養老渓谷の紅葉

の紅葉はしっとりと楽しむのも良いですが、もっとプラスして素敵な風景を見てみたい。

そんな方におすすめしたいのが、千葉県にある「養老渓谷」(ようろうけいこく)です。

秋の養老渓谷は、数多くの紅葉がグラデーションのように色づき、じっくりと紅葉を見ることが出来ます。しかも夜にはライトアップもあり、昼と夜と2度楽しめます。

そんな養老渓谷の紅葉について、

  • 2018年の紅葉の見頃
  • 養老渓谷の紅葉の見どころ・楽しみ方
  • 養老渓谷もみじまつりの日程やイベント
  • アクセス・駐車場情報

の内容でまとめました。

スポンサーリンク

養老渓谷の見頃は?

見頃は11月下旬!

養老渓谷紅葉

老渓谷には、

  • モミジ
  • カエデ
  • ウルシ
  • ナラ

など、紅葉する樹木がとても沢山あります。

これらの樹木は時期を前後して紅葉するため、比較的長い期間紅葉を楽しむことができます

山間にあるため、色づきはじめるのは11月中旬ごろから。11月下旬頃に見頃を迎え、12月上旬ごろまで紅葉を楽しめます。

2018年は、夏の記録的な猛暑や、厳しい残暑の影響もあり、紅葉はやや遅くなる可能性はあります。しかし長期予報にて気温は例年並みかやや高いとでているので、概ね例年どおりの時期に紅葉が楽しめると予想されますね。

養老渓谷の見どころ・楽しみ方

ハイキングと紅葉!

養老渓谷は、千葉県市原市から夷隅郡大多喜町にまたがる自然を楽しめる名所です。

特にハイキングに最適で、数あるコースの中でも、初心者向けになる「栗又の滝への約4キロのコース」がオススメ。

秋のハイキングの目的は当然、紅葉を楽しみながら歩くこと。養老渓谷の紅葉は、樹木の種類が多いため、色の違いもたっぷり楽しめます。

  • モミジ・カエデの赤色の違いを楽しむもよし・・
  • 黄色く色づく紅葉とのコントラストを楽しむもよし・・

元々どの季節でも景観のよい養老渓谷です。紅葉がプラスされると心地よい疲れも飛んで行くほどの美しさですよ。

*ハイキングでこんな光景が見られるなんて、素敵じゃないですか?

紅葉ライトアップ!

昼間も素敵な紅葉ですが、夜になると紅葉がライトアップされ美しさが際立ちます。

ライトアップについては、紅葉の時期に合わせる関係で直前に開始日程や時間が発表されます。例年11月下旬ごろから12月はじめ頃まで行われますよ。

※以下、開催場所・時間帯に関しては予定です。

  • ライトアップの期間2018年11月23日(金・祝)~12月7日(金)
  • ライトアップの場所:
    • 粟又の滝展望台
    • 中瀬遊歩道(旅館 川の家前)
    • 懸崖境(老川十字路)
    • 観音橋
  • ライトアップ時間:17:00頃~21:30

□養老渓谷 紅葉ライトアップ

*昼間と夜ではこんなにも違いがあって驚きですね。

養老渓谷もみじまつり!

例年11月23日の勤労感謝の日に、『養老渓谷もみじまつり』が開催されます。

開催時間は、10時から15時まで。広い養老渓谷の数カ所で、それぞれ特色あるイベントが行われますよ。

2018年のイベントについては次の内容の予定です。

開催場所 イベント内容
養老渓谷観光センター(やまびこ)
  • 餅つきの実演と販売
  • 田舎寿司・うどん・筍肉まんの販売
  • 地元農産物の直売
旧会所分校(そば処 もみの木庵)
  • 手打ちそばや焼き芋の販売
  • 和太鼓の演奏
  • チェーンソーカービングアート
上総中野駅前(けよけよ市)
  • お団子・おでん・焼きそば・はちみつの販売
  • 地元農産物の直売
二十八市(大多喜城下)
  • たけのころっけ・お団子の販売
  • 野菜の販売
  • 二十八市寄席

各会場では様々な農作物の販売が行われますので、食欲の秋もぜひ満喫しませんか?

もちろん、この養老渓谷もみじまつりの日にも夜間にはライトアップが行われますよ。

スポンサーリンク

養老渓谷のアクセス・駐車場情報

公共交通機関を利用する場合

東京方面からは京葉線-内房線を経由して五井駅で下車し、小湊鉄道に乗り換えます。

小湊鉄道の養老渓谷駅を下車すると、目的地の養老渓谷の入り口です。

ここから、

  • 「栗又の滝」へは、粟又の滝行きバスで約20分ほど(ハイキングコースでは約2時間半)
  • 「中瀬遊歩道」へは、徒歩で20分ほど
  • 「老川十字路」へは、徒歩で1時間ほど

かかります。

また、小湊鉄道・いすみ鉄道の上総中野駅からも「栗又の滝」行きバスが出ていて、20分ほどで粟又の滝に到着します。

車を利用する場合

東京方面からの場合は…
舘山自動車道を利用し市原ICで一般道に降ります。そして国道297号線で牛久を目指し、そこからは県道81号線で養老渓谷へ向かいます。

神奈川方面からは…
東京湾アクアラインで木更津東ICを目指します。そして国道410号線で久留里を目指し、そこからは県道32号線で養老渓谷へと向かいます。

養老渓谷周辺の県道は、例年この時期に大渋滞となります。

特に養老渓谷駅周辺・老川十字路~栗又の滝間はひどく、日中は常に大渋滞。ですので午前9時までに現地に到着するようにしたいですね。早めに移動するようにすれば、比較的混雑を避けられますよ。

養老渓谷のきれいな紅葉

駐車場は?

養老渓谷には、駐車場がいくつか用意されています。とはいえ日中はその駐車場までたどり着くのに一苦労しますので、早めに行くようにしましょう。

主な駐車場は次の通り。料金はいずれも、1日400円~500円前後とリーズナブルとなっています。

◎栗又の滝駐車場
滝に近いため、一番便利な駐車場です。駐車台数も多くないため早めに行かれることをおすすめします。

  • 場所:千葉県夷隅郡大多喜町粟又157
  • 台数:普通車37台/大型車3台
  • 駐車料金:普通車500円(バスは大きさにより1000~2000円)

◎養老渓谷温泉街
小さな駐車場が何ヶ所かあり、中瀬遊歩道からのアクセスに便利です。

温泉街には足湯もありますし、日帰り入浴も可能なので疲れを癒して行きませんか。

養老渓谷は広いこともあり、移動するにはある程度時間もかかります。特に紅葉シーズンは道路が大渋滞になりますので、余裕を持って早めに行動したいですね。

あらかじめ、どこへ行きたいのかを観光協会のサイトで確認しておくといいですよ。

>> 養老渓谷観光協会
電話(代表)…0436-96-0055

【関連記事】

混雑するだけの価値がある!

東では、一番遅くまで紅葉が楽しめるとも言われている養老渓谷

山里にあることから道路がやや狭く、多くの人が訪れることもあって例年大渋滞を引き起こします。

しかし「栗又の滝」など、渋滞に巻き込まれても見ておきたい美しい光景が養老渓谷にはあります。交通手段を上手く活用して、ぜひ養老渓谷の紅葉をタップリ楽しんでくださいね。