haitanone3

みには様々なものがありますが、辛い痛みの一つに歯痛があります。

急にズキズキと痛み出すと、ご飯も食べられず眠る事もできず本当に困るもの。放っておくと歯が抜ける原因になる虫歯は、痛くなった時にすぐ治療を受けるべきです。

とはいえ治療を受けるまでの間に、歯痛だけはなんとかしたいですね。

歯医者に行くまでの間に、歯の痛みを和らげる方法、また歯が痛いときにやってはいけないことについてご紹介します。

スポンサーリンク

歯の痛みを和らげる方法

和らげる前に覚えておきたいこと

歯痛を和らげる方法はいくつかありますが、いずれも「痛みを一時的に抑える方法」です。

虫歯そのものを治す方法ではなく、痛みが収まっても虫歯は残ります。虫歯の治療は歯医者に行くしか方法がなく、放置してしまうとその歯が抜けてしまうことも。そうなると顔のバランスが崩れますし、他の歯にも影響が出てしまいます。

痛みが取れたらそれで終わりではなく、必ず歯医者で治療を受けましょう。

haitanone1

冷やす

歯医者に行くまでの間に、歯の痛みを和らげる方法はいくつかあります。

まず手軽に試せるのが、痛む場所を冷やす方法です。

歯が痛い時は歯ぐきが腫れていることも多く、冷やすことで腫れを抑える効果が。神経を落ち着かせる効果もあるため、同時に痛みを和らげることができます。

冷やす方としては、濡れタオルや保冷剤を包んだタオルを頬の上から当てて冷やしましょう。同時に氷を口に含むと、口の中と外から同時に冷やせて更に効果が期待できます。タオルや氷が無い場合、口を軽くゆすぐだけでも痛みが和らぎますよ。

ツボを押す

会議中などで冷やせないときは、ツボ押しを試してみましょう。

歯痛に効くツボはいくつかありますが、その中でも手にあって押しやすいツボを紹介します。

◎歯痛点(しつうてん)
その名の通り、歯の痛みに効果のあるツボ。手のひらの中指と薬指の間の付け根部分にツボがあり、強めに揉むことで効果を発揮します。

◎合谷(こうごう)

合谷(ごうこく)@お灸・鍼治療の「ツボ」の取り方

手の甲の親指と人差指の骨が交わる辺りにあるツボが合谷です。

このツボは歯痛以外にも、肩こり・頭痛・風邪の初期症状にも聞く万能のツボ。首から上が辛い時は、とりあえず合谷を押してみましょう。

薬に頼る

即効性が高い方法として、鎮痛剤などの薬に頼る方法があります。

鎮痛剤を飲む場合は、即効性の高い「ロキソニン」系がおすすめ。眠くなる成分が含まれないため、仕事中でも飲める利点があります。

また新今治水(しんこんじすい)という液体薬が、歯痛にはとても効果的です。

これは液体を染み込ませた綿を患部に入れる事で、神経を一時的に麻痺させる薬。即効性が高いのですが、家にないことも多いのでドラッグストアで探してみては。

変わった方法としては、正露丸を虫歯に詰める方法も。

正露丸の成分が一時的に歯の神経を麻痺させるため、痛みが和らぎます。ただし独特の匂いが口いっぱいに広がるので、出来れば他の方法をおすすめします。

スポンサーリンク

歯が痛い時にやってはいけないこと

痛い歯に触る

痛い部分があると、ついその部分をさわってしまいがちです。しかし痛い歯に触れても痛みは治まりませんし、逆に触ったことで痛みが増すことがあります。

食事はなるべく痛くない方の歯を使い、あまり強く歯ブラシを当てないようにしましょう。

また正露丸などを歯に詰めるときも、患部に触れるのは最低限にしましょう。

熱いお風呂と長風呂

歯が痛い時は、歯ぐきが腫れるなどして熱を持っていることがあります。こういう時に血流が良くなると、痛みが強くなってしまう原因に。

血流が良くなる行動としては、激しい運動をしたり長風呂が挙げられます。特にお風呂は体がとても温まるため、血流がとても良くなります。普段なら長風呂で体温を上げるのは良いことですが、歯が痛い時は逆効果。

お風呂の温度はぬるめにして、あまり長く湯船に浸からないようにしましょう

お酒は絶対飲まない

歯が痛い時に一番やってはいけない事は、お酒を飲むことです。お酒を飲むと、一時的に歯の痛みが取れることがあります。これはアルコールの作用で、歯の神経が一時的に麻痺するから。

しかしこれまたアルコールの作用で血流が良くなるため、結局は痛みが増してしまいます。更に鎮痛剤を飲んでいる時にお酒を飲むと、薬が効き過ぎるなどの副作用が出ることも。

歯が痛い時はお酒を飲まず、まずは安静にして痛みが収まるのを待ちましょう

きちんと歯科で治療しよう

に出てしまう歯痛は、時として他の作業ができなくなるほど辛いもの。取り合えす痛みを和らげる方法を覚えておけば、歯医者に行くまで乗り切れそうです。

しかし、痛みが和らいでも虫歯自体は治っていません。虫歯でなく知覚過敏のケースもあるかと思いますが、あくまでこれらの方法は一時的な対処法。できるだけ早く歯医者に行って治療を受けましょう

痛いのをこらえて何度も和らげるよりも、治した方がすっきりと痛みとお別れできますよ!