誌を見ていていつも思うのは、モデルさんって足が長い!ということ。

足長だとどんな服も着こなせそうですし、スタイルもよく見えますよね。

しかし足の長さなんて、成長期が終わればもう伸びないし…と思っていませんか?確かに足を長くすることは簡単ではないですが、いくつかの方法で「足を長く伸ばせる」んです!

工夫と努力でモデルに近づける、足を長くする方法あれこれをご紹介します。

スポンサーリンク

足を長くする方法

お尻をひきしめよう

の長さは、「お尻の一番下の部分から地面まで」と認識している場合がほとんど。

なのでお尻をき引き締めれば、2~3センチ足が長く見えるようになります

お尻の引き締めには、お尻ウォーキングが効果的。お尻以外にも腹筋や太ももの筋肉も使うので、シェイプアップ効果も期待できますよ。

ashinobasu1

お尻ウォーキングの方法は、次の通りです。

1.床に足を伸ばして座ります。
2.腕を軽く振って右足を前に動かして前進します(お尻を床に付けた状態で)。
3.同様に、左足も前に動かして前進する。
4.5歩分進んだら、5歩分後退します。
5.これを10回ほど繰り返します。

ポイントはお尻を浮かせないことと、腕の遠心力で進もうとしないこと。骨盤を動かす意識で歩くと、比較的スムーズに歩けます。

足を伸ばしきった状態が辛いなら、ゆるい体育座りのように曲げても大丈夫。ただし足を伸ばしてぴったりくっつけるほうが、お尻引き締めに効果があります。

□お尻歩き デモンストレーション

*椅子に座って行う方法も最後に触れていますので、参考にしてください。

O脚を直そう

同じ長さの棒でも、真っ直ぐな棒と曲がった棒では、真っ直ぐな方が長く見えませんか?
それは足でも同じ事で、O脚ですとどうしても足が短く見えてしまいます

O脚になってしまう原因は、次の2つが挙げられます。

・骨盤が歪んでいて、普通に立っていても足が開いてしまう。
・足の内側よりも、外側に筋肉がついていてバランスがとれていない。

いずれもストレッチで改善が可能なので、O脚に気づいたらすぐに始めましょう。

ashinobasu2

まずは骨盤矯正のストレッチを紹介します。

1.両膝を立てた状態で仰向けに寝転がります。
2.右足を左足の上で交差して、寝ながら足を組んだ状態にします。
3.右足首を、左足のふくらはぎの下に入れて20秒キープします。
4.左足も同様に、交差させて20秒キープします。
5.これを朝起きた時と、夜寝る前に行います。

10日ほど続けると、足がまっすぐになった実感が得られますよ。

次に筋肉のバランスを整えるストレッチを紹介します。

1.少し足を開いて椅子に座ります。
2.膝の内側に握りこぶしを作った両手を入れます。
3.軽く膝の外側へと押し広げます。
4.この時足は膝を閉じるように力を入れ、手で膝が広げられないようにします。
5.この状態を10秒間保ち、5回繰り返します。
6.最低でも朝晩2回行います。

ポイントは、手の力も足の力も目一杯加えないこと。こちらも即効性はありませんが、何日か続ける事で筋肉のバランスが整っていきます。

スポンサーリンク

小顔になろう

顔が小さいと縦長の印象となって足長になります。モデルさんに小顔な方が多いのは、全体的なスタイルアップが期待できるからですね。

ぜひあなたも小顔になりましょう!

小顔にするには、舌を動かすエクササイズが効果的です。

1.口の中で歯茎を舐めるように、舌を右に一周させます。
2.これを25回繰り返します。
3.今度は左回転を25回繰り返します。
4.朝の歯磨き前と、夜の歯磨き前の1日2回行います。

難しいようで実際にやってみると、口の周りがものすごく疲れます。しかし疲れているという事は、口の周りの筋肉が動いている証拠。

引き締め効果はもちろん、ほうれい線予防も期待できるので実行しましょう。

ashinobasu3

姿勢をよくしよう

お尻を上げてO脚を直し、小顔で全体のバランスを整えたら次は姿勢をよくしましょう!

たとえどんなにスタイルが抜群でも、姿勢が悪いと見た目の印象がよくありません。

座るときは…
・背骨をピンと伸ばす。
・足は揃えて少し斜めにして座る。

歩くときは…
・背筋を伸ばす。
・気持ちお腹を引っ込める。
・うつむかずに前を向いて歩く。

これらを実行するとわかるのですが、結構体に負荷がかかります。続けることで全体を引き締めますので、スタイルアップの意味でも取り入れましょう。

ashinobasu5

最後は着こなし!

最後に少しだけ服装に気を使うと、視覚的に足長を演出できます。

スカートを履くときは腰の位置を上げ、靴とタイツの色を統一する。首にストールを巻く・・などして、「逆三角形」を意識するだけでも違いますよ。

ストレッチなどで足を伸ばしたのですから、服装にも気を使わないともったいない。毎日のストレッチと衣服への気遣いで、足長スタイルを目指しましょう!