kashitukikouka1

気が乾燥する冬は、お肌や唇が乾燥しがちでつらい季節でもあります。また空気が乾燥すると風邪を引きやすくなりますし、お部屋に加湿器は欠かせませんね。

しかし加湿器を使ってるのに、今ひとつ効果が感じられない…なんてことはありませんか?それはもしかすると、設置場所が原因かもしれません。湿度設定についても気になりますね。

・加湿器を使うことによる効果
・加湿器の効果的な置き方
・加湿器の湿度設定は?

についてまとめて紹介します!

スポンサーリンク

加湿器を使うことによる効果は

風邪やインフルエンザ予防に

湿器を使うことで、私達の体にはどのような効果があるのでしょうか。

一番の効果として、風邪やインフルエンザの予防が挙げられます。

風邪などのウイルスは、くしゃみやせきをすることで空気中に漂います。この空気を吸い込む事で感染するのですが、その際の防衛ラインが鼻と喉。湿度によって鼻や喉が潤う事で、ウイルスが侵入しないよう働いてくれるんです。

また風邪のウイルスは乾燥した空気を好み、高温多湿の環境では弱ってしまいます。冬に風邪が流行るのは寒さのせいもありますが、乾燥した冷たい空気が主な理由。

加湿器を使って、湿度を高く保つことで、風邪の予防につながるんですね。

kashitukikouka2

お肌の潤いが

乾燥しがちな季節は、どうしてもお肌が粉を吹いたり唇が割れてしまいがちです。これらは体内の潤いが足りない以上に、乾燥した空気にお肌の水分が奪われてしまうから。

特に就寝時に暖房をつけたままにすると、どうしても室内は乾燥してしまいます。

寝る前に保湿ケアを行っても、寝ている間に水分が抜けてしまっては意味がないですよね。お肌が乾燥しがちな季節は、加湿機と暖房のダブル使いでお肌をいたわりましょう

静電気防止に

風邪もお肌も気にならない、と言う人もいるかもしれません。しかしそんな人でも、ピリッとくる「静電気」は嫌いですよね。

静電気は、気温と湿度が低い状態で起こりやすくなります。夏でも静電気自体は発生しているのですが、湿度のある空気が静電気を放出しやすい状態。

しかし湿度も気温も低い冬は、静電気が一気に通り抜けるためにバチッとなりやすいのです。

静電気対策にも、ある程度の湿度を保つことが大切です。

スポンサーリンク

加湿器の効果的な置き方

基本は「部屋の中央」に

効果的に加湿器を使うには、まんべんなく蒸気が届きやすい場所に置く必要があります。

その条件に合う適切な置き場所は、「部屋の中央・床ではなくテーブルの上」となります。

実は床に直接置くと、足元ばかりが加湿されて顔には届かなくなってしまいます。センサー付きの場合ですと床の気温と湿度で判断するため、実際よりも加湿を行わない可能性が。更には小さいタイプですと、うっかり蹴ってしまう危険も考えられます。

ほしい湿気は喉や鼻などの顔付近ですので、腰ほどの高さのテーブルに設置するのが理想的です。

kashitukikouka3

避けたい置き場所

部屋の間取りの関係で、中央に置けない場合もあるかもしれません。その場合は、なるべく次の場所を避けて設置しましょう

・壁際やカーテン・家具の近く
湿気を吸ってしまい、カビが発生する原因となります。

・テレビなどの家電の近く
湿気により、故障してしまう恐れがあります。最悪の場合、ショートして火事の原因にもなりかねません。

・エアコンなどの暖かい風が当たる場所
センサー付きの場合、誤作動を起こして必要以上に加湿してしまうことがあります。加湿し過ぎは部屋全体にカビが生えてしまう原因になるので、特に気をつけましょう。

・窓際
結露の原因となります。

・出入り口付近
せっかくの蒸気が、ドアから逃げてしまいます。

これらの場所に設置する場合は、吹き出し口を向けないように工夫しましょう。

吹き出し口は人がいる方向へ、部屋の中心付近に向ければまず大丈夫ですよ

湿度の設定はどれぐらいがいいの?

人にとっての理想の湿度は40%~60%と言われています。

ところが湿度が60%を超えると、カビやダニが発生しやすい環境に。一方で40%を切ってしまうと、今度は風邪のウイルスが活発になってしまいます。

ですのでその中間である湿度50%が、体にも良くてカビが生えにくい状態と言えますね。

またカビやダニは室温も関係していて、温度が20度以上になるとやはり発生しやすくなります。暖房費の節約のためにも室温は18度を上限として、湿度は50%に設定しましょう。

加湿器の掃除も忘れずに

最後に一つ気をつけたい点として、加湿器の掃除を忘れない事を心がけましょう。せっかく適度な湿度にしても、その湿度の元となる加湿器が汚れていては台無し。

機種によって掃除の方法や間隔は違ってきますが、使う水は毎日交換しましょう。雑菌だらけの水で加湿された空気を吸うのは、体にも良くないですし嫌ですよね?

きれいな加湿器で適度に加湿して、乾燥しがちな冬を乗り切りましょう!