には四季をおよそ24等分にした、「二十四節気」という考え方があります。

春分・秋分・夏至・冬至などが二十四節気で、様々な行事を行うお馴染みのものですね。この二十四節気は元々中国で行われていたものが、日本に伝わったもの。そのため日本の気候に合わせると、ちょっと合わない部分があるんです。

なので「日本では取り入れたい、季節の行事がある日」を補ったのが「雑節」というわけです。

2019年の社日はいつ?

年に2回もある!

2019年の社日は、

  • 【春社】…2019年3月22日(金)
  • 【秋社】…2019年9月18日(水)

となります。

「春社・秋社」と言われているのは、社日は年に2回ある関係で、春と秋に分ける必要があったからです。

2回あるということで、春分と秋分に似ているとも言えますが、社日は実は春分・秋分に深い関わりがあるんです。

社日の日付は、

  • 春社は、春分に一番近い「戊(つちのえ)の日」
  • 秋社は、秋分に一番近い「戊(つちのえ)の日」

となるからです。

戊の日は、10日周期で繰り返す「十干(じっかん)」の一つ。2019年(平成31年)の春分・秋分の日付から、それに近い戌の日を見てみると、

  • 春分(3月21日)に一番近い戊の日は、3月22日(金)
  • 秋分(9月23日)に一番近い戊の日は、9月18日(水)

となるのがわかります。

ちなみに、春分、または秋分が「癸(みずのと)の日」の時は注意が必要です。

十干が10日周期になる関係で、春分・秋分が「癸の日」になるということは、戊の日と戊の日のちょうど中間になるからです。

この場合は、

  • 春分・秋分になった瞬間が午前中なら前の戊の日
  • 春分・秋分になった瞬間が午後なら後の戊の日

が社日となります。

スポンサーリンク

ところで戊の日ってなに?

先にも触れました、戊の日という言葉ですが、これは10日間で一定の周期を繰り返す「十干(じっかん)」の一つ

日めくりカレンダーに「戊午(つちのえ・うし)」などと、漢字2文字の暦が書かれていることがありますよね?この漢字の、前の部分が十干で、後ろの部分は干支でお馴染みの「十二支」なんですね。

  • 甲(こう・きのえ)
  • 乙(おつ・きのと)
  • 丙(へい・ひのえ)
  • 丁(てい・ひのと)
  • 戊(ぼ・つちのえ)←戊の日
  • 己(き・つちのと)
  • 庚(こう・かのえ)
  • 辛(しん・かのと)
  • 壬(じん・みずのえ)
  • 癸(き・みずのと)

以上が「十干」で、占いに使ったり順番を表すのに使われてきました。それぞれ1日ごとに割り当てられて、10日間で一巡していきます。

この中でも「戊(つちのえ)」は十干の5番目になります。

社日の意味や由来

土地神様が

土の恵み

社日を決める「戊の日」には、土が密接に関係しています。その意味は「つちのえ」という言葉にある通り、「土の兄」というもの。

ちなみに兄という表現は、「陰陽」の「陽」を表す言葉となります。陽は光の側面で太陽を表す、陰陽という中国の考え方の一つ。こう書くと難しそうですが、簡単に「土に関係のある日」と考えましょう。

五穀豊穣を願って

また社日の「社」には、その土地を守護する「産土神(うぶすなかみ)」という意味があります。地域ごとに産土神は存在し、守護する土地を豊かにしてその土地を生きる人を守ってくれ存在。

そのため社日には大地に感謝し、産土神を祀って五穀豊穣を祈願する習わしがあります。

一般には、

  • 春の社日… 麦や米などの五穀を奉納し、この年の豊作を祈願します。
  • 秋の社日… その年にとれた最初の稲(初穂)を奉納し、感謝を神様に伝えます。

ちなみに産土神は引越しなどでその土地を離れても、一生守ってくれる神様という側面もあります。なので安産の神様という考え方もあり、子供が欲しい方や妊婦さんに人気の神様でもあるんです。

大地は女性の象徴とも言われていますし、五穀豊穣と子宝祈願はどこか似ているのかも知れませんね。

お酒を飲むと耳が良くなる!?

社日はその土地に密接に関係しているため、地域ごとにその特色が大きく変わります

例えば産土神がいらっしゃる日なので、社日には土を触らない・農作業を行わない風習が残っている地域もあります。これはお祭りの日は休んで、日頃の労をねぎらうという側面もありますね。

□筥崎宮の秋季社日祭(お潮井とり)

*福岡の筥崎宮では、海岸の砂を集めて清める「お潮井とり」という風習があります。この砂にはお清め効果があり、体にかけたり新築物件にかけたり畑に巻いたりするんですよね。

また「社日」に鳥居のある神社を七社参拝すると、ボケ防止や痛風よけにつながるという言い伝えもあります。

更に「春社の日」に日本酒を飲むと、そのお酒は「治聾酒(じろうしゅ)」になるとか。耳が悪くなるのを防ぐそうなので、この日は美味しく日本酒を飲みたいですね。

あなたの地元でも…

畑

業に携わる方以外では、知らない人も多い社日。しかし地元に密接した日なので、地元の神社のお祭りが行われることも多いんですよ。

あるいは昔から伝わる風習で、春先や秋口に行うものは、社日が関わっていることも多くあります。

自分が知らなかっただけで、実はこの風習が社日が由来という事もあるかも知れませんね。気になったら確認してみて、その土地ならではの「社日」を楽しんでくださいね