年会でそろそろお開きに…という時に、締めの挨拶を任せられたらどうしますか?

内輪での新年会ならともかく、会社の新年会では慌ててしまいますよね。ほとんどは事前にお願いされますが、万が一という事も。

そんな時に使えそうな例文マナーを覚えておけば、とっさの時に慌てませんよ。

幹事でなくても覚えたい、新年会での締めの挨拶の手順と簡単な例文を紹介します!

スポンサーリンク

新年会の締めの挨拶のポイント

挨拶は上役にお願いする

来、会社関係や部署内で行う場合、締めの挨拶立場が上の方が行うのが通例。

出来れば事前に上役や年配の方へ話を通して、締めの挨拶を頼んでおくといいですね。その上で司会進行を担当する幹事は、軽く挨拶する程度にとどめておきましょう。

shinnenshime4

短く簡潔に

挨拶と言われると、自分の言葉で語りたくなります。

しかし新年会の締めともなると、お酒も入っていてグダグダな状況。自分が挨拶を聞く側だとしたら、早く挨拶が終わらないかなと思いますよね。

なので、締めの挨拶は短くまとめ、手早く締めてしまいましょう

連絡事項は先に伝える

短くまとめるにしても、連絡事項などもいくつかあることでしょう。

例えば二次会へ続く場合、会場や集合場所のこと。会費が当日回収だった場合に、まだもらっていない方への告知など。

もし上役に締めの挨拶をお願いする場合は、先に連絡事項を発表しましょう。自分で締めの挨拶をする場合も、挨拶前か締めを行う前に連絡事項を伝えてしまいましょう。

スポンサーリンク

新年会の締めの挨拶の種類

挨拶の最後に三本締めなどを行う手順と、それぞれの使い分け方を紹介します。

三本締めと一本締め

新年会の締めといえば、三本締めが一般的

「パパパン、パパパン、パパパン、パン」のリズムで手を叩き、これを3度繰り返します。

三本締めの手順は次の流れとなります。

1.「三本締めでお開きにしたいと思います」と宣言。
2.「お手を拝借」と、皆さんに協力を促してから三本締めを開始。
3.1巡目の締めに「イヨッ!」と合いの手を入れる。
4.2巡目で「もういっちょ!」と合いの手を入れる。
5.3巡目を締めたら、「ありがとうございました」と挨拶してお開きに。

尚、三回繰り返さずに一度で締める場合は、「一本締め」と言います。一本締めは忘年会の締めに使うもので、新年会向きではないもの。その点も注意しましょう。

*少し見づらいですが、三本締めはこれぐらいの勢いで行いましょう!

一丁締め

一本締めと間違えやすいものに、一丁締めがあります。別名「関東一本締め」ともいい、その名の通り関東地方で主流の締め方です。

一本締めとの最大の違いは、手を一回叩いてお開きにする点。お手を拝借までは同じですが、「いよーっ!」の掛け声で一度手を叩いてお開きとなります。

大きな音はでますが一度きりなので、小規模の新年会に最適です。

*タイトルは一本締めとなっていますが、一丁締めの様子です。

万歳三唱

地域によっては、万歳三唱で締める事もあります。

万歳三唱の手順は、

1.締めの挨拶の最後に全員に起立を促す。
2.挨拶をした人、あるいは司会担当が先導をきって万歳をする。
3.続いてほかの参加者がバンザイをする。
4.これを三度繰り返してお開き。

…となります。

全員で行うために一体感も得られるので、会社の新年会にいかがですか?

新年会の締めの挨拶の例文

shinnenshime3

上役へとつなげる挨拶の例文

会社などで上役に挨拶をお願いする場合の、上手につなげるための挨拶です。

皆様、会話も弾んでいる所恐れ入りますが、会場の都合もございますため、名残惜しくはありますが、この辺で(一度)お開きにしたいと思います。

(なお、二次会といたしまして○○に会場を確保しております。お時間のございます方は、ぜひご参加いただけると幸いに存じます。)

では、お開きの挨拶を○様(あるいは役職名)にお願いしたいと思います。

カッコ内の言葉は、二次会がある場合に付け足して使いましょう。

自分自身で締める場合の例文

自分で締めの挨拶を行う場合は、最後の三本締めなどもしっかりと行いましょう。

皆様、会話も弾んでいる所恐縮ですが、そろそろお開きの時間となってしまいました。本日は新年のお忙しい中お集まりいただき、誠にありがとうございます。名残惜しくはありますが、ここで(一旦)お開きにしたいと思います。

(なお、二次会といたしまして○に場所を用意しております。ご都合がよろしければ、是非参加していただけると幸いです)

それでは皆様(新年会の主催名や会社名)の前途を祝しまして、三本締め(一丁締め・万歳三唱)で締めたいと思います。
※万歳三唱の場合は、「恐れ入りますが皆様ご起立頂けますでしょうか」と促す。

基本的には上司に挨拶をお願いする時と、それほど変わりません。シンプルかもしれませんが、締めの挨拶は短いほうが楽ではないですか?

形式さえ守れば、短くても大丈夫!

内輪の新年会などでは、ここまで形式張った挨拶でなくても大丈夫。

集まってくれたことの感謝と、一年の無事を願う言葉を短くまとめて締めとしましょう。

会社の集まりでの新年会でも、良いことを言おうとしても結果的には空回りしがち。良いこと言えるプラスよりも、ダラダラ長いマイナスの印象が強くなりがちです。

締めの形式を守り短くまとめたほうが印象がよいので、難しく考えずに締めの挨拶をしましょう!