社日の意味や由来とは?2017年はいつ?

| 日本の習慣・行事 | , ,

より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日が書かれていて、見ているだけでワクワクしますよね。

そんな中で一つ気になったのが、「社日」というもの。文字だけ見ると、会社や社会に関係する日なの?と思ってしまいますね。

そんな読み方も気になる「社日」の2017年の日付また社日の意味や由来などをまとめてみました。

スポンサーリンク

社日とは

読みは「しゃにち」

社日ですが、読みは「しゃにち」と言います。

地域によっては「春社」「秋社」とも言うので、これなら知ってる人もいるのでは。しかしどちらにしても聞きなれない言葉で、初めて知ったという人も多いかも知れませんね。

syanichi1

社日は雑節の一つ

社日は節分や八十八夜などと同じく、「雑節」の一つです。

日本には四季をおよそ24等分にした、「二十四節気」という考え方があります。

春分・秋分・夏至・冬至などが二十四節気で、様々な行事を行うお馴染みのものですね。この二十四節気は元々中国で行われていたものが、日本に伝わったもの。そのため日本の気候に合わせると、ちょっと合わない部分が。

なので「日本では取り入れたい、季節の行事がある日」を補ったのが雑節なんです。

2017年の社日はいつ?

年に2回もある!

社日は「春社・秋社」とも言われているのは、二回ある関係で分ける必要があったから。字を見て判る通り、社日は春と秋の二回あるんですね。春分と秋分に似ていますが、社日は春分・秋分に深い関わりがあります。

社日の日付は、春分、または秋分に一番近い「戊(つちのえ)の日」となります。

ただし春分、または秋分が「癸(みずのと)の日」の時は注意が必要。というのも、戊の日と戊の日のちょうど中間にあたるのが、春分、または秋分になるからです。

この場合は、
・春分・秋分になった瞬間が午前中なら前の戊の日
・春分・秋分になった瞬間が午後なら後の戊の日
が社日となります。

2017年(平成29年)では、
・春分(3月20日)に一番近い戊の日は、3月22日。
・秋分(9月23日)に一番近い戊の日は、9月18日。

ですので2017年の社日は、

3月22日(水)【春社】
9月23日(土)【秋社】

となります。

スポンサーリンク

ところで戊の日ってなに?

戊の日とは聞きなれない言葉ですが、一定の周期を繰り返す「十干(じっかん)」の一つ

日めくりカレンダーに「戊午(つちのえ・うし)」などと書かれているのを、見たことがありませんか?この前の部分が十干で、後ろの部分は干支でお馴染みの「十二支」なんです。

  • 甲(こう・きのえ)
  • 乙(おつ・きのと)
  • 丙(へい・ひのえ)
  • 丁(てい・ひのと)
  • 戊(ぼ・つちのえ)←戊の日
  • 己(き・つちのと)
  • 庚(こう・かのえ)
  • 辛(しん・かのと)
  • 壬(じん・みずのえ)
  • 癸(き・みずのと)

以上が十干で、占いに使ったり順番を表すのに使われてきました。

社日の意味や由来

土地神様が

syanichi3

社日を決める「戊の日」には、土が密接に関係しています。その意味は「つちのえ」という言葉にある通り、「土の兄」というもの。

ちなみに兄という表現は、「陰陽」の「陽」を表す言葉となります。陽は光の側面で太陽を表す、陰陽という中国の考え方の一つ。こう書くと難しそうですが、簡単に「土に関係のある日」と考えましょう。

五穀豊穣を願って

また社日の「社」には、その土地を守護する「産土神(うぶすなかみ)」という意味があります。地域ごとに産土神は存在し、守護する土地を豊かにしてその土地を生きる人を守ってくれ存在。

そのため社日には大地に感謝し、産土神を祀って五穀豊穣を祈願する習わしがあります。

一般には、

  • 春の社日… 麦や米などの五穀を奉納し、この年の豊作を祈願します。
  • 秋の社日… その年にとれた最初の稲(初穂)を奉納し、感謝を神様に伝えます。

ちなみに産土神は引越しなどでその土地を離れても、一生守ってくれる神様という側面も。なので安産の神様という考え方もあり、子供が欲しい方や妊婦さんに人気の神様でもあるんです。

大地は女性の象徴とも言われていますし、五穀豊穣と子宝祈願はどこか似ているのかも知れませんね。

お酒を飲むと耳が良くなる?!

社日はその土地に密接に関係しているため、地域ごとにその特色が大きく変わります

例えば産土神がいらっしゃる日なので、社日には土を触らない・農作業を行わないというものが。これはお祭りの日は休んで、日頃の労をねぎらうという側面もありますね。

□筥崎宮の秋季社日祭(お潮井とり)

*福岡の筥崎宮では、海岸の砂を集めて清める「お潮井とり」という風習が。この砂にはお清め効果があり、体にかけたり新築物件にかけたり畑に巻いたりするんですよね。

また社日に鳥居のある神社を七社お参りすると、ボケ防止や痛風よけにつながるという言い伝えもあります。

更に春社の日に日本酒を飲むと、そのお酒は「治聾酒(じろうしゅ)」になるとか。耳が悪くなるのを防ぐそうなので、この日は美味しく日本酒を飲みたいですね。

あなたの地元でも…

syanichi2

業に携わる方以外では、知らない人も多い社日。しかし地元に密接した日なので、地元の神社のお祭りが行われることも多いんですよ。

あるいは昔から伝わる風習で、春先や秋口に行うものは、社日が関わっているものも。

自分が知らなかっただけで、実はこの風習が社日が由来という事もあるかも知れませんね。気になったら確認してみて、その土地ならではの「社日」を楽しんでくださいね

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

喪中はがきの文例と無料で利用できるテンプレートをご紹介!

喪中はがきの準備は、年賀状の準備よりも先に始めないといけないので、バタバタしがちです。 しかも

記事を読む

秋分の日の意味や由来。2017年の日にちはいつ?何をして過ごすの?

秋の9月下旬の連休をシルバーウィークといいますが、年によっては連休が続く時もあれば、そうでない時もあ

記事を読む

新盆・初盆の読み方や迎える時に行う事。盆提灯はどうする?

身内が亡くなられてから初めて迎えるお盆は、慣れないこともあって準備でまどうことばかり。特に気になるの

記事を読む

海外はお祭り!2017年の冬至はいつ?食べ物や楽しい風習も紹介!

12月になると、かわいい動物がカボチャを食べたり、お風呂に入る映像を見かけませんか?

記事を読む

秋の七草の種類と分かりやすい覚え方。春の七草との違いは?

秋は味わい深い草花が多く、緑が鮮やかな春とはまた別の趣があります。 特に「秋の七草」と

記事を読む

定番曲から驚きの曲まで!盆踊りの曲をご紹介!

お盆の時期になるとどこからか盆踊りの音色が流れ、耳にする機会も多いのではないでしょうか。

記事を読む

「六曜」の読み方と意味とは?順番は決まっているの?

カレンダーに記載されている「大安」「仏滅」「友引」。最近は意味がないと思って、あまり気にしな

記事を読む

半夏生(はんげしょう)にタコを食べる由来は?2017年はいつ?

「半夏生(はんげしょう)」という言葉をご存知でしょうか? 関西地方では梅雨明け頃に、スーパーの

記事を読む

節分といわしの関係!柊鰯を飾る理由・食べる由来とは?

節分と言えば「豆まき」、そして「恵方巻」ですよね。 実は、他にも節分の食べ物には、

記事を読む

浅草寺の初詣、2017年の混雑予想!参拝時間はいつがいい?

浅草と言えば、江戸の「粋」がぎゅっと詰まった下町。国内外で大人気のスポット。 中でも浅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑