kamiseidenki1

をセットして「よし決まった!」と思って、玄関で鏡を見てみると髪の毛が爆発していた…。

特に冬場にこんな経験したことはありませんか?髪が逆だってしまう主な原因は、髪に溜まってしまった静電気

せっかくのセットも乱れるし、忙しい朝にやり直しともなるとガッカリですよね。そんな女性の大敵「髪にたまる静電気」の原因と、静電気を髪にためないための対策をご紹介します!

スポンサーリンク

髪が静電気にたまる原因

乾燥した状態で髪がこすれて…

うして髪に静電気がたまってしまい、髪の毛がふくらんでしまうのでしょう?

それは髪同士、あるいは髪とブラシがこすれてしまい、静電気が発生してしまうから。乱れたり絡まった髪をほぐそうとして頑張ってしまうと、静電気はどんどん生まれてしまうのです。

kamiseidenki3

しかし静電気が発生しやすい時と、あまり発生しない時と違いがあると思いませんか?それは季節と、ヘアケアを行なっている部屋に理由があります。

静電気は乾燥した状態だと、とても発生しやすくなる性質があります。逆に濡れた状態や、湿気がある状態だとほとんど発生しないんです。

そういえば梅雨の季節は湿気で髪が膨らむことがあっても、静電気で髪が爆発することはないですよね。これは髪の毛がこすれてても、湿気があるので静電気が発生しにくい状態だからなんですね。

ダメージヘアが…

空気中の湿気の他にも、髪の毛の状態でも静電気が発生しやすくなります。

普段「乾いた状態」だと思っている髪も、実は12%前後の水分を含んでいます。ところが乾燥しやすい冬になると、お肌と同じく髪の毛も乾燥しがち。こんな時に髪がこすれると、静電気が発生しやすくなるんです。

更に髪の毛が傷んでいると、髪の水分が抜けてパサパサになりがち。こうなると静電気は発生しやすくなりますし、静電気が原因で更に髪が傷みやすくなる悪循環が。最悪の場合、毛根にまで影響が出てしまい、薄毛や抜け毛の原因にもなってしまうんです!

スポンサーリンク

髪に静電気をためない対策は

それでは、その嫌な髪の毛の静電気の原因を知った上で、具体的にどう防止していけば良いのか、対策方法をご紹介します!

お部屋を加湿しよう

髪に静電気を発生させない対策として、まずは部屋の湿度に気を配りましょう。

暖房を使う冬場は、どうしてもお部屋が乾燥しがち。元々冬の乾燥した空気は、お肌にもあまり良くありません。風邪のウイルスも乾燥した空気を好むので、風邪やにかかりやすくなってしまいます。

ただし湿度が高すぎるのも、ダニやカビが発生する原因になるので注意して下さい。最適な湿度は40%~60%加湿器などを上手に利用して、室内の湿度を調整しましょう。

ブラシを変えよう

髪の静電気が一番発生するのが、ブラシで髪をとかしているとき。なので静電気が発生しにくいブラシを、選んで使うようにしましょう。

静電気が発生しにくいブラシは、柄の部分が木製で毛が獣毛の天然素材のもの木製の櫛も有効です。

プラスチックのものと比べると値段は高めですが、丁寧に扱えば一生使えるすぐれものです。丁寧に髪をとかすと獣毛に含まれる油分が、髪にツヤを与えてさらさらにしてくれるんですよ。

潤いケアをしよう

髪の毛から水分が逃げてしまうダメージヘアを防ぐためには、トリートメントも重要です。

静電気には、洗い流さないタイプのトリートメントが効果的。お風呂上りに優しくタオルドライをして、そこに洗い流さないトリートメントを髪につけましょう。

特にトリートメントとしてオススメしたいのが、椿油です。

最近ではシャンプーなどに配合されていて、椿油の良さが見直されていますね。お肌や髪の毛になじみやすく、しかも天然素材なので敏感肌の方でも安心して使えます

使い方は洗い流さないトリートメントと同じく、お風呂上りの濡れた髪になじませるだけ。その後にドライヤーを使うと、髪の乾燥を防いでつやつやの髪に仕上がります。

また椿油を使う際に気をつけて欲しいのが、使う量のこと。ショートヘアで1適・ロングで2適が最適で、これ以上使うとベタベタして脂っぽくなってしまいます。ちょっと足りないぐらいが適量ですので、極々少量を使うようにしましょう。

椿油は木製の櫛(つげの櫛)のお手入れにも使えますので、一緒に揃えて使いたいですね。

とっさのハンドクリーム

しっかりケアしてても、外出中に静電気が発生してしまう事もあります。

そんな時のとっさのケアに、ハンドクリームが大活躍します。

ハンドクリームには髪を保護する性質はありませんが、手肌に効果のある保湿成分を含んでいます。
この保湿成分が、とっさの静電気を逃してくれる効果となるんです。

使い方は、手肌にハンドクリームをつけてなじませから、髪の毛を軽くなでるだけ

つけすぎると髪がべたつく原因になるので、手肌経由で少量をなじませるようにしましょう。ハンドクリームなら常備してるでしょうし、手肌ケアのついでに対処できるので便利ですよ。

いたわりケアで静電気知らず!

kamiseidenki2

に静電気が発生しているときは、髪の毛自体が傷んでいるサインと考えてみるといいですね。

髪に潤いをあたえてダメージを与えないブラシを使い、優しく髪の毛をケアしてあげましょう。室内を加湿することも、髪や体の健康にもとても良いことです。

髪も体も健康になれば自然と静電気も退散できるので、いたわりケアを心がけるようにしましょうね!