東京ドイツ村イルミネーション

のお楽しみと言えば、街を彩るイルミネーションではないでしょうか。街を彩るイルミネーションを見ると、心が和みますね。

そんな街中のイルミネーションを見るのも素敵ですが、アミューズメントパークなどで行われる大規模で本格的なイルミネーションを見ると、更に心がワクワクするのではないでしょうか。

そうした大規模なウインターイルミネーションが見られる場所としておすすめなのが、東京ドイツ村のイルミネーションです。

気になる東京ドイツ村の冬のイルミネーションについて、2018年-2019年の開催期間や点灯時間、見どころ、アクセス情報などをまとめてみました。

スポンサーリンク

東京ドイツ村ウィンターイルミネーションの期間は

2018年の開催期間や点灯期間は?

虹のイルミネーション

京ドイツ村は、千葉県袖ヶ浦市(そでがうらし)にある、多目的型アミューズメントパーク。水遊びやパターゴルフ・ふれあい動物園・遊園施設がそろった、親子で楽しめる場所です。

その東京ドイツ村の冬の名物が、ウィンターイルミネーション(Winter Illumination)

2018年「ドイツ村の奇跡 The Power of Smile」をテーマに、イルミネーションが展開されます。

開催期間や点灯時間は次の通りです。

  • 開催期間:2018年11月1日(木)~2019年4月7日(日)
  • 点灯時間:日没後~20:00(入園は9:30~19:30)
  • 開催場所:東京ドイツ村園内(千葉県袖ヶ浦市永吉419)

開催日程については予定なので、年によっては延長されることも良くあります。今年もさらに延長されるかも知れませんね。

そして、気になる点灯時間は、例年日没(16:00頃~)から閉園時間の20時まで12月頃まではだいたい16時頃からの点灯、1月以降は日没にあわせて点灯となります。

開催期間の後半になるにつれて点灯時間が遅くなり、楽しめる時間が短くなるので注意してくださいね。

ウィンターイルミネーション期間中の料金は?

東京ドイツ村の入場料金は、イルミネーションが始まる2018年11月1日より変更されます。

★イルミネーション開催期間(2018/11/1~2019/4/8)の入園料

車or徒歩 区分 入園料(イルミネーション開催期間)
お車 大人 0円
小人(4才~小学生) 0円
駐車料金 乗用車 2,500円
大型バス 13,000円
中・小型バス 10,000円
交通機関等
徒歩入園
4才以上全て 500円(1人)

※入場料の料金は開園(9時30分)から閉園(20時)まで共通です(最終の入園は19時30分まで)
※駐車場は3000台停められます。

イルミネーション開催期間は車で来園した場合、駐車料金のみの料金になります。

車内に何人乗車していても1台2,500円なんですね。友達同士や家族で見に行く場合や、イルミネーションだけ楽しみたいカップルにはオススメです。

ちなみに、イルミネーション開催期間が終了する2019年4月9日以降の入園料は次のようになります。

★イルミネーション期間以外(通常期間)の入園料
 - 2019/4/9~2019/10/31

  • 大人     :800円(車でも徒歩でも同じ)
  • 4歳~小学生 :400円(車でも徒歩でも同じ)
  • 乗用車駐車場金:1000円
  • バス駐車料金 :3000円

スポンサーリンク

東京ドイツ村ウィンターイルミネーションの見どころ

3Dイルミネーション!

東京ドイツ村の特徴は、園内の広さを生かした様々なイルミネーション。

特に芝生広場のイルミネーションは、3Dのような立体感のあるもの。

しかもこのイルミネーションは、観覧車から見ると驚きの光景が広がります。上から見下ろすことで、立体感がよりくっきりと体感出来ちゃうんです!高いところが苦手でなれば、観覧車に乗ってイルミネーションを見ることをおススメします。

□東京ドイツ村 3Dイルミネーション 観覧車から

※観覧車の高い位置から見た立体イルミネーションです。

元祖!イルミネーションのトンネル

その他にも広大な園内では、各所でイルミネーションが楽しめます。

定番の「イルミネーションのトンネル」は、実は東京ドイツ村が元祖だって知ってましたか?

レインボーに輝くイルミネーションは、おとぎの国に迷い込んだ気分になれますよ。全長70mもあるので、カップルが仲良く歩くにもピッタリですね。

□東京ドイツ村イルミネーション 虹のトンネル

*外側から見た虹のトンネルです。とてもキレイなので中を歩きたくなりますね。

家族連れに!光と音のイルミネーション

また、家族連れにおすすめなのが、マルクトプラッツ広場の光と音のイルミネーション

時間ごとに音楽がひびきわたり、レーザーとイルミネーションが輝きはじめます。更にはキャラクターが歌い、シャボン玉が飛びかうファンタジックな世界が。どこからか甘い香りも漂ってきて、子供から大人まで夢の世界に誘い込まれますよ。

□「光と音のショー」東京ドイツ村 ウインターイルミネーション

*本当に夢の世界みたいですね。

電動カートによるイルミネーション見学!

東京ドイツ村では、「電飾付きの電動カート」に乗って、広い園内をまわりながらイルミネーションを楽しむことができます

前年に初登場して評判が高かった「電動カートでのイルミネーション回遊」ですが、台数が少ないため、なるべく早い時間にレンタルするようにしましょう。歩いて見てまわるのとはまた違った景色が見られますよ。

寒くても大丈夫!

東京ドイツ村が人気を集める理由の一つに、「寒くても大丈夫」なことが挙げられます。

イルミネーションは冬の屋外で見ることになるため、どうしても体が冷えてしまいます。しかし東京ドイツ村は、車のままで入園が可能。見たいスポット近くまで車で行けるので、寒い冬でも温かいまま楽しめます

場所によっては車からイルミネーションが楽しめるので、小さいお子様がいる家族でも安心ですね。

東京ドイツ村へのアクセス

車でのアクセス

イルミネーションだけが見たい場合は、入園料のことも考えてでの来場がオススメです

東京方面からですと、東京湾アクアライン、また京葉道路を経由して舘山自動車道の利用が便利。いずれも「姉ヶ崎袖ヶ浦IC」から右折して一般道に降り、約5分で到着します。

圏央道を利用する場合は「木更津東IC」から降りて左折し、約8分ほどで到着します。

公共交通機関でのアクセス

公共交通機関を利用する場合、

  • 高速バス・カピーナ号、あるいは
  • アクアライン高速バス

の利用が便利です。

カピーナ号は、JR千葉駅東口の21番バスのりばから発車していますが、東京ドイツ村前(7つ目のバス停)に停車するため、まず迷うことがありません。ただし便数は限られているので、HPで時刻表をチェックしておいて下さいね。

HP:高速バス カピーナ号運行時刻表

一方のアクアライン高速バスは、横浜・川崎・新宿から利用が可能です。

しかし最寄りの下車駅が袖ヶ浦バスターミナルで、ここからドイツ村までは車で15分の距離があります。更にタクシーを利用することになりますので、事前に配車を手配しておくとスムーズですね。

関連記事:

昼も夜も楽しめる

東京ドイツ村は、広い園内に楽しい施設がたくさんあります。

イルミネーションだけ楽しむなら夕方からがお得ですが、余裕があるなら昼間から楽しみませんか?

車で行けば園内の移動も楽ですし、混雑につかれた時の家族・恋人だけの休憩場所に大変身!昼も夜も楽しさいっぱいの、東京ドイツ村のイルミネーションを楽しんで下さいね。