秋も深まり朝晩が冷えてくると、そろそろかな?と思う季節になります。

そんな頃、カレンダーを見て気づく言葉が、
「立冬」

「昔はここから冬としたのかな?」と考えてしまいますね。

もし立冬が冬に関係する言葉であるのなら、いったいどういった意味や由来があるのでしょうか。もしかすると冬至のように、この日に食べると元気で過ごせる食べ物などもあるのでしょうか。

そんなちょっと気になる立冬について、

・立冬の由来や意味
・2017年の立冬はいつ?
・立冬に良く食べられるものは?

などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

立冬とは

冬のはじまり

rittou1

とは、一年を24に分けた「二十四節気」の19番目に当たる季節のこと。

その意味は「冬の気配を感じる日」。暦の上ではこの日よりとなります。

立冬と立春・立夏・立秋を合わせて「四立(しりゅう)」といい、季節の区切り目として重要視されています。

しかし、立冬の時期は、現実ではまだまだ紅葉が美しい季節。冬と言うよりは秋といった印象が強いかも知れませんね。その一方で木枯らしが吹いたり、北海道で初雪の便りが届くなど、確実に冬が近づく時期でもあります。

暦の上の季節と実際の季節の違い

ところで何故、暦の上の季節と、実際の季節にずれがあるのでしょうか。

実は二十四節気は、中国が発祥の地。中国の季節が元となっているので、日本の季節とはずれが生まれてしまいます。

しかも二十四節気自体が、元々使われていた暦と実際の季節とのずれを修正するためのもの。日本に二十四節気が取り入れられた当時は、日本でも中国と同様の「月の周期を基にした暦」を使っていました。

なので、現在の「太陽の周期を元にした暦」ですと、どうしてもずれてしまうんですね。暦の上で立冬となっても、まだまだ暖かいのにはこのような事情があるんです。

スポンサーリンク

2017年の立冬はいつ?

2017年は11月7日から

立冬には二種類あり、

  • 日付としての立冬
  • 期間としての立冬

があります。

2017年の立冬は、
日付としての立冬・・・11月7日
期間としての立冬・・・11月7日~11月21日まで
です。

「期間としての立冬」の期間とは、次の二十四節気である「小雪」までの15日間ということになります。

rittou2

立冬の日の算出方法は?

立冬となる日は、その年によって変わってきます。

2031までの間は、11月7日か8日のどちらかが立冬になります。

「今年は11月7日か8日かどちら?」というのは、実は簡単に算出できる方法があるんですね。

それは、
今年の西暦を4で割ってみること
です。

4で割ってみて、

  • 余りが3なら  …11月8日
  • 余りが3以外なら…11月7日

になります。

例えば、2017年の場合は、4で割ると余りが1。余りは3では無いので、11月7日が立冬となりますね。

この方法の計算は2031年までは有効ですが、それ以降はしばらく7日で固定となります。

立冬に食べられるものは?

旬を食べよう

立冬に食べられるものというと、なんとなくカボチャと思ってしまいがち。そう思われるのは、「冬至にカボチャを食べる」習慣があるからです。でも立冬はちょっと違うんですね。

実は立冬には冬至のかぼちゃのように、食べるとよいと言われるものがありません。しかし立冬の元となっている二十四節気の故郷、中国には次の言葉があります。

「立冬補冬、補嘴空」

この言葉を簡単に言うと、「冬になったら冬の食べ物で元気を補おう」というもの。

日本にも、「旬の食べ物を食べると体に良い」という考え方があります。旬の食べ物はそれだけ栄養を蓄えていて美味しいですし、なによりお財布にやさしいですよね。

まとめて食べるなら餃子と鍋

rittou3

立冬の季節に旬を迎える食べ物と言えば、次のものがあげられます。

○野菜
カボチャ・ほうれんそう・チンゲンサイ・ねぎ・ニラ・白菜・大根・生姜

○魚
毛蟹・鯖・鮭・いくら・牡蠣

○果物類
りんご・柿・ピーナッツ・ぎんなん

旬のものを見ると、お鍋に入れると美味しそうなものが勢揃い!

ニラ・白菜・ねぎはお鍋の定番ですし、大根と生姜は薬味に入れても美味しいです。毛蟹も鮭も牡蠣もお鍋に使われう素材ですし、沢山食べられて体も温まりますね。

□おうちで晩ご飯 「常夜鍋」

*お鍋に白菜はつきものですが、ほうれん草がおいしいお鍋もありますよ。

野菜ばかりではさびしいのでお肉も欲しいですが、ここは餃子を加えませんか?

実は中国北部では立冬に餃子、中国南部では鶏肉を食べる習慣があるそうです。中国で餃子といえば水餃子のことを指しますので、お鍋にもぴったりですね。

食後にはおせんべい

食後のデザートに、りんご落花生もおすすめです。カボチャとりんごを甘く煮たものも美味しいですし、アップルパイもいいですね。

これ以外にオススメのお菓子には、おせんべいがあります。

実は立冬の日は、「あられ・おせんべいの日」でもあります

美味しい新米から作られる米菓を、立冬の季節に味わって欲しいからというのがその理由。間接的に立冬に関わる記念日ですので、美味しいおせんべいもぜひいただきましょう!

冬に備えよう

関連記事:海外はお祭り!冬至の日にちはいつ?食べ物や楽しい風習も紹介!

冬が来ると、寒さでどうしても体を丸く小さくして過ごしがち。じっとしてると体がなまりますし、楽しい冬の過ごし方とはあまり言えませんね。

これからの季節に備えて、まずは体の内側から暖かく元気になりませんか?

立冬だからすぐ寒くなる訳ではないですので、早いうちから冬に備えて元気に過ごしましょう!