クリスマスに人気のシュトーレン。気になるカロリーと食べ方は?

stollen4

日本ではクリスマススイーツで圧倒的に人気なのが、クリスマスケーキ。この他にブッシュドノエルやアイスケーキなども挙がりますが、どれもケーキの一種ですね。

これらに加えて、クリスマスに最近よく見かけるのが、
ドイツ「シュトーレン」というパンのようなお菓子。

美味しくて今やクリスマススィーツとして日本でも人気が高いシュトーレンですが、気になるのがカロリーのこと。

そこで今回は最近人気のシュトーレンについて、気になるカロリーや美味しい食べ方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

シュトーレンとは

ドイツのクリスマス菓子

ュトーレンはドイツ発祥のパンの一種で、ドイツ以外ではオランダでも食べられています。

日本では「シュトーレン」と呼ばれていますが、本来の発音でいうと、
・ドイツでは「シュトレン(Stollen)」
・オランダでは「ストル(stol)」
とのこと。

ドイツのドレステン地方で14世紀頃から作られている、とても伝統のあるお菓子なんですよ。

stollen1

シュトーレンを食べる習慣のある地域では、クリスマスイブの4週間前ぐらいにシュトーレンを作ったり購入します。薄くスライスして毎日少しづつ食べて、クリスマスが来るのを楽しみに待つそうですよ。

日持ちする秘密は…

クリスマスの4週間前から毎日食べ続けるとなると、シュトーレンが傷むのではと思いませんか?その点は大丈夫。シュトーレンには、長期保存が出来るような工夫がされているのです。

シュトーレンにはラム酒が染み込んだドライフルーツと、クルミなどのナッツ類がぎっしり。更にたっぷりバターを練り込んでから発酵されて、普通のパンのように焼き上げます。

焼きあがったら、溶かしバターをたっぷり染み込ませ、仕上げに白砂糖をしっかりまぶします。バターや粉砂糖などが防腐剤の役割を果たすので、2ヶ月ほどは持つように出来ているんですよ。

□シュトレン製造風景(Back)

*お店での製造風景です。1分20秒からの仕上げの様子は必見です。

シュトーレンのカロリーはどれぐらい?

カロリーは食パンの2倍以上!

stollen2

バターと粉砂糖、更にはナッツもぎっしり詰まっているシュトーレン。とても美味しそうですが、カロリーがすごく気になりませんか?

シュトーレンは長期保存するためのバターや粉砂糖の影響で、カロリーは少々高め

100g当たり350~500キロカロリーと、驚きの数値が出てしまいます。一般的な食パンが、100g当たりで150キロカロリー前後。この比較で見ても、シュトーレンのカロリーは高めであることがわかるかと思います。

実は1切れあたりのカロリーでは…

実はシュトーレンは、薄く切った一切れを毎日少しづつ食べるのが正しい方法。

この一切れ(1センチ幅程度)でカロリー換算すると、およそ40~50キロカロリーとなり、これならカロリーが気になる方でも安心です。

シュトーレンは密度の濃い食べ物なので一切れでも大満足ですし、少しづつ食べることで味わい深くもなり、とっても美味しくなるんです。

カロリーのこともありますので、美味しく食べるためには毎日少しづつ食べるのがベストですね。

スポンサーリンク

シュトーレンの美味しい食べ方

シュトーレンは味が変化する?!

シュトーレンは時間が経過する事で、味わいも変わってきます。

中にたっぷり入れられたドライフルーツとラム酒が、時間を経て熟成されて美味しくなるんです。

一説によればシュトーレンが一番美味しいのは、焼きあがってから2週間を過ぎてから。それまで少しづつ食べ続けて、味の違いを舌で毎日確認するのも楽しそうですね。

一つ気をつけて欲しいのは、シュトーレンは乾燥すると美味しさが逃げてしまう事です。ラップに包んで密封容器に入れ、冷蔵庫ではなく部屋の涼しいところで保存しましょう

stollen3

暖めてからチーズを乗せて

バターをたっぷり含んだシュトーレンは、少し暖めてあげると更に美味しくなります。バターとドライフルーツの香りが楽しめ、一口食べれば甘みが広がります。

更にオススメなのが、クリームチーズを乗せて食べる方法。

クルミなどのナッツ類とチーズが合う上に、ドライフルーツとの相性も抜群です。カロリーが少し気になるところですが、時には遠慮せずたっぷり乗せるのが美味しく頂くコツです。

自分にご褒美な食べ方

シュトーレンは少しだけ、でも今日だけはカロリーを気にしない!そんな方への「自分にご褒美な食べ方」を紹介します。

  1. シュトーレンを少しだけ厚めに切ります。
  2. 薄くバターを塗ります。
  3. オーブンなどで軽く温めます。
  4. クリームチーズとハチミツを勇気を持ってシュトーレンに塗ります。

シュトーレンは、バター・チーズ・ハチミツの組み合わせで、とても贅沢な味になるんですよ。

ただしカロリーも美味しさに比例してかなり高め。一日だけのご褒美として美味しく頂きましょう!もちろん後で体を動かすなどしてカロリー消費に努めてくださいね。

関連記事:パネトーネは種がすごい!気になるカロリーと美味しい食べ方!

毎日少しずつ食べて楽しもう!

リスマスまでの間、毎日少しづつ食べて楽しむシュトーレン。

一口食べるともっと欲しくなりますが、美味しいからと一気に食べるのはもったいない!時間を経つことで味が変化しますし、なによりカロリーが多めですからね。

日本でも11月下旬頃から、パン屋などで販売されています。クリスマスケーキも良いですが、クリスマスシーズンにはシュトーレンも購入して味の変化を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

クリスマスに食べる七面鳥の由来!日本で食べられない理由は?

あなたはクリスマスのごちそうには何を食べますか? チキン、それもフライドチキンを食べるという家

記事を読む

子供のクリスマス衣装ならコレ!定番の人気衣装もご紹介!

https://youtu.be/JbDkz6ISdyk クリスマスの時期になると、街中で流れ

記事を読む

赤ちゃんだってクリスマス!離乳食で作るクリスマスメニューは?

赤ちゃんと一緒に迎えるクリスマス、楽しみですが食事のことが少し気になりますね。パパやママがごちそ

記事を読む

クリスマスにはメッセージを贈ろう!文例のご紹介!

★クリスマスメッセージ https://youtu.be/uXoLIn3WYJY 日本でもす

記事を読む

クリスマスケーキの定番ブッシュドノエル!名前の意味と由来は?

クリスマスのお楽しみと言えば、みんなで集まるクリスマスパーティーではないでしょうか。

記事を読む

クリスマスツリーの起源と由来。飾りの本当の意味とは?

https://youtu.be/cX-Dtm-NYoc ハロウィンを終えると、あっという間に

記事を読む

女性はどんなクリスマスプレゼントが欲しいの?予算はどれくらい?

クリスマス、女性にプレゼントするのは、男性の皆さんにとってはドキドキ、頭を悩ますもの。 「どん

記事を読む

簡単に手作り!クリスマスプレゼントのための靴下の作り方!

クリスマスに欠かせないオーナメントの一つに、靴下があります。 枕元に靴下を置いて寝ると、翌朝サ

記事を読む

クリスマスにピッタリのおつまみは?簡単なのに可愛くて美味しい!

クリスマスのパーティでは、いつもよりはちょっとゴージャスな気分を味わいたいもの。普段は飲まないワイン

記事を読む

クリスマスプレゼントの靴下の由来とは?サンタの名前の起源も紹介!

https://youtu.be/Zza4yoeAKYo 子供の頃にクリスマスプレゼントをねだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑