毛玉に戯れる猫

い季節になると、暖かなセーターを着用する機会が増えてきます。そんなセーターで気になるのが、いつの間にかできている毛玉のこと。

また外出先でおしゃれ着に毛玉を見つけてしまい、がっかりしたことも多いのではないでしょうか?衣服の毛玉はだらしない印象になってしまうので、なんとしてでも防ぎたいものですね。

そんな毛玉ができてしまう原因と、予防方法・取る方法について紹介しますので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

毛玉はどうしてできるの?

表面の細かい繊維が…

衣服に毛玉が

衣服に毛玉ができるのは、表面に出来た細かい繊維が摩擦で絡まってしまうからです。

摩擦で毛羽立ってしまう主な原因は、何度も着用することと洗濯を繰り返すこと。服を着て動くだけで衣服はどうしてもこすれますし、洗濯も汚れを落とすために服に摩擦が加わります。

また衣服がこすれると静電気が発生し、毛羽立った部分が互いに絡みやすくなります。これもまた毛玉となる原因ですので、なるべく衣服がこすれないように気をつけたいですね。

毛玉ができやすい場所ってあるの?

何度も着用した服でも、毛玉ができる場所とできない場所があることに気が付きませんか?

これは服がこすれやすい場所と、こすれにくい場所があるから。こすれやすい場所はその分毛羽立ちやすく、どうしても毛玉ができやすくなります

特に脇の下や袖口・胸や腰回り・内股部分やすそ周りは、こすれやすい場所。普段から毛玉ができていないか確認して、出来た毛玉を放置しないよう注意しましょう。

毛玉ができやすい素材はあるの?

毛玉ができやすい素材と言えば、ニット素材に使われるウールなどの毛糸類が挙げられます。もともと起毛した素材のため、どうしても毛玉ができやすい素材と言えます。

ウール以外でもカシミヤアンゴラアクリルポリエステルの毛糸もできやすい素材です。

また毛糸には合成繊維と天然素材を混ぜた「混紡品」がありますが、これも毛玉ができやすい素材。しかもほぐれにくい毛玉ができやすく、一度できるとかなり厄介です。

一方で毛玉ができにくい素材としては、絹・綿・麻が挙げられます。これらは繊維がしっかりしていて、毛羽立っても毛足が短いたに絡みにくいから。

とはいえ全く毛玉ができないわけではありませんし、表面が毛羽立つのでダメージ自体は受けています。何度も着用し続けるとやはり衣服がくたびれますので、その点は注意しましょう。

スポンサーリンク

毛玉の予防方法yや取る方法

優しく服を着よう

毛玉の原因は摩擦で、摩擦が起こるのは主に服を着ているとき。それなら少しだけ意識して、服を優しく着てあげましょう

例えばカバンの持ち方。肩掛けカバンやリュックは服とこすれて毛玉の原因に。毛玉が出来やすい服の時は、手持ちのカバンにすると毛玉が防げます。

また同じ服を何度も着用するのも、摩擦が増える原因。ヘビーローテ確実な服は、2着購入して交互に着用すると長持ちしますよ。

素材によっては使えませんが、着用するときに静電気防止スプレーをかけるのも効果的。静電気によって毛羽立つことが防げるので、毛玉防止に役立ちます。

洗濯も優しく

ニットやおしゃれ着を洗うときは服を裏返してたたみ、ネットに入れて洗いましょう

洗濯ネットは、たたんで入れたい服と同程度の大きさがベスト。ネットの目が細かい方が、しっかり衣服を保護してくれるのでより摩擦を防げます。

洗濯で使用する洗剤は、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用します。ニットやおしゃれ着用に特化しているため、摩擦を防ぐ効果が配合されていることが多いんですよ。

また柔軟剤を入れるのも、摩擦を防ぐポイント。柔軟剤には静電気防止効果があり、衣服が毛羽立つのを抑えて摩擦を減らしてくれます。

ニット素材はなるべく早く乾かしたいですが、乾燥機の使用はおすすめできません。乾燥機の回転で摩擦が生まれるので、手早く脱水したら自然乾燥を行いましょう。

できてしまった毛玉には…

出来立ての小さい毛玉なら、衣類用のブラシでほぐすことが可能です。

まず馬毛でできた柔らかい衣類用ブラシで、生地の流れに沿って優しく全体をなでます。

これでほぐれなければ、豚毛の少し硬い衣類用ブラシで毛玉部分をブラッシング。生地の流れに沿って少し強くブラシをかければ、絡まった毛玉が優しくほどけていきます。

それでも取れない頑固な毛玉には、毛玉取り器を使いましょう。一度購入すると何年も使えるので、家電店で一つ購入すると便利です。

すぐに買いに行けないときは、T字カミソリでお肌を滑らせるようにして毛玉を取る方法も。次の動画も参考にしてみてください。

□毛玉をカミソリでとっちゃうよ

ただし、T字カミソリは気をつけないと生地を傷つけるので、どうしてもという時だけ使いましょう。

ちなみにできてしまった毛玉を、手でむしりとってしまうのは厳禁。更に毛羽立って新たな毛玉ができる温床になり、すぐに毛玉ができてしまいますよ。

やさしく着て長持ちさせよう

服は上質な方が長持ちするとは言いますが、乱暴に着てしまっては台無しです。私達が毎日働き続けたら疲れるように、衣服も毎日着ていてはくたびれてしまいます。

また脱いだ衣服はそのままにせず、一度ブラシをかけてあげるのが長持ちの秘訣。日頃の優しい扱いが、毛玉防止と長持ちにつながります。お気に入りの衣服は優しくいたわって、毛玉が出来ないようにしましょう!