遠目で見た大学

学受験を切り抜けて、合格切符を掴んだ後に待ち受けるのが大学の入学式。それまで制服で過ごしてきた人にとって、大学での最初の難関がここかもしれません。

パンフレットには「服装は自由」とあっても、何を着て良いのか頭を抱える人もいるのでは。女子としてはここで一つおしゃれに決めたいですが、入学式の服装はどんなものがよいのでしょうか。

大学の入学式における、女子の服装の傾向と押さえたいポイントについて紹介します。

スポンサーリンク

大学の入学式に着る服装のポイント

リクルートスーツは万能選手

学式を始め、改まった席での衣服で悩んだら、「大学生はリクルートスーツ」と覚えておきましょう。

就活のイメージが強いですが、リクルートスーツは一着あるととっても便利。極端な話、リクルートスーツは大学生における制服のようなもの。高校までの冠婚葬祭で制服を着用していたように、リクルートスーツを着用すればまず問題ありません

実際の大学生活でも活用する場面が多いので、この機会に一着用意しておくといいですね。

進学先はどこですか?

リクルートスーツじゃ地味すぎる、もっとおしゃれがしたい!と思う方もいるかもしれません。しかし大学の校風によっては、周囲から浮いてしまう可能性も考えられます。

例えば国公立大学の場合、伝統ある学校であるほど男女共にスーツを選ぶ傾向にあります。

一方私立大学は同じスーツでも、カジュアルさを全面に出したスタイルが比較的多くなります。特に女子大ですと、女子同士のオシャレさをスーツという枠で勝負する事も。

□慶應義塾大学入学式

*30分頃から新入生が登場しますが、慶應は男女問わずほとんどがスーツですね。

自分が進学する学校の校風がわからなければ、事前に動画サイトなどで確認してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

大学の入学式ではどんな服装が良いか

リクルートスーツの場合

リクルートスーツを着用する場合、スカートとパンツのどちらを選べば良いのでしょうか?

この場合スカートでもパンツでも大丈夫ですが、スカートのほうが選ばれる傾向にあります。しかしパンツスタイルが似合う方なら、自信を持ってパンツスタイルを選びましょう。

色に関しては、黒や紺といったダークカラーがおすすめ。落ち着いた印象になりますし、黒ならば冠婚葬祭にそのまま着用可能です。

ブラウスにひと工夫

リクルートスーツに欠かせないのが、中のブラウスです。スーツでダーク系を選んだので、ここは薄く色の入ったブラウスを選ぶとコントラストが素敵。

淡いブルー・ピンク・イエローの中から、スーツに合わせて選びましょう。特に胸元にフリルやギャザーの寄せてあるデザインですと、スーツでも柔らかい印象を与えます。

リクルートスーツとブラウスは、できれば同じ店で購入すると全体の印象がまとまります。サイズやシルエットもあわせてチェックしてもらえば、まず失敗しませんよ。

ワンピースの場合

ワンピースを着用する場合、ジャケットやボレロを用意してアンサンブルとしましょう。4月はまだ肌寒い季節ですし、ワンピース1枚ですと室内でも肌寒さを感じてしまいます。

組み合わせとしては、ワンピースは明るく淡い色合い・ジャケット類はダークカラーで。これなら清楚感も出て、入学式という場面でも周囲から浮くようなこともありません。

カバンは大きめのものを

入学式では様々な資料が配布されますし、持参する書類もあることでしょう。

カバンは最低でも、A4サイズの紙が折らずに入れられるサイズのものが望ましいですね。

クラッチバックやフォーマル用の小さめのカバンは、入学式では邪魔になるだけなのでやめましょう。

大学

靴は歩きやすさ重視!

はパンプスを合わせますが、当日はかなり歩きまわるので足が痛くなりがち。新たに購入する際は、歩きやすさを重点に選びましょう。

ポイントは、ヒールが低めで、きちんとサイズがあっていること。ハイヒールは見た目が素敵ですが歩きづらく、慣れないうちは靴ずれの原因になりますよ。

アクセサリーはワンポイント程度に

アクセサリーに関しては、リクルートスーツなら必要ありません。

つけるとするならば、胸元にコサージュぐらいに留めておきましょう。ワンピースの場合も、コサージュは華やかな印象を演出できますよ。

【関連記事】

周りもスーツだから安心して!

学式は大学最初の行事ですから、ここでおしゃれにデビューしたい人もいるかも知れません。しかしここで失敗すると、周りは気にしなくても自分が引きずってしまう可能性も…。

入学式では周りも同じようにスーツがほとんどですから、焦らなくても大丈夫。しばらくは学業で忙しいですし、まずは新生活に慣れる事を優先しましょう。

余裕が生まれたら少しずつおしゃれを楽しんで、素敵な大学生活を送ってくださいね!