江の島シーキャンドルのイルミネーション

江ノ島と言えばサーフィンの聖地。夏のイメージが強いという人が多いのではないでしょうか?でも実は江ノ島はも素敵。夏だけと思っているともったいないですよ。

冬の江ノ島では素敵なイルミネーションが見られ、夏に負けない位の熱気で溢れます。

そんな何度でも行きたくなる江ノ島イルミネーション、

  • 湘南の宝石について
  • 2018年-2019年の開催期間
  • 江ノ島イルミネーションの見どころ
  • 混雑状況とアクセス情報

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションの期間は

湖南の宝石

ノ島イルミネーションは、神奈川県藤沢市江の島にある江の島サムエル・コッキング苑で冬に行われるイベント。11月末頃から2月頃まで開催されます。

主なイベントとしては、

  • 江の島シーキャンドルライトアップ「光の大空間」
  • 煌めく光のゲート&アーチ「湘南シャンデリア」
  • enoshima -光- michi
  • 2万株のウィンターチューリップ(開花&ライトアップ)
  • MIRRORBOWLER光アート(湘南の宝石フィナーレ)

…など。

これらを総して江ノ島イルミネーションは、「湘南の宝石」と呼ばれています。

イルミネーション

江ノ島イルミネーションのスケジュール

2018年11月末からの江ノ島イルミネーション(湘南の宝石)の開催日程や、主なスケジュールは次の通りです。

■スケジュール

開催日 「湘南の宝石」イベント 開催場所
2018年11月23日(金・祝)~2019年2月17日(日) 江の島シーキャンドルライトアップ「光の大空間」 江の島シーキャンドル(江の島サムエル・コッキング苑内)
煌めく光のゲート&アーチ「湘南シャンデリア」 江の島サムエル・コッキング苑
enoshima -光- michi
  • 江の島弁財天仲見世通り
  • 中津宮広場
  • 亀ヶ岡広場
  • 江の島サムエル・コッキング苑
  • 江の島シーキャンドル
  • 御岩屋道通り
  • 恋人の丘(龍恋の鐘)
2018年11月23日(金・祝)~2019年1月14日(月・祝) 江の島岩屋イルミネーション 江の島岩屋(第二岩屋)*9時~17時
江の島ヨットハーバーイルミネーション 江の島ヨットハーバー*17時~21時
2018年12月中旬~2019年1月下旬(開花状況による) 2万株のウィンターチューリップ(開花&ライトアップ) 江の島サムエル・コッキング苑入口広場
2019年2月9日(土)~2019年2月17日(日) 湘南の宝石フィナーレ(MIRRORBOWLER光アート) 江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル

■点灯時刻

時刻 日付
点灯開始 17:00〜 2018/11/23(金・祝)~2019/1/14(月・祝)
17:30〜 2019/1/15(火)~2019/2/17(日)
点灯終了 〜20:00 平日・年末年始
〜21:00 土日祝・12/25(火)~12/30(日)

※初日の11月23日(金・祝)16時30分から点灯式が行われます。また江の島シーキャンドル イベントステージでは「つるの剛士とシーキャンドルズ」のオープニングライブも行われますよ。

■入園料

用途・場所 料金
江の島サムエルコッキング苑 中学生以上200円・小学生100円
江の島シーキャンドル
(展望灯台)
中学生以上300円・小学生150円
江の島エスカー
(江ノ島頂上部へのエスカレーター)
中学生以上300円・小学生150円
江の島展望灯台セット券
(上記3つすべて込)
中学生以上750円・小学生370円
江の島1dayパスポート「eno=pass」
(上記すべてに岩屋洞窟もついて1日に何度も利用可)
中学生以上1000円・小学生500円

料金で注意したいのが、イルミネーションを見るために江の島シーキャンドルに昇る場合。江の島サムエル・コッキング苑 + 江の島シーキャンドルの両方の料金が必要になります。大人は合計で500円になりますね。

江の島エスカーは、江ノ島の頂上部まで5分で到達できるエスカレーターですが、イルミネーションを観るために乗られる場合は、江の島展望灯台セット券にした方がお得です。

スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションの見どころは?

「光のゲート&アーチ」から「光の灯台」へ

江の島ライトアップで絶対見たいのが、何と言っても

  • 光のゲート&アーチ「湘南シャンデリア」
  • シーキャンドルライトアップ「光の大空間」

光のゲートを抜けると、まばゆいばかりの光のアーチ。そして、アーチ中央には7万個もの光のクリスタルビーズと流木が使用されているシャンデリアがきらめきます!

そして10mほどのトンネルを抜けると、そこは光の大空間。直径が最大で70mをも超えるイルミネーションで飾られたシーキャンドルが、見る人の目を釘付けにします。

□江の島のイルミネーション湘南の宝石

*光のトンネルのまぶしさは圧巻ですね!

全長1キロのロングイルミネーション!

江ノ島弁財天仲見世通りから始まる「enoshima -光- michi」ですが、その距離は全長1キロメートルにも。

湘南江の島の各夜景スポットを楽しみつつ、歩きながら様々なイルミネーション会場を回遊できることができます。

ロマンティックな雰囲気抜群なので、恋人、カップルでゆっくりと歩いて見ていくのがおすすめですよ。

※夜景やイルミネーションをロマンティックに体験できますよ。

冬のチューリップ

光のトンネルが近いサムエル・コッキング苑は、ウィンターチューリップの会場でもあります。日程はチューリップの開花状況によりますが、例年12月中旬から1月下旬ごろにかけて開催。

冬に咲く品種のチューリップが2万株も咲き誇る光景が見られるのはここ江の島のみです。

昼間のチューリップも素晴らしいですが、イルミネーションとの競演に負けないぐらい、可愛く美しいチューリップのライトアップがとても素敵ですよ。

※チューリップのライトアップもとてもきれいです!

MIRRORBOWLER 光アート

期間中終盤には、「MIRRORBOWLER 光アート」が湘南の宝石のフィナーレを飾ります。

MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)というのは、数百個ものミラーボールを使って、光と反射の空間作品を創りだす芸術性の高い集団。数々のイベントに出品していて人気を得ています。

湘南の宝石の最後の1週間は、シャンデリア・光の大空間とあわせて、ミラーボールのファンタジックな世界を楽しみましょう!

混雑状況とアクセス

どれぐらい混雑するの?

江ノ島イルミネーションは例年大混雑し、車で行くと確実に渋滞に巻き込まれます。特にクリスマスシーズンは、途中で大渋滞となって諦めたという話もよく聞きますね。

また公共交通機関などを利用した場合でも、週末の大混雑は避けられません。サムエル・コッキング苑やシーキャンドルに入るまでに、1時間以上かかることもあります。

なるべくゆっくり見たいなら年末年始と週末はできるだけ避けて、平日に行かれることをオススメします。

江ノ島電鉄

公共交通機関でのアクセス

江の島へは、小田急江ノ島線および江ノ電を利用すると便利です。

小田急江ノ島線の場合
新宿駅から特急の直通便で片瀬江ノ島駅まで(約1時間10分)。JRから来られる場合は、藤沢駅で小田急江ノ島線に乗り換えて、片瀬江ノ島駅を目指しましょう。

江ノ電の場合
JR藤沢駅か鎌倉駅で江ノ電に乗り換え、江ノ島駅で下車します。

■江ノ島駅、片瀬江ノ島駅付近

■江の島サムエル・コッキング苑

片瀬江ノ島駅や江ノ島駅から会場までは、徒歩で20分から25分ほど掛かります。タクシーを利用しても良いのですが、混雑を避けるためにも散策しながら向かいましょう。

混雑してても見に行きたい!

江の島はデートコースの定番という事もあり、イルミネーションシーズンはかなり混雑します。

しかし混雑してでも見に行きたい、魅力的なイルミネーションが江の島にはあります。合わせて、湘南の宝石のチューリップのイベントも見に行きたいもの。

恋人同士の思い出づくりにも最適ですし、夫婦のデートコースにもぴったり。混雑が気にならないぐらいに甘い一時を、江の島のイルミネーションで過ごして下さいね。