湘南の宝石・江ノ島イルミネーション2017-2018!開催期間や混雑状況は?

enoshimaillumi1

江ノ島と言えばサーフィンの聖地。夏のイメージが強いという方は多いのではないでしょうか?

でも実は江ノ島はも素敵。夏だけと思っているともったいないですよ。

冬の江ノ島では素敵なイルミネーションが見られ、夏に負けない位の熱気で溢れます。

そんな何度でも行きたくなる江ノ島イルミネーション、
・湘南の宝石について
・2017年-2018年の開催期間
・江ノ島イルミネーションの見どころ
・混雑状況とアクセス情報

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションの期間は

湖南の宝石

ノ島イルミネーションは、冬に江の島サムエル・コッキング苑で行われるイベント。11月末頃から2月頃まで開催されます。

主なイベントとしては、

  • 江の島シーキャンドルライトアップ「光の大空間」
  • 煌めく光のトンネル「湘南シャンデリア」
  • enoshima-光-michi
  • 2万株のウィンターチューリップ(開花&ライトアップ)

など。

これらを総して江ノ島イルミネーションは、「湘南の宝石」と呼ばれています。

enoshimaillumi1

江ノ島イルミネーションのスケジュール

2017年末からの江ノ島イルミネーション(湘南の宝石)の正式なスケジュールは現在発表されていませんが、例年の開催日程から次のように予想されます。

■江の島シーキャンドルライトアップ「光の大空間」

開催日:2017年11月25日(土)~ 2018年2月18日(日)※予想

開催場所:
江の島シーキャンドル(江の島サムエル・コッキング苑内)

■煌めく光のトンネル「湘南シャンデリア」

開催日:2017年11月25日(土)~ 2018年2月18日(日)※予想

開催場所:
江の島サムエル・コッキング苑

■enoshima-光-michi

開催日:2017年11月25日(土)~ 2018年2月18日(日)※予想

開催場所:

  • 江の島弁財天仲見世通り
  • 中津宮広場
  • 亀ヶ岡広場
  • 江の島サムエル・コッキング苑
  • 江の島シーキャンドル
  • 御岩屋道通り
  • 恋人の丘(龍恋の鐘)

■2万株のウィンターチューリップ(開花&ライトアップ)

開催日:2017年12月中旬~ 2018年1月下旬(開花状況による)※予想

開催場所:
江の島サムエル・コッキング苑入口広場

入園料

  • 江の島サムエルコッキング苑入苑料 中学生以上200円・小学生100円
  • 江の島シーキャンドル昇塔料 中学生以上300円・小学生150円

となります。

江の島シーキャンドルに昇る場合、大人は合計で500円になりますね。

また、点灯時間

  • 通常時…日没~20時
  • 時間延長日…日没~21時

となります。

※時間延長日は、土日祝・クリスマス前後・年末ころにあたります。

スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションの見どころは

光のトンネルから光の灯台へ

江の島ライトアップで絶対見たいのが、何と言っても

  • 光のトンネル「湘南シャンデリア」
  • シーキャンドルライトアップ「光の大空間」

サムエル・コッキング苑近くの光のトンネルは、6万個もの光のクリスタルビーズと流木で出来ています。

全長10mの美しい光のトンネルを抜けると、そこは光の大空間。直径が最大で70mをも超えるイルミネーションで飾られたシーキャンドルが、見る人の目を釘付けにします。

□江の島のイルミネーション湘南の宝石

*光のトンネルのまぶしさは圧巻ですね!

全長1キロのロングイルミネーション!

江ノ島弁財天仲見世通りから始まる「enoshima-光-michi」ですが、その距離は全長1キロメートルにも。

湘南江の島の各夜景スポットを楽しみつつ、歩きながら様々なイルミネーション会場を回遊できることができます。

ロマンティックな雰囲気抜群なので、恋人、カップルでゆっくりと歩いて見ていくのがおすすめですよ。

□夜景サミットin藤沢 特別企画「enoshima-光-michi」

※このように夜景やイルミネーションをロマンティックに体験できますよ。

冬のチューリップ

光のトンネルが近いサムエル・コッキング苑は、ウィンターチューリップの会場でもあります。

冬に咲く品種のチューリップが2万株も咲き誇る光景が見られるのはここ江の島のみ。

イルミネーションとの競演に負けないぐらい、可愛く美しいチューリップがとても素敵です。

□冬の湘南・江の島の2万本チューリップとイルミネーション

※1分56秒からのチューリップのライトアップもきれいですね!

混雑状況とアクセス

どれぐらい混雑するの?

江ノ島イルミネーションは例年大混雑し、車で行くと確実に渋滞に巻き込まれます。特にクリスマスシーズンは、途中で大渋滞となって諦めたという話もよく聞きますね。

また公共交通機関などを利用した場合でも、週末の大混雑は避けられません。サムエル・コッキング苑やシーキャンドルに入るまでに、1時間以上かかることも。

なるべくゆっくり見たいなら年末年始と週末はできるだけ避けて、平日に行かれることをオススメします。

enoshimaillumi3

公共交通機関でのアクセス

江の島へは、小田急江ノ島線および江ノ電を利用すると便利です。

小田急江ノ島線の場合
新宿駅から特急の直通便で片瀬江ノ島駅まで(約63分)。JRから来られる場合は、藤沢駅で小田急江ノ島線に乗り換えて、片瀬江ノ島駅を目指しましょう。

江ノ電の場合
JR藤沢駅か鎌倉駅で江ノ電に乗り換え、江ノ島駅で下車します。

■江ノ島駅、片瀬江ノ島駅付近

■江の島サムエル・コッキング苑

それぞれの駅から会場までは、徒歩で20分から25分ほど掛かります。タクシーを利用しても良いのですが、混雑を避けるためにも散策しながら向かいましょう。

混雑してても見に行きたい!

江の島はデートコースの定番という事もあり、イルミネーションシーズンはかなり混雑します。

しかし混雑してでも見に行きたい、魅力的なイルミネーションが江の島にはあります。合わせて、湖南の宝石のチューリップのイベントも見に行きたいもの。

恋人同士の思い出づくりにも最適ですし、夫婦のデートコースにもぴったり。混雑が気にならないぐらいに甘い一時を、江の島のイルミネーションで過ごして下さいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

なばなの里、冬のイルミネーション2017-2018!期間や点灯時間は?

空気が澄んで夜空が綺麗になる冬は、イルミネーションが映える季節でもあります。近年はLED照明の発達で

記事を読む

LEDライトを使ったクリスマスイルミネーションを自作する方法

クリスマスには、お家でちょっとしたイルミネーションを飾るのって素敵ですよね。 以前にク

記事を読む

立川の昭和記念公園イルミネーション2017!期間や見どころは?

冬になると各地でイルミネーションが楽しめますが、それだけだと飽きてしまうという人も。またイル

記事を読む

静岡の時之栖イルミネーション2017-2018!気になる期間や見どころは?

冬になると登場するイルミネーションは、街角でも見られてとても素敵ですよね。 しかしせっ

記事を読む

東京ミッドタウン・クリスマス2016!イルミネーションの点灯時間や見どころ!

冬は寒くて出歩きたくないと思う人も多いですが、実は空気が澄んで夜空がとても美しくなる季節。

記事を読む

雪と一緒に!さっぽろホワイトイルミネーション2017-2018!点灯時間や場所は?

イルミネーションの季節と言えば冬。静かに降る雪と共にイルミネーションが見たいですね。

記事を読む

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを見かけますよね。 冬は空

記事を読む

足利フラワーパークの美しいイルミネーション2017-2018!期間はいつ?

関東三大イルミネーションというものをご存知でしょうか? 冬の時期のイルミネーションので

記事を読む

長崎ハウステンボスのイルミネーション2017-2018!期間や見どころは?

最近では冬が近づくと、様々な場所でイルミネーションを楽しめるようになりました。その中でも特別

記事を読む

個性あふれる小倉イルミネーション2017-2018。点灯時間や見どころは?

イルミネーションと言えば、光輝く光景を目でゆったりと楽しむものがメインとなります。確かにそれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑