風邪と花粉症の違いと見分け方。症状はどう違うの?

| 健康 | , , , ,

kafunsyokaze1

気予報で「花粉情報」が出る季節になると、花粉症の方はうんざりしませんか? くしゃみや鼻水が止まらず、マスクをしてても花粉が入り込んでしまって本当に辛いですね。

ところで今まで花粉症でなかった人も、突然花粉症になることがあります。春先になってくしゃみが出た・鼻水が止まらない…といった時に、それが風邪なのか花粉症なのか迷ってしまいませんか?

どちらにしても、症状による違いやその原因を知って早く治したいものですね。

今回は花粉症と風邪の違いと見分け方、また症状が出た時に何科を受診すれば良いのか?といったことについてまとめてみました。

スポンサーリンク

症状による花粉症と風邪の違い

花粉症の症状

粉症は主にスギやシラカバの花粉といった、植物の花粉に体が過剰反応するアレルギーの一種。一定量以上の花粉を体内に取り込んだ時点で、すべての人が発症すると言われています。

□スギ花粉

*見てるだけで目と鼻がムズムズしてしまいそうです…。

花粉によって現れる症状は多少の違いはありますが、花粉症はおよそ次のような症状が現れます

・鼻水
粘り気のない水のような鼻水が、鼻から流れ続けます。色は無色透明のことがほとんどです。

・鼻づまり
鼻づまりは、ほとんどの場合両方の鼻が詰まって呼吸が難しくなります。

・くしゃみ
くしゃみは一度出だすと10回以上連続してしまい、止めることが困難。これは鼻の粘膜に花粉が付着し、それを取り除こうとする体の防衛反応で起こるためです。

・目の異常
目に花粉が付着することでかゆみが発生し、取り除こうと涙が止まらなくなります。かゆいからと目をかいた結果、充血やはれぼったさなど症状が悪化してしまうことも。

風邪の症状と比較すると

風邪の原因は、風邪のウイルスが体内に侵入して悪さするため。初期症状としては、鼻水・鼻詰まり・くしゃみ・発熱・頭痛・倦怠感が挙げられます。

花粉症と風邪に症状は似ていますが、比較してみるとこんな違いがあります

  風邪 花粉症
鼻水 粘り気があり、色が付いている 無色透明でさらさら
鼻づまり 詰まることもあるが息はできる 両方詰まって、とても息苦しい
くしゃみ 出ることもあるが1~2回程度 一度出だすと止まらない
せき 出ることが多い ほとんど出ない
発熱 微熱から高熱まで様々 ほとんど出ない
目のかゆみ ほとんど出ない かゆみと涙が止まらないことが多い
頭痛 出ることがある ほとんど出ない
倦怠感 熱が原因で出ることがある 鼻詰まりが原因で出ることがある
発症期間 長くても7日間程度 対象となる花粉の飛来が終わるまで

比較してわかる通り、同じ鼻水や鼻づまりでもかなりの症状の違いが見受けられます。

さらさらとした鼻水が2日以上続き、同時に目が痒くなって息苦しいなら花粉症の疑いがあります。

違っていても何かの病気の可能性があるので、まずは病院へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク

症状が出たら何科を受診すればいいの?

まずは耳鼻科に

風邪かもしれないが花粉症かもしれない症状が出た場合、まずは耳鼻科を受診しましょう。

その際に受付で「風邪か花粉症か判らない」と伝えると、話が早くなります。

風邪と思って内科を受信した場合、もしそれが花粉症だった場合、内科では花粉症の治療はあまり得意としていません。改めて耳鼻科の受診を勧められる事もあるので、二度手間になってしまう可能性も。

もし花粉症でなくても耳鼻科は風邪の治療もできるので、まずは耳鼻科に行きましょう。

すでに薬を飲んでいたら?

風邪かも?と思って市販の風邪薬を飲んでいた場合は、必ず飲んだ薬は持って行きましょう

というのも花粉症の薬の一部は、風邪薬の成分と重複しているからです。特に鼻に効果のある薬の場合、副作用として眠気が出ることが。それぞれの薬で成分を控えめにしていても、副作用の眠気が強く出ることもあります。

またそれぞれの薬は、症状に対して適切な量の成分を配合。それが重なることで、思わぬ作用が働いてしまうこともありえます。自己判断で市販の薬を飲むこと自体が、あまりおすすめできません。

それでも一時的な症状を抑えるために服用したのなら、必ず病院で報告するようにしましょう。

もし風邪も引いている場合は

風邪の原因と花粉症の原因はそれぞれ違いますから、両方とも一度に発症してしまうこともあります。その場合も必ず医師の診断を受け、薬の飲み方の指示を受けることを強くおすすめします。

もし忙しくて病院にいく余裕が全くないという場合は、風邪薬を優先します

この場合花粉症の薬を飲んでから12時間、出来れば24時間置いてから飲みましょう。風邪の症状は長くても1週間ほどと、花粉症より期間は短め。ダブルパンチでダウンする前に、治しやすい風邪から治療しましょう。

kafunsyokaze2

とにかく病院へ!

風邪にしても花粉症にしても、かかってしまうと鼻が辛く息苦しい日々が続いてしまいます。薬を飲んですぐ治るものではないですが、飲まないでいるよりとても楽になります。

だからといって自己判断で市販薬を飲んでしまうのは、とても危険ですし症状が悪化する場合も。もしかすると花粉症ではない、別の病気の可能性もありえます。

花粉の季節だからと決めつけず、必ず病院で診断を受けて原因をはっきりさせましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

「薬」を水でなくお茶で飲むのは大丈夫?他の飲み物ではどう?

薬を飲む時に、お茶と一緒に飲むのはダメ、と言う話を聞いたことはありませんか? 私も手元

記事を読む

夏に発症しやすいクーラー病の症状とは?対策と予防方法もご紹介!

温暖化の影響でここ数年の夏はとても暑く、クーラーが欠かせない状況にあります。 クーラーで快適な

記事を読む

生あくびが止まらない!眠くないのに何故?その原因と対処方法

https://youtu.be/_-YuWDFSjLo 人前で「あくび」をするのははしたない

記事を読む

暗いからこそ癒やされる闇風呂の効果と入り方!入る時に注意することは?

毎日のお風呂は、忙しい私達にとって癒やしに一時と言えます。 汚れを落としてさっぱりして

記事を読む

口臭予防にはどんな食べ物や飲み物が効果があるの?

大事なデートや、お出かけの前に、 気になるのは「におい」の事。 特に口臭は、自分よりも相

記事を読む

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時に履いていた靴が退勤時には入ら

記事を読む

目が疲れにくい色と疲れやすい色は何色?疲れ目の対策も紹介します!

毎日の生活の中で、気がついたら目が疲れていることはよくあることですよね。 特に仕事柄パ

記事を読む

靴下にあいた穴!その意外な原因とは?穴はどうやって直す?

「靴下に穴があく」と聞いたら、まず 「爪が伸びてるんじゃないの?」って思いますよね。 実

記事を読む

辛い車酔い、大人になっても酔う原因と対策方法は?

子供の頃に車やバスなどに乗ると、乗り物酔いをしてしまって辛かった・・という経験を持つ方は、多

記事を読む

「鼻うがい」って本当に大丈夫?その効果と正しい方法

みなさん、鼻うがいって聞いた事ありますか? 「鼻に水を入れるなんて怖くて痛そう!」と敬遠してし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑