babybrush3
毎日の生活の中で欠かせない歯磨き
健康な歯は健康な食生活を送る為にもとても大事なものです。

歯が生えてきた赤ちゃんもそれは同じですね。

でも赤ちゃんって歯磨きはいつから始めるのが適切なのでしょうか
赤ちゃんの歯磨きのポイントは?
嫌がる赤ちゃんにどうやって歯磨きをさせるの?

そんな疑問についてどうしたら良いかまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?

赤ちゃんに初めて歯が生えるのは
だいたい6ヶ月頃だと言われています。

この頃になると歯が生えてくる準備として
歯茎がムズムズして痒くなってきます。

そして歯茎がムズムズしてくると、
赤ちゃんは色々な物を口に入れてなめ始めるんですね。

この動作は赤ちゃんが口や口周りへ刺激を与えて、
今から始まる離乳食に向けて食べたり噛んだりする動きの
準備運動だと思って下さいね。

その後、歯磨きがスムーズにできるようになるかどうかは、
この頃から関係してきますよ。

歯茎がムズムズして口に刺激を与えはじめたら、
お母さんやお父さんは赤ちゃんの歯茎を触ってみて下さい。

そうすると歯に物が入ってくることにも抵抗が少なくなり、
歯ブラシを始めることがすんなりと出来るようになるんです。
babybrush1

歯磨きで気をつけるポイント

歯磨きデビューは?

初めての歯磨きは赤ちゃんもドキドキしているはず。

「歯磨きさせなきゃ!綺麗にしないと!虫歯なんて絶対だめ!!」

と、あまり思わなくても大丈夫です。

1歳ごろまでは赤ちゃんの唾液が口の中の汚れを流してくれるので、
無理しすぎずに楽な気持ちで歯磨きデビューをしましょう。

いきなり歯ブラシを口に入れてゴシゴシしては
赤ちゃんもビックリして歯磨きが怖くなってしまいますからね。

最初はガーゼで口の中を拭いてあげましょう。
口の中に物が入ってくるのに慣れさせてあげるのも大事です。

この時、汚れを取ろうとして強く拭くのはNGですよ!

優しく、「怖くないよ」って教えてあげましょう。

どんな歯ブラシを使ったらいい?

どんな歯ブラシを使うのか?ということも大事です。
赤ちゃんには乳幼児用の小さく柔らかいものを使って下さい。

間違っても大人用は使わないで下さいね。
毛も固く、大きいので痛い思いをさせてしまいますので。

歯磨きに興味を持ってくれるように、
歯ブラシを好みのキャラクターで選んでも良いですね

何より楽しく歯磨きができるようにすることが大切です

歯磨きの力加減は?

歯磨きの時に注意するのはまず力加減です。

大人が大丈夫、と思う力加減と赤ちゃんが痛くないと思う力加減は違います。

ゆっくり、優しくしてあげることが大事です。

ゴシゴシ無理やりすると、
痛くて歯磨きが苦痛タイムになってしまうので注意して下さい。

上の前歯の歯茎部分が出っ張っていて、
そこに歯ブラシが当たると痛いのでこれも気をつけましょう。

歯茎部分には歯ブラシが当たらないように磨いてあげて下さいね。

スポンサーリンク

嫌がる子にどうやって歯磨きさせる?

歯磨きを嫌がる原因って?

歯磨きの時に、嫌々と泣いてしまうから歯磨きができない・・
というお母さん、お父さんも多いかもしれません。

赤ちゃんの歯磨き嫌いをなくすにはどうすれば良いのでしょう。

まず覚えておいてほしいのが、
歯磨き嫌いの理由で一番多いのが、「歯磨きが痛い」です。

まだ自分では綺麗に歯磨きができない年齢だったら、
大人が代わりに磨いてあげますよね。

その歯を磨く力が強くて、赤ちゃんには痛く感じるようです。

力を加減して磨いてるつもりかもしれませんが、
子供にとってまだまだ力が強くて痛いのかもしれないってことですね。

babybrush2

痛くない磨き方

力加減は難しいので歯ブラシを親指と人差し指だけで持ってみて下さい
少しグラグラして不安定な気がしますが、それぐらいがちょうど良いのです。
大人も力を抜いて楽な感じで歯磨きをしてあげて下さいね。

どうしても痛いのを覚えてしまって泣いている場合は、
一度歯磨きから離れてみましょう。

お母さんが歯磨きしているのを見せてみるのも良いですし、
あるいはお母さんの歯磨きを赤ちゃんにしてもらうのだっていいですね。

まだまだ小さい赤ちゃんでも、お母さんの真似事で出来るものですよ。

そうして客観的に見せてみることも大事です。

歯磨きを終えたら・・

歯磨きを終えてから思い切り抱きしめてあげたり、
遊んであげたりするのも良いですね!

歯磨きが終わったら「頑張ったね」と言って遊んであげると、
子供にはご褒美に見えるかもしれません。

歯磨きが終わったら楽しいことができる!
と覚えてもらうのも一つの方法ですよ。

■泣かない歯磨きの方法

この動画のように歌いながら楽しくしてみるのも良いでしょう。

私も子供の歯磨きには最初とても苦戦しました。

でも、私の足の間に寝転がるのは嬉しそうにするので、
ほっぺたをツンツンしたり手をグルグルしたり、遊びながら歯磨きをするようにしてみました。

「歯磨きは痛くもないし、怖くも無いよ。楽しいよ!」

と教えてあげたかったのです。

結構それで楽しそうに歯ブラシ出来るようになりましたよ。

歯磨きは今から一生ずっと習慣にしていくもの。

だから、今、今日、明日!と急いでやらなくても大丈夫です。

楽しく歯磨きができるように、お母さんが
根気強く付き合っていくことも大事ですね。