fatherkanreki1

60歳のお祝いである還暦。昔は還暦で隠居をはじめるなど、シルバーライフの始まりとしていました。

しかし現在の60歳はまだまだ元気ですし、老けこんでなんていられません。お父さん自身も若さいっぱいですが、それでも還暦のお祝いとなると嬉しいものです。

そんなお父さんの還暦祝いには、どんなプレゼントが最適なのでしょうか。

気になる予算の相場や喜ばれるプレゼントのポイントなど、父親への還暦祝いのあれこれをまとめました。

スポンサーリンク

お父さんへの還暦祝いのプレゼントのポイント

fatherkanreki2

赤にこだわるか?

昔から還暦には、「赤いちゃんちゃんこ」を贈ってお祝いする習わしがありました。

これは60歳で干支の大きな周期が一周し、赤ちゃんに帰るという意味合いがあるから。また、赤い色には悪いものをはねつける効果があると言われ、厄除け長寿を願う意味もあります。

赤いものを送るのは、元気で長生きして欲しいという子供たちの願いが込められています。しかし「ちゃんちゃんこ」となると、現在ではほとんど使われませんし、お年寄りのイメージが。もらう側としても、年寄り扱いされることを不快に思うことも充分考えられます。

赤いちゃんちゃんこはもちろん、赤を全面に出した衣服を送るのは少し考えた方が良いでしょう。どうしても赤いものを送りたい場合は、ワンポイントにするなど工夫が必要です。

予算は?

還暦は人生の節目のお祝いです。出来れば盛大に祝いたいですね。

そうなると気になるのが予算ですが、様々なアンケートを見る範囲、予算の相場は、
1万~5万
の間が多いようです。

その中間を取るとすれば、
3万円
が還暦祝いに使いたい予算となりますね。

もしも懐具合が厳しいのであれば、兄弟姉妹でお金を出しあって贈り物をするのはいかがですか?

子供全員からの贈り物となれば、お父さんもきっと喜んでくれるに違いありません。しかも一人あたりの負担が軽くなる上に、合算した分でワンランク上の予算も組めますよ。

趣味の物は…

fatherkanreki4

還暦のお祝いに限らず、贈って喜ばれるものの定番に「趣味の物」があります。現在お父さんが楽しまれている趣味に関係するものもそうですし、新しく始めて欲しい趣味のアイテムを贈る事もありますね。

ただし趣味のアイテムを送る時には、いくつか気をつけたいポイントがあります。

例えば収集系の趣味のアイテムの場合、
・既に持っている
・こだわりが強くて、好みに合わない

…など、素人目からすると良かれと思っても、中々難しいものです。

もしも趣味に関連するものを贈るなら、お父さんに選んでもらい費用はこちらで負担するとより安心ですね

スポンサーリンク

父親の還暦祝い、オススメのプレゼント

それでは、お父さんに贈って喜ばれる還暦祝いのプレゼントには何が良いのか?オススメアイテムを3つご紹介します!

財布

財布はどんな人でも使うものですし、自分では買い替えのきっかけがつかめないもの。

また品の良いお財布を持つ人は、オシャレ上手だと周囲にも認識されます。更に風水的な見方では、古いお財布は金運がどんどん下がってしまうとも言われています。

もしもお父さんのお財布がくたびれていたら、ぜひ新しいお財布をプレゼントしましょう!

お財布を選ぶポイントは、現在使っているお財布と同じ形で品質の良い物を選ぶこと。お財布が変わると、使いづらくなって結局使われない事も考えらえます。長く使っているということは、それだけ使いやすい財布だからかもしれません。

これは私の失敗談なのですが、お財布を贈った際に形が違ったために使ってもらえなかったんです。もったいないからと言いつつ形が違ってな…と言われた時に、すごく後悔しました。

なので、良いブランド・高品質も大切ですが、使い慣れた形かどうかもしっかりチェックしましょう。

グラス・湯のみ

毎日使う食器は、いくつあっても嬉しいものです。

お酒好きなお父さんなら、お酒と一緒にグラスを贈るのはいかがでしょうか。

お酒の飲み過ぎが気になるのなら、お茶と一緒に湯のみを贈るのも素敵です。

還暦以降の余裕ある時間を、美味しいお酒やお茶を楽しみながら過ごしてもらいたい。あるいは送ったグラスで一緒に酒を酌み交わすのも、良い思い出になりますよ。

飲み過ぎが気になるお父さんには、「お酒はほどほどに」とお手紙で気遣ってあげましょう。

旅行

60歳という年齢は、今後の暮らし方を考える良いきっかけとなる年齢です。仕事一筋だったお父さんも、少し余裕が生まれて家にいる機会も増えることでしょう。

趣味があるなら良いのですが、趣味の少ないお父さんなら、旅行の楽しさをプレぜントしませんか。

忙しくしていたお父さんなら、温泉地でゆったりとした時間をプレゼント。

じっとするのが苦手なお父さんなら、観光地をめぐるパックツアーがオススメです。

うちの父もそうですが、意外とお父さんは奥さんと行動をしたがるもの

行き先の希望をお父さんに確認し、お母さんにもプランを確認してからプレゼントしましょう!「還暦の新婚旅行」というのも、新鮮な気持ちになれて素敵な思い出となりますよ。

還暦を節目として

お父さんの誕生日はなにかしてあげたくても、照れくさくて後回しにしがちです。お父さん自身もそんな柄じゃないからと、お祝いに消極的な態度を取る場合もありますね。

しかし、還暦のお祝いなら、お父さんも素直に受け取ってくれるでしょうし、喜んでくれるのでは。還暦というと「年寄り扱いするな!」と言われそうですが、まだまだ元気なお父さんを素直にお祝いしましょう!